So-net無料ブログ作成

アップル、Googleが失速して、やっちゃえ日産の時代になるのか、しかしの巻 [Zero Emission Vehicle]

google 完全自動運転型の自動運転車の開発を事実上の断念 - BusinessNewsline
 http://business.newsln.jp/news/201612130559450000.html

母親は入院中だし、叔母がぽっくりで、今日日自宅で亡くなるということは、昔のような往診の町医者がやってきて、「ご愁傷様です(ご臨終ですが正しいかもしれない)」とはならず、事件なのだ。

なんだかわからないけれど、犯人扱いされるのだ。

川を遡上した鮭に、今更なにしようって話だ。



まあ、世の中は動くときは動く。

日本代表が目指しているのは、アントラーズのサッカーだな。

人は動く、やり方を変えれば、別の道が開けてくる。

視力を失った人を見てみろ、口から発した音で周囲の状況を探知できるんだ。イルカはこれで、獲物を捕らえているらしいのだが。

というわけで、完全自動運転に、やっとつながったと。

アップルは自動車の製造は諦め、Googleも、制御系のソフト開発に注力するという。

どこかのホリエモン氏は、電気自動車の時代になれば、家電メーカーでも車が造れて、自作PCのようになるんだと言っていたが、見事に、大外れ。ちょっと考えれば、わかるはずなんだけど。

安く安全な車体を作れるのは、限られた自動車メーカーだけなんだ。

自動運転より、医療用ロボット開発にチャンスがありそう。

そう思う、今日この頃、猫はゴロゴロであります。

nice!(5)  コメント(0) 

結局、答えは他者でなく、自分の心が知っている。自分に従うことが成功につながる、行けばわかるさ、ダァーである、ということであったのであるよの巻 [Mercedes AMG(MGP)]

ニコ・ロズベルグ、F1ワールドチャンピオン獲得の裏に“禅”の力 【 F1-Gate.com 】
http://f1-gate.com/rosberg/f1_34138.html

3日の日の検索ワードに「禅」「ロズベルグ」とあった。

なんだろうと思った。

そう言えば、去年私は何度か、ロズベルグは禅に走れとか、永平寺が待っている的なことを言っていた。

結構、ドットとドットは繋がるのかもしれない、それでなかったら、100匹目のサル効果なのか。

それにしても、今年の成績が良くなったのは、京都に行ったからだと言っているところを見ると、去年の日本グランプリの前後に行った、もしくは冬の間に行った。そのどちらかということになる。

去年の日本GP以降の成績を見ると、ロシア(リタイヤ)、アメリカ(二位)、メキシコ(一位)、ブラジル(一位)、アブダビ(一位)。終盤の三連勝には、禅のパワーがあったのかもしれない。

禅と蝉は字が似ているな。

どうでもいいけど。

ツクツクボウシは禅の法師なのか?

わからないけど、年々、野生の勘が強化されている気がする。

たゆまぬ分析の賜物である発言を野生の勘と言い放ったあの女性、お前ちょっとは考えろよ!!って感じです。

まったくね。

nice!(8)  コメント(4) 

バランスは爆発なのである。ニコも最終戦4位なら続けていたのである。泳ぐことに特化した魚が青物なのである。大型青物をこのセコリールで挑むのは天晴である。上手くいくのかねの巻である。 [お魚釣り]



レースカーでも、大切なのは、全体のバランス。

パワーを上げたら、シャーシーもそれに見合う強度が必要で、タイヤもブレーキも同じく強化しないとならないのである。

それを下敷きとして、このタックルバランスを考える。

恐らくラインは、VARIVASのアバニ キャスティングPE SMP[スーパーマックスパワー]8号で120ポンド相当の強度がある。55キロぐらい。

ラインはよくみたらバリバスじゃないみたい。よつあみのガリス・ウルトラキャストマンか。

で、竿(ダイワショアスパルタン)の推奨ライン号数はPE4~6。超えているけど、まあそれほど問題ない。

一番の問題はリール。恐らくクレスト

ラインのキャパが足りないとかじゃなくて、最大ドラグ力だ。ぎちぎちに閉めても6キロまでしか耐えられない。あとは滑り出して、止まりません。無理やり止めたら、壊れるかもしれない。なにせ、樹脂リールだから。

ポイントの店員さんの脳内を探ると、「ウッシッシ、このお客、今度は最低キャタリナあたりを買うだろう。発展性を考えるとこれぐらい買っておいたほうがいいですよ。」などと次回のセールストークを考えているとみた。

針もちゃんと結束できてれば、根ずれしない限り、ライン、竿は耐えられる。

どうなるかわからんけど、次回も失敗して、動画を引っ張る魂胆かとも考える。

ソルパラで釣ってほしいんだけどな。

装備万端だと釣り番組と変わらなくなっちゃうぞ。

思いっきり訛って、暴れろ、しかし。






nice!(7)  コメント(6) 

フォルクルがまた手に入ることになったぜよ、販売するのはゼットですがねの巻 [Other Sports]

ゼット株式会社 ニュース&トピックス ニュースリリース ドイツの老舗ラケットメーカー
『Völkl(フォルクル)』 国内総販売代理店契約を締結しました。 http://zett.jp/news-topics/newsrelease/newsrelease_20160728.html

ゼット株式会社は、ドイツの老舗メーカー『Völkl(フォルクル)』のテニス関連用品の販売に関し、マーカーフォルクルジャパン株式会社と売買基本契約を締結し、2016年秋冬シーズンモデルより本格展開いたします。


テニス好きは知っているが、使っている人はあまりいないのがフォルクル。だから私は結構このブランドが好き。

その昔は、東欧系の選手が使用していたのがフォルクルである。

どうでもいいけれど、フォルクルのブランドを所有していたのは、アメリカのJardenでしたが、そのJardenも、ラバーメイドのNewell Brand Inc.に買収され、今はNewellの傘下にある(Penn ReelもColemanもね。コールマンのクーラーボックスとラバーメイドのが統合されると思う今日この頃であります)。

日本はとにかく守ろうとして、企業を腐らせてしまう。産業革新機構などいらないのだ。

古い名門を延命させれば天下り先がしばらくは安泰である、なんて考えから脱却して、ベンチャー重視の支援に切り替えるのだ。

安部ちゃんの周囲にいるのが経産省の輩で、クールでない奴が策定したクールジャパンも経産省、カジノ法案など、安部ちゃん、サミー、サミーの娘と結婚した元経産省の役人がつるんで行っている利権の塊。安部ちゃんが絡んでいると高橋洋一さんは何かと応援する(←この人は結構わかりやすい)。

世界に先駆けて、変わっていこうよ、ホトトギス。

変わりたくないために、現状がうまくいっているなんて言う官僚など放っておいてさ。

シロアリファーストから国民ファーストに変えていくのだ!!

という感じに、一人意気込んでおります。

フォルクルについては、この動画でも見なさい、ばいなら。







nice!(5)  コメント(0)