So-net無料ブログ作成

松本君の顔面は、ますます青田赤道となり、くえくえって、エル・チキンライスとなる、カブローンの巻 [Break Time]



テレビを観ない男が久々に笑ってしまった。

松本君のカブローン!!

お客さーん!!

違うか?

円安が危ない危ないと騒ぐなかれと言ったろ、しかし。

日本は巨額の対外純資産と外貨準備高を保有する国なんだ、カブローン。

スルベスター・カブローン。

日本の政府純債務は、対GDP比130%程度なんだ、カブローン。

財務省は七三の善人顔で日本の政府債務は一〇〇〇兆だと嘘をつく(増税しないとギリシャになるという類の嘘のことよ。資産を含めた総債務はGDPの二倍の一〇〇〇兆ほど)。

怒るで、しかし、カブローン!!

ということで

kaburon.jpg

ばいなら。
nice!(11)  コメント(4) 

2015年 オーストリアGPの決勝結果 [Austrian GP]

aut_winner.jpgニコニコのニコ・ロズベルグ氏の勇姿

誰だ、ロズベルグに集中力がないとか言ったのは(これに、予選のエクストラパワーの一発が加われば、怖いものはない。そこまで求めちゃいけないか)。

私でした。

驚き、桃の木、アントニオ猪木。

路面が良くない、いわゆる一つのグリップの低い路面から、好スタートを決め、ハミルトンを置き去りにする走り見事なものでございました。

バイオリズムなのでしょうか。

ニコの走りに、ハミルトンだって自分の走りに疑念が生じる。

ロズベルグは、ロズベルグの走りをすればいい。ベストを尽くして負けたら、それはそれ。ただ、年間を通じて安定した走りを見せていけば、結果として、ハミルトンを上回る場合もある。何事も大局を見ないと。

(ハミルトン)を意識しすぎるより、自分を信じることが、それ以上に重要なので御座います。



aut_massa.jpg三位のマッサ氏

それにしても、メルセデスAMGが去年から進歩した量が窺えたレースでした。

今年のウィリアムズは、最適化が進みもっとトップに肉薄すると予測していたのですが、それ以上にメルセデスAMGの開発が進んでいた。

ベッテルとライコネンの連携戦略で崩すしか、メルセデスAMGは攻略できない。

そんな思いを強く致しました。

ばいなら。

nice!(13)  コメント(6) 

2015年 オーストリアGPの予選結果 [Austrian GP]

aut_nico.jpg

aut_q_classification.jpg

私は平坦なコースが嫌いである。

高低差があることにより、上昇気流が生まれ、時として雨というドラマを演出してしまう。

そんな予測できないサーキットが好きなのである。

レースとは関係ないけれど、ドーム球場は最悪だ。

野球には、青い空と白い雲。日焼けした選手の肌とランニングシャツを着た労働者、その小脇にビール。安定した日常と突然の夕立。

オープンエアだと、その時々の町に漂う香りが楽しめる。

それらすべてをぶち壊す、経済性重視のドーム球場なんて、老人ホームでおじいさんが私に言った「今いつなんだい。ここは快適だけどまったくわからないんだ」だ。

老人ホームに伺う前に、赤とんぼを見た私の話から引き出された言葉なんだけど、なぜかその言葉が忘れられない。

レスター・ブラウン先生の『プランB』を読んでいる。昔の著作の中には、中国が近代化して、車やエアコンを持つようになったら大変なことになると90年代初頭に発言なされていた。

それは実現されたけれど、中国の鉄鉱石価格の推移を見ても去年の5月から下降し続けている。それにあわせて原油価格も下落した。

これはあきらかに中国の高度成長期が終焉した証(AIIBは国内の過剰を国外に輸出するためのもの)。

日本も、高度成長気が終わった後にバブルが生じた。中国も後を追うように株価が一人歩きをしている。

という訳で、ライコネンはQ1で消え、あららという感じで、ニコは直進し、ウィリアムズ勢もタイムが伸びず、なんとなくハミルトンがポールポジションの位置に座った予選でした(でもまだ、マッサにはチャンスあるぞ。ライコネンだって抜きまくれる。でもその行く手にボッタスがそびえ立つ。抜けない残念って感じになるのでしょうね。ボッタスはスタート直後に波乱がないと、レースペースだけじゃ無理そうよ)。

いつも以上にまとまりのない今日この頃の私でした。

それでは、また。

aut_polesitter.jpg


nice!(11)  コメント(6) 

シュピールベルクの決勝レース予想 2015年度バージョン [Austrian GP]

RedBullRing.jpg

去年の予選は、ウィリアムズが、フロントローを独占した。

ひょっとして、レッドブルリンクは、思っている以上に高地に位置しているのでしょうか。

それならば、ウィリアムズが強かった理由も説明ができる。

日産がル・マンで遅かった理由はこれを読んで理解した。

Nissan GT-R LM NISMO、ハイブリッドなしでル・マン24時間レースを走行
http://f1-gate.com/nissan/lemans24h_27507.html

でも、この中で不可思議なことが書かれている。

フロントアスクルからリアホイールに回生されたパワーを送るよう設計されているトランスミッション装置は、ダイナモで信頼性のないことが判明し、


確か、ニスモのサイトの説明でもFFだと説明していた。

この「リアホイールに回生されたパワーを送る」とは、何を意味するのだろう。やはりリアはモーターで駆動される設計になっていた。だがしかし、テストで耐久性の問題が生じて、純粋なFF、もしくはそれに近い形になってしまったということなのだろうか。

はっきり言って、準備不足だよな。

織田信長は、戦の八割は準備で決まると言ったらしい(実際言ったのは、三河弁かな。尾張弁かな。関東人その辺のところよくわからない)。

貴様ら、切腹しろっ!!

時代は変わり、バテレンさんたちが主導するチームでよかったのー。

で、レースの展開はどうなるか。

タイヤは破綻なく、徒然なるままに、進むだろうし。

現地時間の土曜の14時から予選が始まる、天気予報では、土曜の15時ごろから降水確率が70%以上に跳ね上がる。

予選は、上手くはまれば、ボッタスがポールを獲る可能性もあるにはある。

流れではハミルトンなんだけど。

男は勝負で、1st Bottas 2nd Hamilton 3rd Raikkonen

何だかわからないけど、ライコネンの文字が脳裏に浮かんだ、だからそれに従った。

まあいいだろう、それでは、ばいなら。


nice!(13)  コメント(6) 

ニッサンのル・マンのGT-Rの歴史ざんすよの巻 [Le Mans]

日産はこれまで二度、GT-Rの名を冠したモデルをル・マンで走らせた。

一度目は、1995年。オウムがサリンを撒き、野茂英雄が大リーグでデビューした年のこと。

23.jpg

この車の名は、日産スカイラインGT-R NISMO GT-R LM

ベースとなったモデルは四駆なのだが、それを後輪駆動に変更したものである。

成績は、忘れた。でも優勝はしていないことは確か。

Nissan GT-R LM NISMO(1).JPG

そして今回2015年のモデル。日産GT-R LM NISMO

ベースとなる車両はない、新設計された耐久専用マシン。

GT-Rを名乗っても、前輪駆動(FWD)。

おかしいじゃないかと言うなかれ、それだけ発想が自由で、囚われが無いということ。

凝り固まっては、新しい発想は生まれない(感性が古い人は気になるだろうけどね)。

何度か挑戦するうちに、FFから、後輪だけ電動になることだって、十分考えられる。

フロントエンジン駆動+リアモーター駆動への始まりなのだと思った方が良いのかもしれない。

私はスカイライン好きなので、応援するのでありまする。

日産、がんばれ。

技術のニッサンでした。

nice!(16)  コメント(8) 

今宵のル・マン [Le Mans]

Nissan GT-R LM NISMO YHP Color.JPG


ニコニコ生放送 日産 ル・マン24時間レース決勝(前編) http://live.nicovideo.jp/watch/lv224515832?ref=top&zroute=index

2015/06/13(土) 開場:20:57 開演:21:00

日産の予選は、ちょっと残念な結果となりましたが、これがル・マンというものよ。

日産、110%タイムに到達せず最後尾スタート / ル・マン24時間レース【 F1-Gate.com 】 http://f1-gate.com/nissan/lemans24h_27473.html

いきなりやってきて、上手くいくはずもない。

すべては挑戦。

挑戦からしか新しいものは生まれないのだから。

FFは不利ではある。

しかし、あやぶむなかれ。

その一足が道となり、未知は道となる。

すべての道は、ル・マンに通ずる。

行くぞー

イチ、ニッサン、ダァー!!



今日は、これくらいで許してくれ。

ほんじゃ、ばいなら。

それでは、また。


追記

lemans-tv LIVE http://www.dailymotion.com/lemans-tv

nice!(10)  コメント(6) 

2015年 カナダGPの決勝結果 [Canadian GP]

早いもので、今年も七戦が終了したF1。

良かったレースは、マレーシアとバーレーンとモナコ。

今年の傾向が見えてきた。それは、メルセデスの二台の間に、ベッテルが入り込まないと、フェラーリは勝利のための戦略が機能しないということ。

ハミルトンと勝負できるのは、ベッテルだけだから。

思い起こしてみよう、第二戦のマレーシア、予選二番手はベッテルだった。そして、第四戦のバーレーンでも、予選二番手に、ベッテルがいた。

今年のフェラーリは、ベッテルが引っ掻き回さないとドラマが起きない。

ライコネン氏、燃費のこともあって、速く走れなかったと言う。

けれど、後ろから、追い上げてきたベッテルはガス欠などしていない。

リザルトは、ライコネンの後ろの五位。

あんなに後ろにいたのに。

でも、こんなレースもないと、刺激的なレースに出会ったとき、興奮できない。

退屈なレースは、刺激の母。

退屈あっての、カーニバル。

カーニバル、カーニバル、カーニバアアアール~♪

can_winner_hamilton.jpg

ハミルトンだって、スタート直後から着実にリードをひろげ、燃費を計算し、楽に勝ったのではないということは理解できる。

でも、こういうレースばかりだと…

刺激的な音もなく、エンジンより、ソフトウエア開発に重点が移りつつあるF1。

シンプルに、NAの12気筒とヴェンチュリー構造のアンダーボディーによる、ダウンフォースで、コーナーを速く回れるマシンの方が、数段五感に訴えるものがある。

タイムなど多少遅くとも、いい音は、速さを演出する効果がある。

透き通った高音がこだまするレーシングカーが恋しい。

can_r_classification.jpg

can_podium.jpg

そうだ、勝ったのは、ハミルトンさんでした。二位はロズベルグ、三位はボッタス。

日産のル・マンカーがどうなるのか。

今週末は、ル・マン。

ダウンフォース量では、F1を上回っているル・マン。

ということで、ばいなら。

nice!(7)  コメント(6) 

蠱惑は、蠢くとは違う。小悪魔とコアラのような熊も、また違う。蠱惑濃艶占の巻 [Fortune Telling]

全仏で錦織も負け、カナダGPでベッテルが予選でコケ。弱っている心を慰めるため男は、無料占いやってみました(冷やし中華始めました風で、ヨロシク)。

■あなたがもっている恋愛運命
どうやらmasakazooさんは、誰もが「変わり者」と見ている相手に魅力を感じるようね。個性が強く、型にはまらない相手を求めるわ。というのも、masakazooさん自身、束縛や制限を嫌うから。masakazooさんにとって恋は、相手という異質な存在を刺激剤として、自分を変えてくれるものなのよ。だから、相手は良き理解者であり、認め合い、尊重し合える相手でなければいけないの。その中で新たな発見をしたとき、masakazooさんは相手との間に強い精神的結びつきを見るでしょう。 そういう相手なら、masakazooさんの個性を受け入れ、さらに魅力も引き出してくれるわ。そして、輝くようなオリジナリティを失わないでいるためには、masakazooさんと感覚的に近い相手を選ぶことが必要なのよ。恋を通じて、魅力を増す……それがmasakazooさんなの。


【もう逃がさない】巧みにおびき寄せ操りなさい“LUA蠱惑濃艶占” - 今すぐ鑑定【LUA濃蜜愛占】あなたが紡ぐ運命の糸◆恋/執着/今後 http://fortune.goo.ne.jp/lua/html/inp/inp0000.html


変人は変人を呼ぶ、ということなのか?

変人同士による、ピア・プレッシャーにより、より威力を増せということなのか?

変人は寝る。

ライコネンはガンバレよ。

では、ばいなら。

nice!(5)  コメント(6) 

2015年 カナダGPの予選結果 [Canadian GP]

can_q1_vettel.jpg

フェラーリの一台がグリッド降格ペナルティーとトラブルで、遥か後ろに消えてしまった。

ベッテルさんのことである。

こうなると暴れ役と地道にじわじわ追い上げる役を、ライコネンさんが一人二役やるハメになってしまった。

ライコネンは、スタートでポジション上げて、最悪二番手にならないといけない。

北米はフェラーリにとって重要な市場なので、二台に先行されて、コントロールされて終わるわけにはいかないのである。

私には、ライコネンが先頭を走る姿が見える。

これからの決勝レースがどうかは定かではありませんが…

見える、見える。

時差が辛い。

日本時間の夜の10時から、全仏の決勝もあるし(ユニクロ対ヨネックスの戦い)。

刺激的なレースを我、願う。

それでは、ばいなら。

can_q_hamilton.jpg一応、ポールポジションを獲得したハミルトン氏。

can_q_classification.jpg

nice!(6)  コメント(4) 

モントリオールの決勝レース予想 2015年度バージョン [Canadian GP]

フェラーリがパワーアップのために費やしたのが、3トークンと言われている。

果たして、どの程度速くなるものなのか。

どこをいじったのかさえも分からない状況なので、予想の手助けには、あまりならない。

0.5秒程度縮められたのならば、フロントローに並べると思う。

ベッテルが二番手に入り、攻めに攻める。そして、ライコネンが違う戦略で後半に追い上げるパターンになるのだろうか。

バーレーンは、ミディアムとソフトだった。そして今回は、ソフトとスーパーソフト。

バーレーンと同じパターンになれば、ブレーキだって対策済みでも、オーバーランしてしまうのではないかと思ったりもする。

ここは勝負だ!!

1st Raikkonen 2nd Hamilton 3rd Vettel

どうでもいいけど、外国の人々に、ユニクロのテニスウェアがどう映っているのかが気になる。

ナンバーワンのジョコビッチ、そして錦織の胸に輝くロゴマーク。

格好良く見えてしまうのだが。

レッドブルのウェアも速かった頃には、とても格好良く見えた。

今も同じカラーデザインだけど、見え方が違ってしまう。

漠然と見ているだけでも、目には、情報が送られて来ている。

意図を持ってユニクロさんも、契約したんだろうけど、広告効果は確かにあったし、ブランドイメージも上がった。

ユニクロとテニス、この組み合わせに乾杯。

ユニクロがナイキ化しそうな雰囲気を感じる。

それでは、ばいなら。

nice!(8)  コメント(6)