So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2018年 中国GPの決勝結果 [Chinese GP]



読売新聞社のグループ本社代表取締役主筆である渡邉恒雄氏は、常々こう言っていた。「ジャイアンツが強くなれば、日本経済は良くなる」と。

と言うことは、予選の直前のFP3でエンジンブローして白煙吹けば、桶屋が儲かり、レースに勝てる。マクラーレンが優勝できないのは、FP3で白煙吹かないからだ、と。

本気にして、チャレンジされても困りますが…

リカルドは思い切りが良い。それはタイヤを使い切り、よれよれの状態で走るアロンソをスパっと抜き、トップに躍り出て勝ったハンガリーで見ている。

ジェームス・キーさんが言うには、トロ・ロッソは中高速のコーナーとは相性が合わないと。となると、やっぱり、モナコとハンガリーぐらいか。

まだ、レッドブル・トロロッソ・ホンダは成熟していない。

日本サッカー協会も成熟していない。

満足に守備ができないことをサラッと忘れて華麗にパスを回す。こうなったら、勝つ気など端(はな)から忘れて、久保建英で神風アタック!!

本当の意味での日本的と言えば、儒教精神に則った年配者の馬鹿な考えを年齢が若いと言うだけで遂行させられるというのが、日本の江戸期以降の伝統である。

サッカーの日本代表も、錦織みたいにフロリダのボロテリー式で鍛えたら、強くなるのかもしれない。

それまでは、ディフェンスの人材を帰化させたり、大坂なおみ方式で広く海外に目を配り連れてくるとよいざんす。

日本的にこだわる奴は、純粋な日本人風にこだわる。

日本的サッカーなんて、バカヤロー、お客さーん、なのだ。

次戦は27日からのバクーでの、アゼルバイジャンGP

空気を読めと教育を施された年寄りは変われない。若い人は変われる。年齢を言っているわけではない。変わらずして人口減少社会をサバイバルできるのか。変わらないミジンコは乾燥した金魚の餌である。

わからないけど、ばいならー

nice!(11)  コメント(0) 

2018年 中国GPの予選結果 [Chinese GP]



風が吹く、風は波の母。小さな波が本流の流れになりそうだ。

空力トレンドをリードするフェラーリ。

フェラーリがワンツーフィニッシュしたら、本格的にメルセデスもやばい気も。

トロ・ロッソは予選12番手ぐらいにつけるだろうと思ってはいたが、ガスリーQ1落ち、ハートレーQ2進出も、そこ止まり。

フォースインディアは、上昇中(ここで調子づけば、アゼルバイジャンもいくで、しかし。と思われる。わからんけどね)。

気温が低くて、風が強いと駄目だと言うトロ・ロッソ。

レッドブルは気温が低いほうが良さそうなのですが…


そんなことより、カレーライスに入れると美味しくなる具は何かあるのけ?

牡蠣は駄目だ。あれは食えない。

ジャガイモの代わりに、柿はどうだ。硬い奴なら、目をつぶればわからない。

紙パックに入ったリプトンのレモンティーから香料をとり除いたら、炭酸の抜けたコカ・コーラみたいになるのじゃないか?

まあそんな感じで、Have a nice day!

nice!(8)  コメント(2) 

あなたは、だんだんやりすぎたのか? 気温が上がる季節を前に、定点ではないけれど観察バージョン1 [Redbull]

mokumoku.jpg

前戦のバーレーンの予選、フェルスタッペンのコーナーでの意図しない出力アップによるコースアウト。決勝レースでのリカルドの車に起きたバッテリーの原因による電気系のシャットダウン。

そして、中国のFP3での、リカルドのターボのブロー。

カスタマーはつらい。

ルノーがパワーモードの使用にOKを出した途端に、白煙をはいた。マクラーレンはまだ吹かない。しぶとい。

参考 ルノー、F1中国GPでF1エンジンの高出力モードを解禁【 F1-Gate.com 】 https://f1-gate.com/renault/f1_42035.html

レッドブルの絞り過ぎたレッドブル流のサイズゼロ。

マクラーレンより先に文句を言っていた元祖レッドブル。

トロ・ロッソの方が相性が良いかも…

どうなる、どうなる。

nice!(3)  コメント(2) 

上海の決勝レース予想 2018年度バージョン [Chinese GP]



わからない。FIFAランキング50位以下のチームである、サッカーの日本代表の監督を今になって解任するなんて。はっきり言うけど、松岡修造のATPランキングの方が上である。こんなこと言っては何だが、松岡さんは強力なサーブ以外、これといったものがない。「愛してるよ、なんて~♪」の荻野目の旦那のテニスセンスに比べたら、ド素人のようなもの。

でもそんな彼は、エドバーグに勝った。しかもエドバーグの得意なコートサーフェイスの芝で。私も見たことあるが、あの1stサーブは世界でもトップクラス。あれがある程度のコースに入ったら返せるわけがない。セカンドサーブもすごく良くなっちゃって、野球留学後の長島一茂だ。なんだそれは。

こんなある種の天才を待っていては、日本のサッカーは上位に入れない。

ボールを回して、回して、回すことが目的と化し、要のセンターバックも、点を取れるフォワードもいない。それで、守ってカウンターとなったのに。

選手の意見を聞いて、また逆戻り(日本的とか何とか言っちゃって。昔日本人は手先が器用で、とか言ってた頃に、私は本当かと思っていた。そうしたら、中国人だって、ベトナム人だって、バングラデシュだって、中南米の人だって手先器用じゃないか。日本人らしさとか言うの止めないか。家康イズムとは程遠い私が言っても、意味ないことはわかっておりますが… テニスなんて世界標準。誰も日本人に合った何て言わない。何でサッカーは日本人の特徴とか特性って言うのだろう。本当にわからない。日本サッカーは松岡以前。福井さんのテニスなのであります)。

いいですか、急がば回れ。

勝ちたかったら、強力なセンターバックを育成する。守りが良ければ、そこそこのフォワードで点は取れるようになる。

勝ちたかったら、いきなりトップを目指さず、確実に上を目指す。マクラーレンを見よ!!

「サイズゼロ」とは絞り込んだボディに大量の空気を送り込み、その力でボディ下面の空気の流れを加速させダウンフォースを得るのが当初の目的だったはずなのだ。

なのに、マクラーレンはリアウイングを立てている。

アンダーボディでダウンフォースが出ていれば、リアウイングを立てることもないと思うんだけど。

段階を踏めと。

基礎を固めろ。

そう言えば、私も高校一年のときは、サッカー部だった。

まあいい。

で、

1st Hamilton 2nd Vettel 3rd Bottas

この辺で、トロ・ロッソ・ホンダに移ります。

前回のリザルトが凄く良かったけれど、平均すると予選10番手前後を争うのが当面の勢力図だと思われる。

マクラーレンだって、その辺に入るから。油断はできない。とは言っても、去年の後半には、ホンダのPUも安定してきて、同じような位置にいたことを思い出してみよう。MGU-Hに問題を抱えていたんですけどね。

だから、MGU-Hが改善したら大して変わらないと言ったではございませんか。カスタマーの意見などルノーは聞いてくれない。ホンダはトロ・ロッソと協力してパッケージとして上を目指す。

六月の終わりのレッドブル・リンクで、さらにマクラーレンとトロ・ロッソの差が開きそうな予感。

まあそんなところで、また。

nice!(8)  コメント(0) 

2018年 バーレーンGPの決勝結果 [Bahrain GP]



世の中には、流れというものが存在する。

潮が悪かったと言い、釣れなかった言い訳をする船宿の船長もいる。

ホッケを見ろ、潮が悪かったら、自分たちで潮の流れをつくり出しているじゃないか!!しかも、浮き袋のないホッケが必死こいて、流れをつくり出している。

絶好調の大谷翔平の所属するチーム、エンジェルスのカラーは赤。

F1で赤と言えば、フェラーリ。

流れを甘く見た私は、今回はボッタスの二位だけでした。



MGU-Hが壊れずに後6戦走れれば、ホンダは安定からパワーアップと言う冒険に踏み出せる。GP2 Chassisから踏み出せない、McLaren。

あなたは、だんだんモナコとハンガリーしか期待できない、McLaren。

次戦は今週末の中国GP。

不可思議な予選でのレッドブルの挙動。そして、リカルドに起きた電源のダウン。何やらレッドブルは、今年のマシンのリア周りをタイトに設計したという。

熱か?

と言うことは、資金が回り出したらフォースインディア良くなるのか?

得意のアゼルバイジャン近いけど、どうなるのかね。

まあ、とにかく、頑張れ、トロ・ロッソ・ホンダ!!

そんな感じで、ばいなら。
nice!(11)  コメント(2) 

2018年 バーレーンGPの予選結果 [Bahrain GP]



驚いた。メルセデスがセットアップに苦しんでいる。

そんなことで驚くな。

トロ・ロッソのガスリーが予選で6番手をゲットした。

何が凄いかって、ハースを超えたことが凄い。

トロ・ロッソは空力責任者が離脱して空力面の開発が遅れていた。だが、今回バージボード周辺の改良部品を投入し、それにより空気抵抗が減りハイスピードを手に入れたというのだ。

問題は、これではデグラデーションの発生を抑える効果が期待できないと思われる点。

細かなタイヤのスライドがタイヤを痛める。

スムーズな走り。

それは、プロストとか晩年の一義星野の走り。

新人に、タイヤをうまく使いこなせと言うのか?

言うのだ。

まだ、トップ3とは1秒の差がある(まあ、レッドブルとの差ですけど)。

これから投入するパワーアップ版のPUで、じわりじわりと近づければ、来年の本格的なワークスとしてのトロ・ロッソに期待できる。

でも、今回は、フェラーリかな?

でも、まだわからない。

ハミルトンもタイヤ戦略で確実に上位に迫ってくる。フェルスタッペンだって、そこそこ来る。



大谷の投げる160キロは速く感じるが、テニスのサーブにおける160キロは遅く感じる。

マクラーレンはルノーのPUを搭載しても、トップスピードは伸びない。

だって、それは車体側に問題があるから。

アロンソはストレートで抜かれたら、何と言うのだ。

GP2と言うなよ、F2になったんだよ。

それではまた。

nice!(8)  コメント(2) 

バーレーンの決勝レース予想 2018年度バージョン [Bahrain GP]



大谷翔平、またの名をショウヘイ・オオタニ。ヘイと言っても、林家一族ではない。ヘイと言ったらユウである。だから、大谷とダルビッシュは、ヘイユーブルースなのである。

大谷さんがテニスやってたら、きっとサンプラスのようなサービスを打っているはず。否、フラットはサンプラス以上だと思う。サンプラスさんは、修造松岡氏と練習をした後で、「シューゾー、俺のサービスの秘密教えてあげるよ」とか何とか言って、腕を体の後ろに曲げたと言う。極端に言うとWがIになっちゃうほど可動域が広いのである。私も可動域が広いけど、左右で違い右は駄目、両方揃ってれば、160キロ投げられるのか。

まあ、どうでもいいや。

そう言えば、マクラーレンは白煙を吹いていたという。フリー走行で。

結構、チームはギリギリなのが窺える。トラブルフリーみたいな状況にはならないだろう(こんなことを言うとトロロッソが吹きそうなので、ほどほどに)。

トラブルと言えば、ホンダPU。

二戦目にして、二基目のパワーユニット。

こうなったら、ロシアGPで、四基目投入して、グリッドダウン戦略で、鈴鹿スペシャルなのである。

ということで、バーレーンは、

1st Hamilton 2nd Bottas 3rd Verstappen

ホンダのPUは、スリコギではないんだ。Hey you! What's your name?

あなたの名前は、スペック4なのか?




nice!(6)  コメント(2) 

2018年 開幕戦の予選・決勝結果 [Australian GP]



予選は、ハミルトンがポールを獲った。そして、恐れていたレッドブルは来ずに、フェラーリが後に続いた。ライコネン、ベッテルと。その後は、以下省略ではなく、フェルスタッペン、リカルド、マグヌッセン、グロージャン、ヒュルケンベルグ、サインツてな感じです。

そして、決勝の日曜日が訪れた。

突然ですが、なっ、言ったろ!!って感じ。

白煙吹くって、トロロッソが。

おかしいな、マクラーレンじゃなくて、ホンダのPUにトラブルが発生するとは、考えもしなかった。

でも、壊れたら直せばいい。最初に立てたプランも、逐次変更すればいい。流れに乗り遅れる儒教の悪い部分を捨て、いつもにっこり大艦巨砲主義ばいなら精神で、乗り切ればいいのだ。

MGU-Hが不完全だったとは。

ベアリングの精度に、ばらつきがあったのかもしれないし。

まあ、とりあえず修理して、一から出直すのだ。

最後に、フェラーリの熱狂的なファンでもない私が、野生の勘だけで、ベッテルの一位を当てました。どうだ!!

ワンツーではありませんでしたが…



パーマネントコースでは、現状のトロロッソ・ホンダでは、いい成績は望めない。

桜じゃないんだ、そんなに急に咲けるか、ボケっ!!

さくらは頑張れ。急がず正確に。たまにはエロいことでも考えて、インスピレーションが湧き出す源にするのだ。

次戦は4月6日からのバーレーン。

暑くたって、経験を積むために走らなあかんのだ。空力開発だって、時間がかかる。いいアイディアを優先して採用すれば、熟成するまで、待とうじゃないの。待ってる間に、錦織より先に大阪なおみさんがやってくれるかもしれない。

なおみといえば、ナオミ・キャンベル。

ナオミ・キャンベルといえば、LA・LA・LA LOVE SONG~♪



そう言えば、浜田が黒塗りして国際問題になったそうですが、その昔、黒人になりたかった久保田さんは、駒沢公園で、地道に日焼けしていたという。日焼けはよくて、塗ったらいかんのか。そんなこと言ったら、江戸前寿司は塗り系。なれずしは日焼け系。

なんか違うような。

まあ、白煙吹きまくっていた男も、インディ500のウイナーとなった。

諦めるなピエール・ガスリー。

そんな感じで、ばいなら。

nice!(8)  コメント(4) 

オーストラリアの決勝レース予想 2018年度バージョン [Australian GP]



テストはテストであって、サーキットによって、気温によっても違いはあるのである。人は皆、メルセデスが勝つと思っている。

変人は気に入らない。マスコミや評論家が言えば、そうなるのか。否、ならない。

オーストラリアは、市街地サーキットだぞ。

気温だって、バルセロナでのテストとは違うぞ。最近は気温が低くて雪まで降るんだ。暖かいからといって、温暖な気候のスペインでテストを行ってきたんですけど。

気温が高くなって、市街地サーキットだと、デグラデーションに苦しんだらしいトロロッソは、雨がらみの方がいいのかもしれない。タイヤの使い方は経験だから、何事も経験だ。何を言いたいのかわからんが、まあ最初からベストにはならない。

と言うことで、

1st Vettel 2nd Raikkonen 3rd Verstappen

これでいいのだ。

フェラーリ、ワンツーで、驚いてほしい。

ミスしなければ、可能性はある。

初戦から運試ししちゃいました。

野生の勘のさび付き具合をご確認あれ。

結構荒れて、トロロッソが四位になってもいいのだ。これは厳しいけどね。アロンソはルマン制覇の妄想で脳内はF1なんて、かまへんかまへん。ルマンもコケたらどうするのだろう。

マクラーレンの走りに注目です。

注目は、もくもくであり、もくもくは、白煙への誘(いざ)い。

ばいなら。

nice!(6)  コメント(2) 

Toro Rosso STR13 [Launch]

Toro Rosso STR13(1).jpg

Scuderia Toro Rosso https://scuderiatororosso.redbull.com/en_INT

空力面での開発が遅れているとか何とか言われておりますが、そもそも去年の終盤ぼろぼろだった影響がでているのかも。でも車体はそんなに悪くない。モナコ、ハンガリーとかなら、いい走り見せてくれるかもしれない。

二人のドライバーは若いけど、そもそもここはレッドブルにとっての教習所。キラッと光るものを見せつければ、Aチームに昇格。駄目だと次の若手が入ってくるだけ。ロックスターのような長髪をなびかせていたハートレーが耐久でもまれ大人になって帰ってきた。どんな走りをするのか。やりたいようにやるよろしい。

ホンダのPUは、最初は安定志向で状況を確かめ、パワーアップは二回目以降(順調にいけば6月22日からのポール・リカールでのフランスGP。ポール・リカールと言えば、レイトンハウスCG901。トロロッソ・ホンダだって、直線でレッドブルを抜いたっていいのだ。抜ければなんだけどね。)という話。このスタンスは正しい。

マクラーレンと組んでいた時は、いきなりスキーのハイジャンプを飛ばされたけど、物には順序がある。段階を踏んで、風をつかむのだ。

風を味方にするのだ。

ドライバーは、まずはこつこつポイントゲットと言ってますが、チャンスはいきなりやってくる。パーマネントコースより、市街地コースは何が起こるかわからない。天候は、決勝の日曜は、にわか雨濡れていこう。とは言っても、レースの時間帯は、降水確率数%。気まぐれな雨雲が、乾きつつあった路面に、雨粒を落としたら。

ハースの次あるかも、あるかも。

nice!(6)  コメント(2) 
前の10件 | -