So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017年 バーレーンGPの決勝結果 [Bahrain GP]

2017_bhr_r_winner.jpg

2017_bhr_r_classification.jpg

今年のレースは、フェラーリ側からしたら、予選でメルセデスに肉薄してフロントローの一角を奪い取る。これが勝ちにつながる第一歩。

メルセデス側からしたら、予選でフロントローを独占して、レース本番ではスタートを決めて二台で飛び出し、レースをコントロール下に置く。これが必須。いままで自由に戦わせていたから、多少難しさはあるけれど、なんとかなるだろ?

どうも、ライコネン氏が扱うには、現状のフェラーリは向いていない模様。チームがベッテル中心になっていることがうかがえる。

それでも、もっと予選で拮抗して、まさかまさかの怒涛の追い上げで、ライコネンが勝つイメージだったのに…

フェラーリは勝ったけど、勝ったのは順当に、ベッテルでした。

野生の勘、今回は三位ボッタスのみでした。

二つは当てられたのに、おバカさんね。

てな、感じで、ばっはっはーい~♪

nice!(11)  コメント(2) 

2017年 バーレーンGPの予選結果 [Bahrain GP]



C9d1mi_XkAAT7wh.jpg

ボッタスがポールポジションを獲得。二番手にハミルトン、ということは、フロントロー独占。

セカンドドライバーに徹するのか、二台で突っ走るのか、それはちょっと読めない。

これはちょっと重要なんだけど…

オーストラリアで、ぐだぐだだったレッドブルの足回りも、何かよくなってきた感があるし、スタートで前に出られるとフェラーリは苦しい展開になるかもしれない。

フェラーリ、どうなるのかな。



アロンソのマシンにもMGU-Hのトラブルがあるとかないとか。これも外部に出たコンプレッサーとともに自由度が増し、新設計したと思われるパーツ。

ぶっちゃけ、ホンダが成功したのは、第二期のV6ターボ、NAのV10、V12だけ。

創業者を失って以降、パワーで圧倒したことは一度もない。

情熱はあるのかも知れないけれど、情熱に火をつける力が足らない気がする。

副燃焼室に、本田宗一郎氏の魂をぶち込み、炎を伝播させ、やる気で燃えたぎるよろしいなのだ!!

たるんだ奴には、スパナでゴツンと、頭使えバカヤロー!!

アイディアは無限なんだ。

本田さんの本読むといいよ。

安定志向の人の胸に響くかどうかはわかりませんが…



今日は、本格的にカルボナーラを作ろうと思っている。

だから、生クリームを買ってくるのだ。

アイスクリームでは、いけないのだろうか?

練乳も、駄目か?

流石に、わざわざ練乳買って試す気にもならない。

かき氷に、練乳。これは好きなんですけど…

まあいいか、また。

nice!(10)  コメント(6) 

バーレーンの決勝レース予想 2017年度バージョン [Bahrain GP]



予選では、まだメルセデスが速い。でも、レースになれば、フェラーリが強く思える、そこは砂漠の町、バーレーン。

とりあえず、

1st Raikkonen 2nd Vettel 3rd bottas

続くときは、続く。また。
nice!(9)  コメント(2) 

2017年 中国GPの決勝結果 [Chinese GP]

これは正しい。極秘でもないがレースのハイライトを編集したバージョンである。

これ最新の2017年もの。これも間違いだった。

間違えた、これは去年のものだった。

C89IJlyWAAEkAdF.jpg

男は日曜の早朝、ジョギングをする見知らぬオヤジが見上げる上空の桜を眺めつつ、その後ろを駅に向かった。

この日の東京の降水確率は40%だった。

大井町へと向かう電車は、地上へと顔を出す。その時、垣間見た世界は、…

40%だったよな、完全に降ってるやないか。

大井町から、歩いて向かおうと考えてるのに、行けないじゃないか。

そこで男は、コンビニで傘を買い、鮫洲に向かった。

途中、早朝の運河、冷たい空気、咲き誇る桜。見事であった。

上海のフェルスタッペンも、見事であった。

もうちょっとで、野生の勘が今年も順調だと確信できたのに。それでも、いい線行ってる気が我ながらしている。



レースには、まだ時間があって、濡れた路面で滑らないように気を使いながら、坂道を下って行ったせいで、変な筋肉を消耗した体を休ませようと考え、気づいたら、レースは終わっていた。

だから、レースは観ていない。

レースは大体予想していたような展開、望むなら今後、ボッタス、ライコネンがもっとトップ争いして欲しい。

ハミルトンとベッテルだけでは、燃えてこない。

ナンバーツーが活躍してこそ、レースは盛り上がる。

下剋上こそが活力の源。

見える、見える、鈴鹿スペシャルで、予選3列目獲得に挑む姿が…

まあ、いつの鈴鹿スペシャルかは、定かではありませんけどね。

果報は寝て待て、その前に次戦は、今週末の14日からのバーレーンGP。


nice!(10)  コメント(2) 

2017年 中国GPの予選結果 [Chinese GP]

2017_chn_q_top3.jpg

2017_chn_q_classification.jpg

レッドブルに奇跡は起こらなかった。レッドブルより、トロロッソの方が速い今日この頃のようである。

でも、フェラーリは調子がいい。

レースになれば、タイヤの面で、メルセデスより有利になるかもしれないし。ボッタスに先行されなければ面白くなりそう(←誤字脱字を修正)。先行されたら、お終いだろうけど…



ホンダの技術研究所は、TJIをなんとか制御できるようにしてほしい。

鈴鹿スペシャルで、予選三列目を狙うのだ。

げんこつで殴らないと駄目なのかしら、経営者が魅力的ならば、スパナが飛んできても、ナックルパートで、パワード・バイ・ホンダでも。桜咲いているのに、さくら研究所ったら。

桜の木は、夏になっても、桜の木である。夏になると、何の木だかわからなくなるのが、桜の木なのである。

その木、何の木、桜の木。さくら研究所がんばれ。

また意味不明になってきた。

それでは、ばいなら。

nice!(5)  コメント(4) 

上海の決勝レース予想 2017年度バージョン [Chinese GP]



去年の予選は、レッドブルのダニエル・リカルドがトップと0.515秒差の二番手、三番手は0.570秒差のフェラーリ、キミ・ライコネン。四番手は、0.844秒差のセバスチャン・ベッテルで、あったとさ。

日曜日の朝の天気は、午前中雨。昼には晴れそう。

どっちにしても、レッドブルには、あまりチャンスがない。マクラーレン・ホンダにも、もちろんない。

アロンソさんは、デプロイメントは問題ない、パワーと燃費が問題であるとおっしゃいまする。

するってーと、MGU-Hとかは、しっかり働いているが、燃焼に問題があるということだ。CVCCの発展形であると思われるTJIが熟成されていないと私は想像する。

戦後軍部が解体されて、航空機の開発に従事していた者たちが、オートバイや自動車産業に流れていった。

官僚社会がガチガチでなく、自由度が高ければ、飛散した胞子は新たな地で活躍できる。

天下り先の東京電力や東芝は、なにがあっても税金で守る。

安倍ちゃんの側近が原発推進だから、原発とともに沈みゆく東芝。

日本には純粋な形の、倒木更新が必要なんだ。

F1だって、変わるべきなんだ。

ということで、

1st Hamilton 2nd Verstappen 3rd Bottas

ちょっと、荒れそうなバージョンをイメージしたら、こうなったでござる。

第二次朝鮮戦争が始まったら、それどころではないでしょうが…

アメリカを訪問中の習近平国家主席は、トランプ大統領と語り合う。

NSCからバノンの力をとり除いたことが、何を意味するのか。

トランプは議会を制御できずに、FRBは金利を引き上げ続ける。これはきっと、ああなる前触れ。

議会が公共事業に反対しても、アメリカにとっての最大の公共事業は、国民の作り出す熱狂が形を変えたもの。

ICBMを発射したら、恐らく東京在住の私も、横田か横須賀の影響を被ることは間違いない。

あの国は、消滅するか、ずっと時代劇のロケ地として存続していくのか。

F1よりも、他に心配事のある今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか?

それでは、笑点ばいならです。

nice!(5)  コメント(0) 

飲むわけじゃないから安全だと話をすり替えるな、吸っても安全かどうかわからんだろ? ボインやでー、森喜朗は田舎者やでーの巻 [Domestic Economy]

分からない、この国の考えることは…

片方では、東京オリンピックに向けて、全面禁煙を推し進め、もう片方では、地下から有害物質が噴き出してくるのに、安全だと言って豊洲に移転を迫る。

専門家会議の座長が言うには、地下空間は広すぎて換気ができない。将来的に、ひび割れ等で、地上に噴出することは避けられないという話なのだ。

要するに、地上部分で、吸い続ける人も出てくるということ。

タバコは排除しといて、ベンゼンやシアンはいいのか?

ベンゼンやシアンが安全なら、タバコだって排除する必要はない。タバコを排除するなら、ベンゼンやシアンも排除しないと辻褄が合わない。

金が絡むと、自分に都合がいいように持っていくから、わけ分からんよ。

防毒マスクをしながら、魚の販売をする姿は、シュールすぎる。

豊洲市場の未来は、すごいことになりそう。

その時、豊洲移転すべしと言っている輩は、旨いのも食って、あの世の人。

無責任だな。

先を読めないのかな?

経済学者もアホだけど、日本のジャーナリストも、問題だな。


nice!(9)  コメント(2) 

2017年 開幕戦の決勝結果 [Australian GP]

2017_aus_winner(2).jpg

2017_aus_r_classification.jpg

予測とは違い、メルセデス勢に、ナイススタートを決められてしまった、オーストラリアグランプリ。

今回は、オーバーカットでレースを制したフェラーリでしたが、ボッタスが二番手を走り、ベッテルがその後に続く展開だと、どうなるかわからない。

その展開で、ボッタスが故意にペースを落として、バリチェロが行ったナンバーツーとしてのたしなみを見せるようなら、ハミルトンはレースに勝てるかもしれない。

ただ、現状では、メルセデスのフロントロー独占は、難しい。

話は変わるが、今年のレッドブルのコンセプトは、いままでと違い、ストレート重視。モンツァで最高速を殺し、コーナー重視で勝ったチームとは思えない。

隠しているのだと思っていたが、単純にシンプルだったのか。

レッドブルのモナコ制覇は、なさそうな…

次戦は、4月7日からの中国GP。

その昔、フェラーリに技術供与した技術力を持つ、Powered by HONDA。

ミニバン造りすぎて、レーシングスピリットが鈍ったのか。

第5戦あたりで、壊れてもいいパワーモードで行ってみよう、という気にはならんか?

POP吉村のような人に、エンジン組んでもらったら、奇跡は起こるか?

いずれ追いつくのは間違いないけど、迷って行ってるな、だぁー

ばいなら。



nice!(11)  コメント(4) 

2017年 開幕戦の予選結果 [Australian GP]

2017_aus_polesitter.jpg

2017_aus_q_classification.jpg

首位のハミルトンと二番手ベッテルの差は、0.268秒。去年の三番手ベッテルとトップとのタイム差は、0.818秒。

疑惑のサスペンションシステムを取り外した結果として、この差が生まれたのかは、わからない。

スタートの良いフェラーリが飛び出してハミルトンの自由にさせないレースを希望しまする。

抜けずにイラつくハミルトン。

イラついていたら、突然のトラブル発生。

ボッタスに迫る、やる気満々のフェルスタッペン。

真面目なボッタスとやんちゃなフェルスタッペン。

この人の思い切り見られるか?

乞うご期待と言う感じです。



そうだそうだ、車載カメラの映像からは、幅広感があまり感じられない。何故かと男は考えた。

そこで出た結論は、これは目の錯覚かもしれないということ。

同じ長さでも、細いと長く感じ。太いと短く感じる。

昔のサスペンションのアーム類は、空力処理されたカーボンファイバー製と違いパイプ製で細かったのである。

イタリアンドライバーも復活したし、頑張れイタリア。ドイツなんぞは、ローマの文明を盗んで築かれたもの。ローマ化された蛮族による政治形態、それが神聖ローマ帝国。

ホンダが復活しても、そこに乗るドライバーがいないと話にならない。

日本人ドライバーと強いホンダ、これがブームを巻き起こす。錦織の活躍がテニスブームを巻き起こしたように。

あれは錦織ブームで、テニスブームではないと言う人もいるけれど、錦織に憧れてテニスを始める人が増えれば、それは結果としてテニスブームとなる。

皆様ご一緒にから、スターは生まれない。

違いを隠すな、力に変えよ!!

扱いやすい若者よさらば!!

空気を読むのは、自分が可愛いから。自分を可愛がっていては、世の中は変えられない。

迷わず行けよ、フェルスタッペン。

と、言う感じで、またね。

nice!(11)  コメント(4) 

オーストラリアの決勝レース予想 2017年度バージョン [Australian GP]



マクラーレン・ホンダがやることは、まずは、テストでできなかったことの確認。振動で車体にクラックが入り、ハーネスが外れたというのだけなら、時間が経過すれば、解決できそうな気がするのですが。ハーネスも縛ってはいけない、自由に一緒に揺れるよろしいだ。

メルセデスとレッドブルのサスペンションシステムが違法だとの話も御座いますが、これでフェラーリは優位性を保てるのでしょうか。

コーナーで安定していると評判のフェラーリ。

足回りが良くなれば、空力にもメリットは大きい。

ここは、男は黙って

1st Vettel 2nd Raikkonen 3rd Verstappen

意外に意外に、メルセデスに、トラブルが起きたりして…

どうなるかね、ばいなら。

nice!(7)  コメント(2) 
前の10件 | -