So-net無料ブログ作成
F1 driver's analysis ブログトップ
前の10件 | -

Pastor Maldonado [F1 driver's analysis]

あり得ないと思ってた男が初優勝を飾ったので、一応記念に、ドナドナドーナ、マルドナドーナって感じで研究に入りたいと思います。

パストール・マルドナド 1985年3月9日 ベネズエラ生まれ。 パストール・マルドナド - Wikipedia

同じ日に生まれた人 鉄道王のリーランド・スタンフォード ルノー日産アライアンスの会長兼CEOカルロス・ゴーン 愛知県知事大村秀章(大化けするかもね)



宇宙の探求者 ■長所■ 直観が鋭い 予知能力がある アイディア豊富 ■短所■ 自分を犠牲にする癖がある よそよそしい ストレスを溜めやすい


この辺は、私と共通する「魚座2期」の人の特徴。ちなみに私の場合■長所■ 個性的 周囲に人が集まる 
直観が鋭い 

3月9日生まれの人は、物事の概念をとらえるのが巧みで、想像力も豊かです。自分を取りまく宇宙を理性、肉体、感情、精神など、さまざまな手段を用いて研究し、探求することに関心があります。何にでも興味があり、どんな問題でも根本がわかるまでは満足できません。


研究や探究心の強さは、どの世界においてでも他者との違いをもたらす。共産主義者や社会主義を信奉する人にとっては「特別」とかと言う言葉は嫌いだろうけど、自然に何者かに突き動かされて「特別」な道を歩むものを止める権利はないと思う。レースも、実社会も競争であるのだから

第六感の命じるままに、一見筋の通った常識的なものに逆らうという困難な道を選ぶ場合も多いのです(とくに人間関係や、人生における重大な決定をする場合)。地に足がついていないと非難されることもありますが、じつは、現実世界がどのように動いているかについてはよく理解しています。そのうえ、与えられた状況を通して、その本質や潜在的な力まで見とおすことができるのです。奇人変人といったレッテルを貼られても、普通の人より高尚で超然としたものの見方ができる人です。そのため、すぐれた助言者になれるでしょう。助言を求める人が、これまで考えたこともないようなユニークな意見を出せるはずです。


ルノーエンジンにばかり注目が集まっていますが、車を開発する上でマルドナドは、ウィリアムズの躍進に力を与えているのかもしれない。ブルーノ・セナとのパフォーマンスの違いを考えると何かがありそうです。

引用文献 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店


もっと詳しく知りたいなら、お魚さんを鈴なりに釣ってごらん(全部の針にかけるのだ~)。サンタさんがプレゼントしてくれるかもよ!!

果報は、食って寝て待て。

って感じでばいなら。

nice!(2)  コメント(4) 

Kimi Raikkonen [F1 driver's analysis]

F1界に、颯爽と出戻ってきた、凍えるほどクールな人、それがライコネン。

ピレリの魔術の只中で、オーバーステア好きが、大活躍できる保証は無い。すべてはクルマ次第で、タイヤへの理解度を深められるかが雌雄を決する。

と言う事で、今シーズンのある意味目玉。

サスペンションはしなやか、その辺どうなんだろ。

キミ・ライコネン 1979年10月17日 フィンランド・エスポー出身(J.J. レートと同郷) ロータスより2012年シーズン参戦。

さて、分析開始。

と、その前に言っておくけど、ライコネンと門あさ美さんは、同じ誕生日。超記念日的な歴史に刻まれし、ハッピーバースデー。

引用開始

バランスの危うい人(F1ドライバーなのに)

■長所■
自信がある 立ち直りが早い 大胆
■短所■
自信過剰 無謀 頑固

10月17日生まれの人はまるで猫のようになんとか自分の足で着地することができます。どんな困難や危機に直面しても、まっさきに保とうとするのはバランスです。バランスをとること自体は簡単でも、問題なのは本人がきわどい賭けをするのが大好きなことでしょう。

2つのタイプがあります。1つはもの静かで、なにごとにも動じない落ちついたタイプ、もう1つは向こう見ずで、危険のない人生など退屈そのものだと考えるタイプです。後者は生死にかかわるような危険を平気でおかし、いかに大きな勝利をおさめるかに夢中です。

自分の才能を表現することにかけてはじつに大胆です。

【健康】
健康面で明らかに問題なのは、本人が危険に惹かれることや健康に対する危機感がないことです。事故をくりかえしているうちは、腰と内臓のトラブルが耐えません。

引用終わり

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店



一般的に、北欧出身者は、アクセルコントロールが上手い。なぜならば、低速でタイヤがスライドを起こすので(ハイスピードで起こる感覚を低速で味わうことができる)。

昔、中嶋悟さんは、雪道で練習を重ねたらしい。それを聞いた鈴木利男さんも、えっちらほっちら、山奥に雪を求めて彷徨ったとさ。

一応、その甲斐もあって、F1ドライバーになったとさ。

一口スポンサーのラルース(当時はローラって言ってたけどね。ローラはシャーシー屋の名前)だったかな? 何GPか、スポットで走った。これを略すと、止めた。まだ時間が早いので!

最後に格言
雪道は、F1への近道な奥の細道

若人よ、雪を目指せ

<完>

nice!(4)  コメント(2) 

Daniel Ricciardo [F1 driver's analysis]

ダニエル・リチャルド


dr.jpg

1989年7月1日、オーストラリア・パース生まれ。

トロ・ロッソのサードドライバーとして、今シーズンのデビューを夢見ている新鋭です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%89

なんと恐ろしいことに、同じ誕生日のレース界のスーパースターが居りました。

kazuyoshi.jpg

控えおろ~、頭が高い!この方をどなたと心得る!先の日本一速い副将軍、星野一義公であらせられるぞ!頭が高い、頭が高~い、控えおろ~

まさか、これぐらいでは怒らないであろ~

私は、生星野一義公と面識ございませんが、あのお方は知っている。たまには、情報流しなさい。

それでは、引用開始

魂の解放者

7月1日生まれの人は、とても繊細なタイプ。有能かつ臨機応変で、同時に率直でもあります。我慢強く傷つきやすい心の持ち主ですが、権力、不正、抑圧などに立ちむかい、最後には勝利を収めることのできる人です。

男女を問わず憂鬱な気分になりがちで、往々にしてそんな自分の性格が最悪の敵になる場合もあります。仕事が順調なときも、人におくれをとるのでは、家庭がうまくいかなくなるのでは、などという不安がつねにつきまといます。親しい人やグループに対して、心とうらはらな態度を見せながら、ときには自分自身に対してひねくれてしまうことも。長所は付和雷同にならないこと。しっかりと目標を定めていて、固い信念とイデオロギーをもっていますが、別の角度から眺めたり、ほかの方法を探ったりする余裕もあります。また、深みを重視します。陳腐な答えや浅はかな意見には、すぐにうんざりしてしまうのです。

【タロット】
1日の大アルカナ・カードは魔術師。知恵、コミュニケーション、情報、そして魔力をあらわしています。7月1日生まれの人は、浅はかな幻影を抱くか、より高いゴールをめざすか2つに1つです。

引用終わり

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店

要するに、ダニエル・リチャルドは帰ってきた星野一義と言うこと。悩んで悩んで速くなる。と、いうことでいいだろうか。だって、金曜日しか走ってないから、これ以上分からないですよ。今後のご活躍を願う次第であります。

同じ日生まれの方々。

Deborah Harry / Diana, princess of Wales / Claire Forlani / Liv Tyler / そして、明石家さんま


nice!(3)  コメント(2) 

Sergio Perez その2 [F1 driver's analysis]

その1からの続き


1月26日生まれのセルジオ・ペレスさんは

大胆な挑戦者

■長所■
積極的 ドラマチック 自信に満ちている
■短所■
やけっぱち 横柄 衝動にかられやすい

1月26日生まれの人はとても議論好きで、大胆かつ攻撃的です。ゴールをめざそうとする断固たる決意とかぎりない自信にあふれていて、行く手に何が立ちはだかろうと負けません。不意打ちが得意で、好機と見るやすべてを駆使して攻撃をかけますが、やみくもに攻撃することはめったになく、入念に作戦を練る戦略家です。

また、激しい争いに惹かれ、どこで何が起きているかを察知するので、参加の機を逸することはまずありません。ただし、外部にばかり目がいってしまいがちなため、いつかはわが身を振りかえり、理性を取りもどして、刺激そのものを求めることにどれほどの価値があるのかをみつめなおす必要がありそうです。自分の内にある深い動機とニーズに目を向けないかぎり精神的成長は遂げられません。

【健康】
癇癪を起こしやすく荒々しい面があるので要注意。事故に遭いやすく、不穏なエネルギーを引きよせる傾向もあるようです。脚と足首はとくにトラブルに見まわれそう。けががのちになって血栓症を引き起こしたり、塞栓の移動が脳卒中につながったりする恐れもあります。

【瞑想のことば】
生きていくには調和が大切。

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店

[モータースポーツ]マイコメント 意外に顔は優男ですが、内面は企んでいそう。そうでなければ、F1まで上がってこれないのも、これまた事実。でも、事故には注意!!モナコ、スパ、鈴鹿などは、逃げ場が無いので細心の注意で臨んでね。

nice!(2)  コメント(0) 

Sergio Perez その1 [F1 driver's analysis]

SP.jpg

オーストラリアのレースをワンストップで走り切った、熱さと冷静さを兼ね備えた男、それがこの男。

セルジオ・タッキーニ、セルジオ越後に続く、セルジオの最終兵器であるところのセルジオ・ペレスさんです。

セルジオ・ペレス 1990年1月26日、メキシコ・グアダラハラ生まれ。

ちなみにグアダラハラがどこら辺かと申しますと、太平洋岸のバハ・カリフォルニア半島の突端サンルーカス岬のカルフォルニア湾を挟んだ対岸にございます。

この辺には、素敵なビーチ。アカプルコも近い。

アカプルコと言えば、ユーミンがアカプルコを妄想し作った曲、行っても無いのに行った気分になる名曲。

松任谷由実 『ホリデイはアカプルコ』



しかし、日本の方が遥かに経済大国なのに、景観は遥かに見劣りしてしまう。

なぜ?

なぜ?あなたは、トム・クルーズ似なの?

と言うことで本題に

と言いつつパート2につづく



nice!(1)  コメント(0) 

Rubens Barrichello [F1 driver's analysis]

rubens_barrichello.jpg


ルーベンス・バリチェロ 1972年5月23日、ブラジル・サンパウロ生まれ。要するにパウリスタで、バリスタで(←これは違う)、世界ナンバーワンのセカンドドライバー(←これはあってる。ペースダウンして、逃がす技は絶品)。

もう一人、F1関連の人が、いました。ジェラール・ラルースGerard Larrousse ローラとして知られていた、ラルースチームのオーナー。

エネルギッシュな伝達者

■長所■ 人を惹きつける魅力がある 説得力がある 意欲にあふれている
■短所■ せっかち 自分を犠牲にする癖がある 自己認識の欠如

5月23日生まれの人は、自分のアイディアをエネルギッシュに伝えることが得意です。朗らかで快活で、自然なセックス・アピールがあります。この日生まれの人は、なぜだか気になる存在です。人の目をひく不思議な魅力があるのでしょう。

この日生まれの人がスターの座を求めることはめったになく、グループの一員として働くことに喜びを感じます。(やっぱり、生まれながらのセカンドドライバー)

争いごとは避けますが、いつも問題の解決に駆りだされてしまいます。自分の問題を長く無視しつづけていると、あとで苦労します。(同じペースで走れるのに、二位に甘んじ、手柄は皆あの人が持っていった)

【健康】
手にけがをしやすいので要注意。

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店


同じ日生まれの女性 西川峰子、宮沢千絵、ときたやすこ、Jewel Kilcher、松岡璃奈子、松岡恵望子、太田千晶、歌原奈緒、渡辺夏菜

サッカー界 Daniele Massaro、平瀬智行、北嶋秀朗

テニス界 John Newcombe

政界 白井文


ヒュルケンベルグ、スター化計画のスタートした今、来期のシート確保が微妙になってきたバリチェロさん。ウェバーの代わりにレッドブルにセカンドドライバー契約で入れば、結構華々しく引退できる。この人と組めば、ベッテルも、ワールドチャンピオン間違いなし。

深夜1時からなので、時間もてあまし気味で、また読書タイムに突入する前に、NHKスペシャル観ます。

そんんじゃね、チャオね♪


nice!(0)  コメント(2) 

Nico Hulkenberg [F1 driver's analysis]

nico_hulkenberg.jpg


ニコラス“ニコ”ヒュルケンベルグ 1987年8月19日、ドイツ・ノルトライン=ヴェストファーレン州クレーフェ郡エメリッヒ出身。2009年度GP2チャンピオンで現ウィリアムズ所属。ブラジルGPにて、ポールポジション獲得。

それでは、ちょっと遅きに失したと言うか、やっとこさ花開いた、若き新星を探求しましょう。

周囲をあっといわせる名人

■長所■ 辛抱強い 自信がある 影響力が大きい
■短所■ 自信過剰 隠し事をしたがる

8月19日生まれには、自分のでも他人のでも、じっと伏せておいた情報をあとになってから公表するというところがあります(どこかのビルさんは、相当の好き物で、軽くですが身を滅ぼしました。ニコさんも、注意しましょう)。

野心満々で、こつこつと着実にキャリアを積みかさねるため、そして自分の評価を下げてしまいかねない弱点や軽率な言動を秘密にするため、細心の注意を払う人です。こういった努力を人知れず続けることで、社会の底辺から頂点に這いあがることもあるでしょう。

非常に複雑な個性の持ち主で、一筋縄ではいかないのです。

【ナンバーと惑星】
この日生まれの人は精神面の成長を強く望むでしょう。ナンバー1に支配される人は野心的で、束縛されるのを嫌います。

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店


同じ日生まれの女性編 長谷川真弓、鹿野京子、葉月まり、瀬長奈津実、西原亜希、穂積吉恵、西川風花

格闘技界編 Ricco Rodriguez

野球界編 立浪和義、Tyrone Woods

サッカー界編 Marco Materazzi(ジダンにチョーパン喰らった人)

テニス界編 Mary Joe Fernandez

実業界編 Coco Chanel

政界編 Bill Clinton


ウィリアムズは、今シーズン一杯で、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、フィリップスがスポンサーを降りる。若きニュースターは、スポンサー獲得に有利に働くでしょう。何か施したって事はないでしょうが、それにしても開き直った走りは素晴らしかった(青春って感じでした)。それに長期契約を結び、途中でトップチームに契約を売ってしまえば利益が転がり込む。まったく、こう言ったことはウィリアムズは上手い(もうトップチームになるのを諦めたのかな?)。

それでは、こんな感じで一応ばいなら♪

nice!(0)  コメント(2) 

Nick Heidfeld [F1 driver's analysis]

nick_heidfeld.jpg


ニック・ハイドヘルド 1977年5月10日、ドイツ、ラインラント進駐で有名な場所のメンヒェングラートバッハ生まれ。要するに工業都市出身です。エンジンのせいで可夢偉より遅い、と言っても、元々速いんだが遅いんだか分からない人なんですが、微妙に生き残って、出戻って、現ザウバーのドライバーです。ウィリアムズで二位二回、BMWザウバーで二位六回。最早、優勝も秒読み段階です。所謂ひとつの間近です。と、思います(一応、この辺で軽く笑っといて下さい)。




1人で行動する人

■長所■ 積極的 直観が鋭い 大胆
■短所■ 衝動的 自分のことだけに夢中になる 思慮に欠ける

5月10日に生まれた人は、専門分野で成功をおさめますが、グループの一員としてではなく、単独で活躍することが多いでしょう。広い意味で、人びとの師となる定めにあり、良いお手本になりますが、そのダイナミックさはそう簡単にまねできるものではありません。

押したり退いたりのタイミングが抜群で、邪魔者を倒すか、よけるか、強気に出るか、懐柔するか、一番いい道を本能的に察知するのです。強い直観(世界を把握するためには感覚や思考以上に大切です)の持ち主なので、それに従いさえすれば、たいていはうまくいきます。

才能には恵まれていますが、ときどき正しい方向を指し示してもらい、横道にそれていたら針路を正してもらう必要があります。目の前の問題に集中すると全体が見えなくなる癖があるからです。

【ナンバーと惑星】
5月10日生まれの人が子供のころに十分愛されなかった場合は性格が歪むこともあります。ナンバー1に支配される人は野心家ですが、5月10日生まれの人は舞台裏で働いたり、陰で人を操ったりしがちです。

【健康】
精神的な支えがないと生きていけないので、人間関係はくれぐれも大切に。本人は気づいていないかもしれませんが、この日生まれの人の健康は、思いやりのあるやさしいパートナーが見つかるかどうかにかかっています(どっかの武田さんに捧ぐ)。

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店


さて、ここからは、独自調査による、同じ日生まれの人々。

まずは、女性編です。橋田寿賀子、山口洋子、山口果林、藤あや子、Linda Evangelista 、草刈民代、田代尚子、キム・ナムジュ、イ・ヒョリ、多田亜沙美、佳原ゆみ、志田未来(敬称略)

お笑い界編。〝テツ and トモ〟石澤智幸

格闘技界編。カシアス内藤、天田ヒロミ

サッカー界編。Vanderlei Luxemburgo、武田修宏、Dennis Bergkamp

実業界編。 福原有信(資生堂創業者)、Sir Thomas Lipton(リプトン創業者)、上島達司(UCC上島珈琲社長)、大沢一彦(日本食研創業者) 単独行動と創業者。生まれ故郷に帰らないチャレンジャーな鮭に似ているかも?

政界編。扇千景、金正男



ちなみに、この日生まれの人は、私と相性がいいみたい。

ベスト 結婚
ワースト 恋愛

恋愛を経ずに、結婚しろと言うんでしょうか? 恋愛が最悪なのに、結婚がベストとは? 人生下駄を履くまで分かりません。ベッテルだって、ブラジルで勝てば分かりません。ジンクスだって分かりません。最近、難しい本の読みすぎで脳がイカレ気味です。脳のリフレッシュのため、あれを見よう♪

そんじゃ、またね。


nice!(0)  コメント(2) 

Fernando Alonso [F1 driver's analysis]

alonso.jpg


フェルナンド・アロンソ 1982年7月29日、スペイン・オビエド生まれ。スクーデリア・フェラーリのNo.1ドライバー(実質)。

査定の達人

■長所■ 観察力が鋭い 忠実 頭でっかち
■短所■ 自分の意見に固執する 身びいきが強い 自分を抑えすぎる

「7月29日生まれの人は、評価の名人。周囲の人たちの特質、可能性、徳性、業績を正しく評価します。…ビジネス、政治、軍隊といった競争社会に放りこまれた場合は、持ち前の洞察力で対する相手を評価し、値踏みすることになるでしょう。」(彼を知り、己を知らば、百戦危うからずの孫子の兵法みたい。これが速さと言うか強さの秘訣かも!?)

「グループを構成する人びとの性格や力関係をよく把握していますから、争い事が起きてもうまくさばけます。」(あんな酷い追い抜きをしておいてけろっとしているのも頷ける)

「個人よりも集団を優先させるせいで、個性の大切さをときには見過ごしてしまいがちです。」

【ナンバーと惑星】
「29日生まれの人は、ナンバー2(2+9=11、1+1=2)と月に支配されています。ナンバー2に支配されている人は良き同僚、良きパートナーになりますが、リーダー向きではありません。これはグループ志向の強い7月29日生まれにも当てはまります。」

【瞑想のことば】
「覚えておく必要はない。さっぱり忘れてしまおう。」

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店


さて、今度はどんな美人がいるか愉しみ。独自調査部門ファン・ビンビン(もちろん意味無い)

当然、ワールドワイドな美女界より 秋吉久美子、高木美保、Martina McBride、坂上香織、長谷川千夏 、梅田陽子、菅谷はつ乃BIBI、家志奈々江、葉山エレーヌ

お笑い界より せんだ光雄、立川談幸

格闘技界より 秋山成勲

野球界より 山田久志

レース界より 脇坂寿一(ごめん、国内レースさっぱりわかりません)

政界より Benito Mussolini、橋本龍太郎、志位和夫

素敵な女性のことを考え、一日が終わっていく。明日はどんな美女が待っているんでしょう。

そんなことを考えつつ、ばいなら♪


nice!(0)  コメント(3) 

Pedro de la Rosa [F1 driver's analysis]

de_la_rosa.jpg


ペドロ・デ・ラ・ロサ 1971年2月24日、スペイン・バルセロナ生まれ。ハイドヘルドにシートを奪われ、現在元F1ドライバー。日本で走ってたときは速かったのに、残念です。

犠牲がつきまとう人生

■長所■ 気前がいい あけっぴろげ 人の意見を素直に受けいれる
■短所■ 自分のことだけに夢中になる わがまま 変化にとぼしい

「2月24日生まれの人の人生の中心となるテーマは犠牲です。それは、さまざまな形であらわれます。」

「大きな目的を達成したり、グループの意向で自分を犠牲にしたりしたときに抱く気持は、至福の喜び、厳粛さ、さらには苦々しい義務感まで、さまざまです。喜びを感じる人は、自分の行為をひたすら信じ、人びとの喜びや幸せという報酬を得ます。」

「自分の信念や願いと妥協せずに全体の利益をはかり、親や社会を喜ばせる方法を探すことが大切です。」

「着実に前進すること、意志の力、決然とした行動、ガッツ、粘り ―― 大きな犠牲を払う前にこうした要素を養う必要があります。」

【健康】
性生活の快楽に身をまかせて怠惰な生活を送りがち。坐ってばかりいる生活からくる足や循環器系、リンパのトラブルには要注意です。自分を犠牲にしがちな性格と、悲観的な考えを抱きやすいことから、自分や他人に対して恨みや怒りをつのらせてしまうことがあります。」

出典 誕生日事典 著者:ゲイリー ゴールドシュナイダー・ユースト エルファーズ 出版社:角川書店


あまり、性格面からは直接速さに結びつくところがない模様ですが、同じ日生まれに凄い人がいます。
Alain Prost 1955年2月24日、フランス生まれ。四度のワールドチャンピオンであり、スムーズな走りで有名。
熱い走りというより、沈着冷静でポイント掻き集めた賢い主婦のようなイメージです。私の中では。(右京さん、琢磨君、これがあれば違っていたのに)
F1のテスト終えた後にF3と違うかと聞かれ「F3はパワーが無くて困ったが、F1はパワーがありすぎて困る。両方とも同じようなものだ」とか言ったらしい。(両方とも、4つタイヤがあるということでしょうか?)

では、お待ちかねの独自調査部門の発表です。

ほとんど興味はこれだけ、そう美女界より 佐久間良子、松本留美、Brenda(モデル)、パク・チョンア、奥井恵梨華、服部真由子、松坂紗良、岩佐真悠子、津田絵理奈、河辺千恵子、高橋まりの(モデル)、莉奈、ナ・ヘミ(モデルさんによくいそうで結構タイプ)

お笑い界より 太平サブロー、コージー冨田、立川志ら乃(たしか志らくの弟子。志らくは客を放っておいて笑う暇を与えてくれない突っ走り芸人。←これがヤツの欠点)

格闘技界より 中邑真輔

テニス界より 辻野隆三(松岡修造のライバルでワイフは荻野目洋子)、Lleyton Hewitt

実業界より Philip Knight(ナイキ創業者)、Steve Jobs(アップルコンピュータの創業者)

まあ、こんなところかな。

正直、シンガポールGPの予想は難儀してます。パフォーマンスも拮抗していて、狭い市街地コースでセイフティカー、そして雨降ったら…

日本グランプリに集中したいそんな気分です。


nice!(0)  コメント(2) 
前の10件 | - F1 driver's analysis ブログトップ