So-net無料ブログ作成

2016年 ベルギーGPの予選・決勝結果 [Belgian GP]

予選は、ロズベルグ、フェルスタッペン、ライコネン、ベッテル、リカルド、ペレス、ヒュルケンベルグ、ボッタス、バトン、マッサ以下省略であった。

決勝の日、男はNHKスペシャルのディープオーシャンを観て感動してしまい。打ち震えていたという。

カイアシ類が、光の基であり、この海のミジンコさんがあって、光の芸術は花開いたのである(まだあまり解明されていませんが)。

発光物質が食物連鎖の過程で移動し活用される。このような例は、オキアミを食べて大きくなる鮭がオキアミの色素であるアスタキサンチンによって身が赤くなっている。まあ赤くなって光っているわけではないと思われますが…

と、色々あり気分を落ち着けF1の放送を観る気分を整えた私。

そこに映ったのは、独走するニコ・ロスベルグ。

リカルドが二位を走り、ハミルトンが信じられない位置に上がっていた。

フェルスタッペンも、ベッテル、ライコネンのフェラーリ勢がいないため何かが起こったとは、直ぐに気づいた。だが、クラッシュの名所ラソースの餌食となったと、レース後に知りました。

誰が悪いと責めることはできないけれど、若いということはミスの経験も少ない。少ない以上大胆に行ける。いい方向に進めば芝生のボリス・ベッカーとなるのですが…

 ベッテルがバリチェロなのか、2016ベルギーGP

 ニコ・ロズベルグは何を思うかホトトギス



佐藤琢磨がバリチェロのインに飛び込んだ時、非難の声は琢磨へと向かった(来ると思っていないバリチェロが確認していなかったことも原因だったのですが)。 

佐藤琢磨とマックス・フェルスタッペンの違い。

それはF1で勝っていないこと。

この差は大きいんだ。

そして、時は流れ、こうなりましたが

2016_bel_podium.jpg

Cq84zqjWgAAN0H9.jpg

問題は、スパ・フランコルシャンのFP2で、トップタイムを記録したレッドブル勢の速さ。

2011年のRB7のような走りで、モンツァの風となるのか。

ストレートは遅くても、コーナー重視で、どこまで行けるのか(ブローイングないのに、なしてこんなに速いのか、不思議だ!!)。

RB10RB12のモンツァの走りは、フェラーリ以上に刺激的だと思われます。

というわけで、今週末のイタリアGP、それなりに楽しめそうです。


nice!(8)  コメント(2) 

スパの決勝レース予想 2016年度バージョン [Belgian GP]



エンジンパワーのサーキットに、ようこそ。

過去にはフェラーリエンジンが優勢だった時期もあり、それがやがてメルセデスに移り変わり、V6ターボになった今でもメルセデスの優位は変わらない。

圧倒的なダウンフォースを利用して勝った、レッドブルの例はあっても、今は独走して勝つほどの力はここではない。

ハミルトンのグリッドダウンはあるのか?

フェラーリの劇的なアップデートはあるのか?

マクラーレン・ホンダが予選で5番手とかになることはあるのか?

雨が降るかどうかもポイントですが、降らないときは降らないのが、山の掟。

よって、今回は

1st ダニエル・リカルド 2nd ニコ・ロズベルグ 3rd セバスチャン・ベッテル

またしても、当たる気がしない。

都心部では住宅バブが起きていると言われていますが、バブル紳士は暗躍していない。

ジャニーズ事務所のある場所に君臨していたのが、確かあのバブルの帝王レイトンハウス赤城さん。

SMAPがブレグジットして、ヘイ・ユーで、芸能事務所という名の置き屋さんなんて、あばよしちゃいなさい。

ジャニーズ事務所とか、吉本とかが壊れていく世界の先に、楽しい未来が待っている。

お笑いの学校出て、わかったような気になるんじゃない。

落語も、一応誰がやっても笑いはとれる。

でも、確実に違いは出てくる。

相手を本気で楽しませようと思っている人は、表情にもそれが現れる。

ちょっとした違い。

それが結構難しい。

考えるんじゃない。

お笑い学校出でない、ナチュラルボーンお笑い芸人さんの登場を私は期待する。

兄さんなんてクソくらえ。古臭いこと言ってるんじゃない。笑いは下剋上である。

まあ、そんな感じで、ばいならざんすよ。

nice!(2)  コメント(2) 

スパ・フランコルシャンの天気予報 2016 [Belgian GP]

spa weather 2016.jpg

山の天気は、スパウェザー。

気分次第で、いつもより大目に降っております。

そこの君、君、我々に適していないなんて言うんじゃない!!

そんなこと言ったら、レッドブルだって適していない。

それでも、しっかり、レッドブルは、上位に来るんだよ。

まずは自分たちの長所に目を向け、そこを基準に、戦略を組み立てる。

ベースラインから下がらずに打っても、相手がマレーみたいにコンパクトに合わせて速くて深い球を打つならば、同じやり方では効果的ではない。

複雑なのだ、レースもテニスも。

深海、スパ、全米オープン、興奮の週末でやんすな、ベイビーって感じです。

nice!(6)  コメント(2) 

『シリーズ ディープ・オーシャン 潜入!深海大峡谷 光る生物たちの王国』 私の大好物深海編、観るよろしいでごじゃる。 [おすすめTV Programs]

NHKスペシャル「ディープオーシャン 潜入!深海大峡谷 光る生物たちの王国」みどころ紹介・ダイジェスト編 https://www.youtube.com/watch?v=628wnWiM6lQ


これを観ると常識に囚われている自分に気づく人も、でてくるでしょう。

光るクラゲ、光るオキアミ、光るイカ、光るゲンジ。

クラゲは光で、何やら伝えている気がするのだけど、伝えるには、受け取る側も理解ができなくてはいけない。

昔モテない年上の男にかわって、きっかけを作ってやろうと思い「××さんが君のこと好きだってよ」と空気の波動で伝えた、ちょっと面白い変な男がいた。そしたら、そのモテない君、急に怒りだして、雰囲気をぶち壊し、お前のせいでダメになったと何年にもわたって言い続けた。

「実はそうなんだ」と言えば、上手くいったのに。言い出せないだろうと思って、言ってやったのに。

そいつは、大分経ってから、他の人にそれ違うんじゃないかと言われ、こんなこと言われたよと言ってきた。

「お前、本当に今頃わかったの?」と言ったら、帰ってきた言葉が、

「わからなかったんだから、しょうがないだろ!!」

俺は年下だからと言って、「わからなかった、ゴメン」となぜ言えない。

人間でも気持ちの通じないおバカさんはいる。

海の下では、人間より賢く光でやり取りをしている生命体がいる。

どうやり取りをしているのか、非常に興味がある。

暗闇の中、光を通じて、理解し合う光景が観れたら、私は幸せでございまする。



果報は寝て待て

放送日は、2016年8月28日(日) NHK総合 午後9時00分~9時49分

シリーズ ディープ・オーシャン 潜入!深海大峡谷 光る生物たちの王国

詳しくは、こちらで http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160828

何かを感じてくだされ

nice!(8)  コメント(0) 

オリンピックテニス準決勝 錦織vsマレー 皆様よござんすか、今宵の11時55分からですよ [Other Sports]

come on nishikori.jpg

マレーにどうしたら勝てるかは、わからない。

いままで通りに戦ったら勝てないのは、わかる。

相手のマレーがイメージする錦織を超越する錦織であれば勝てると思う。

相手からどう映っているのか?

相手から見た錦織がどう行動するかの逆を突けば、百戦危うからず。

勝って欲しい。

勝ってニッポン、チャチャチャざんすよ。

nice!(5)  コメント(2) 

工藤ちゃんはバブルの崩壊を知らない。日本経済の絶頂期に彼は旅立った。ナベツネなら『探偵物語』を再放送すれば、好景気がやってくると言うだろうが、ボケ老人には言わせておこう。まあ、そんな感じの巻です。 [動画貯蔵庫]









何が幸せだか未だにわかりませんが、もし彼に幸せな幼少期があったなら、多くの人が魅了された魅力も得られなかった。

才能の源泉は、得てして、不幸のただ中にある。

弱くてはいけない、強くなくてはいけないとの思いが、やがて弱き心を覆い隠す。

肉体に恵まれた人は、そちらの方向に行く。

誰かに伝えたいと思う人は、ミュージシャンや作家、詩人になる。



皆、スターに憧れる。

スポットライトを浴びれば、スターになれるわけではない。

闇の部分がスターを形づくる。

凡人とスターの境界は、負の部分をどれだけ味わったかで決まる。

凡人が苦悩を味わえばスターになれるかと言えば、そうでもないし(ある種の感性は必要だと思うなり)。

スターが幸せかどうか、スターでない私にわかるはずがないし。

幸せをつかもうともがく行為が芸術なのである。



リリーさんはわかっていない。

これが結論です。

わかる方がおかしいともいえるし、同じ思いをしなければわからない。

迷わずわかれよ、わかれば行けるさ ダぁー

って感じな今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしですか?

ばいなら、しかしです。

nice!(2)  コメント(0) 

2016年 ドイツGPの予選・決勝結果 [German GP]

ConXKeBXgAArt51.jpg

〈予選〉
1 Rosberg
2 Hamilton
3 Ricciardo
4 Verstappen
5 Raikkonen
6 Vettel
7 Hulkenberg
8 Bottas
9 Perez
10 Massa

2016_deu_podium.jpg

2016_deu_r_classification.jpg

〈決勝〉
1 Hamilton
2 Ricciardo
3 Verstappen
4 Rosberg
5 Vettel
6 Raikkonen
7 Hulkenberg
8 Button
9 Bottas
10 Perez

あまり予選の順位と変わり映えのしない決勝結果でしたが、大きく順位を下げたのが、ポールポジションを獲得したロズベルグ。

段々予知能力が冴えてきて、1コーナーを通過したのを確認すれば、1時間半後が予測できる。

普通にスタートできれば、普通に勝てたと思われるのに、普通に4位にポジションダウン。

プロスト的な小さなことからこつこつと戦略では、最悪2位に、つけないといけないレースだった気が。

残りのレース、ロズベルグさんにアドバイスをしたい。

2016年のワールドチャンピオンはハミルトンに決定した、そう思って走るよろしいと。

諦めがつけば彼は、無心になって速さを取り戻す。

去年の終盤戦のように。



ハミルトンが独走すると、観戦する意欲が無くなる。

意欲がなければ、元気が出ない。

元気になりたければ、レッドブルで、エナジーチャージ。

そういえば、レッドブルは思っていた以上に予選も決勝も速かった。これで、パワーが40数馬力劣っているという。

ホンダは何馬力劣っているのやら。

ということで、次は、8月26日からの、ベルジャンGP、日本でいうところのベルギーGPです。

高低差の聖地

ブラタモリの海外編はここだろうと勝手に想像している、スパ・フランコルシャン。

スパ好きです。

そんな感じで、またざんす。

nice!(14)  コメント(4)