So-net無料ブログ作成
検索選択
Bahrain GP ブログトップ
前の10件 | -

2017年 バーレーンGPの決勝結果 [Bahrain GP]

2017_bhr_r_winner.jpg

2017_bhr_r_classification.jpg

今年のレースは、フェラーリ側からしたら、予選でメルセデスに肉薄してフロントローの一角を奪い取る。これが勝ちにつながる第一歩。

メルセデス側からしたら、予選でフロントローを独占して、レース本番ではスタートを決めて二台で飛び出し、レースをコントロール下に置く。これが必須。いままで自由に戦わせていたから、多少難しさはあるけれど、なんとかなるだろ?

どうも、ライコネン氏が扱うには、現状のフェラーリは向いていない模様。チームがベッテル中心になっていることがうかがえる。

それでも、もっと予選で拮抗して、まさかまさかの怒涛の追い上げで、ライコネンが勝つイメージだったのに…

フェラーリは勝ったけど、勝ったのは順当に、ベッテルでした。

野生の勘、今回は三位ボッタスのみでした。

二つは当てられたのに、おバカさんね。

てな、感じで、ばっはっはーい~♪

nice!(11)  コメント(2) 

2017年 バーレーンGPの予選結果 [Bahrain GP]



C9d1mi_XkAAT7wh.jpg

ボッタスがポールポジションを獲得。二番手にハミルトン、ということは、フロントロー独占。

セカンドドライバーに徹するのか、二台で突っ走るのか、それはちょっと読めない。

これはちょっと重要なんだけど…

オーストラリアで、ぐだぐだだったレッドブルの足回りも、何かよくなってきた感があるし、スタートで前に出られるとフェラーリは苦しい展開になるかもしれない。

フェラーリ、どうなるのかな。



アロンソのマシンにもMGU-Hのトラブルがあるとかないとか。これも外部に出たコンプレッサーとともに自由度が増し、新設計したと思われるパーツ。

ぶっちゃけ、ホンダが成功したのは、第二期のV6ターボ、NAのV10、V12だけ。

創業者を失って以降、パワーで圧倒したことは一度もない。

情熱はあるのかも知れないけれど、情熱に火をつける力が足らない気がする。

副燃焼室に、本田宗一郎氏の魂をぶち込み、炎を伝播させ、やる気で燃えたぎるよろしいなのだ!!

たるんだ奴には、スパナでゴツンと、頭使えバカヤロー!!

アイディアは無限なんだ。

本田さんの本読むといいよ。

安定志向の人の胸に響くかどうかはわかりませんが…



今日は、本格的にカルボナーラを作ろうと思っている。

だから、生クリームを買ってくるのだ。

アイスクリームでは、いけないのだろうか?

練乳も、駄目か?

流石に、わざわざ練乳買って試す気にもならない。

かき氷に、練乳。これは好きなんですけど…

まあいいか、また。

nice!(10)  コメント(6) 

バーレーンの決勝レース予想 2017年度バージョン [Bahrain GP]



予選では、まだメルセデスが速い。でも、レースになれば、フェラーリが強く思える、そこは砂漠の町、バーレーン。

とりあえず、

1st Raikkonen 2nd Vettel 3rd bottas

続くときは、続く。また。
nice!(9)  コメント(2) 

2016年 バーレーンGPの決勝結果 [Bahrain GP]

2016_bhr_winner.jpg

2016_bhr_r_classification.jpg

流れは確かに存在する。だが、フェラーリがスタートで先頭に躍り出るという流れではありませんでした。


真の流れは、気づいたらニコ・ロズベルグ

これこそが流れの本流だった。

ポールポジションを獲得せずに、開幕2連勝。ポールは獲らない方がいいのかもしれない。

私、流れを読み違えましたが、二つ当てました。

そんなことより、ハースのグロージャンが好調

予選が9番手で、決勝が5位。開幕から連続入賞。それでもメカニックはピット作業にもたつきがあったりして、若いチーム感がありありです。

メルセデスAMGの前身であるBARなどは、5、6年経っても、私たちは新参者だみたいなことをミスする度に言っていた。言っていたのは、ニック・フライさんでしたが。確実に、ハースはBARよりは早く成長するでしょう。

バンドーンさんも、10位入賞。できる限りのこととはしたので、まずまず。

こういう才能ある若手が競い合い、それにベテランが刺激され、好循環を生みだしていく。

ナベツネが君臨する日本は、なーなーの儒教社会にどっぷり浸かり、才能ある若者は潰される。悪循環しか生み出さない。

スズキの社長さんも、後継者のことなど心配せずに、任せなさい。

上手く行かなかったら、行かなかった。

得てして、駄目だと思っていたのが、大改革を行い再生への扉を開く。サッチャーみたいに。


日本の再生の鍵は、過去を捨て去って、若い人達だけで新しいやり方でやることだ。

先輩など否定すべし。

空気など読んでばかりいない、生きのいい若い人がいっぱい出てくる日本にしたいもの。

日本のレーサーも頑張れよ。

って、感じでバイナラ。

nice!(4)  コメント(4) 

2016年 バーレーンGPの予選結果 [Bahrain GP]

私は新しい予選を、そんなに悪いものだとは思っていない。

まだレイン状態で予選が行われていないから、それを見るのも楽しみだし。

雨によって得意不得意は多少出る中、ドライバーの能力が試させるアタックが見られると思う。

とは言っても、目論み通りのQ3最後の二台による走行は行われていない。lこれが行われるためには、フェラーリが後コンマ5秒短縮して、拮抗した状態にならないと駄目。

まだファンは目にしていない最後の二台によるポールを賭けたスーパーラップ。きっと、行われたら対応は変わる。だから、続けた方がいい。快感を得るには、退屈が必要なのです。

bhr_2016_polesitter.jpg

bhr_q_classification.jpg

と言う感じで、ハミルトンがポールで、ニコさんが二番手、三番手がベッテル。

決勝はロケットスタートもあるし、戦略で多少カバーできる。

ジェンソンさん期待していたのに、…

まだ上手く行かない、春だもの。


nice!(14)  コメント(0) 

バーレーンの決勝レース予想 2016年度バージョン [Bahrain GP]

まずは去年のタイヤ戦略から今年の流れを考えてみる。

ハミルトン(メルセデス) ソフト→ソフト→ミディアム
ライコネン(フェラーリ) ソフト→ミディアム→ソフト
ロズベルグ(メルセデス)ソフト→ソフト→ミディアム
ベッテル(フェラーリ)ソフト→ソフト→ミディアム→ミディアム

トップ10の戦略は、ソフト→ソフト→ミディアムがメイン。

他にライコネンと同じ戦略を採用したのはアロンソぐらいだった。

スーパーソフト→ミディアム→ソフトの2ストップだって、やろうと思えばできる。けれど、ミディアム引っ張る価値があるかどうか。

BAHRAIN - SELECTED SETS PER DRIVERS.jpg

フェラーリが何をしてくるのか、ソフトを7本持っているフェルスタッペンも気になる。ウィリアムズはスーパーソフトで、とにかくトロ・ロッソより前にだろうし。

色々考えられる。

でも、F1は流れが重要。

流れは、二台の赤いマシンが、メルセデスの前を走る流れ。

ということは、

1st Vettel 2nd Raikkonen 3rd Hamilton

ヴァンドールンの走りに注目です。

ヴァンドールンとか、フェルスタッペンとか、キレキレの走り見せてほしい。

こりゃたまらんは。

因みに、ベトナムにあるのは、カムラン湾です。

それがどうしたって感じで、ばいならです。



nice!(13)  コメント(6) 

アロンソ欠場で、GP2チャンピオンのストフェル・ヴァンドールン出場へ [Bahrain GP]

Surutteto_Unknown.jpg

ストフェル・バンドーン、フェルナンド・アロンソの代役でF1デビュー 【 F1-Gate.com 】 http://f1-gate.com/vandoorne/f1_30475.html

レーサーは速いだけではダメなのだ。

運がないと(金もだけど)。

ベルトラン・ガショーがガス噴射しなければ、ミハエル・シューマッハのF1デビューも遅れていただろうし、自分好みのセッティングもかなわなかったと思われる。

Stoffel Vandoorne、Vanはオランダに多いから、オランダの方からやってきて、ベルギーに移り住んだのかもしれないし。わからないな。

ストフェル・ヴァンドールン - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%B3

調べてみたら、スチールベルト式CVTを開発したオランダ人の名が、ヨーゼフ・ファン・ドールネ(Joseph Josephus Hubert van Doorne)

無段変速機 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E6%AE%B5%E5%A4%89%E9%80%9F%E6%A9%9F

まあ、F1は英国文化の賜物だから、英語風で落ち着くんじゃなかろうか。

津川さんは、相変わらずバーガーですが(バカじゃないよ)。

で、なんだっけ?

そうだそうだ、予選、決勝で、速さを見せつければ、確実にレギュラードライバーの椅子を確保できる。今のルノーに移籍しても仕方ないから、来年のシートだね。

ここが勝負なのだ!!

そんな感じが、するってーと、ファンドーネ。

バンドーン、バーレーン へ(←ヘ一応離しておいた)。

チャンスつかめよ、しかしなのよ。

nice!(1)  コメント(2) 

2015年 バーレーンGPの決勝結果 [Bahrain GP]

bhr_r_winner.JPG

これぞレースという言葉が脳裏に浮かんでくるような、緊迫感だった。勝ったのはハミルトンでしたが、今宵の主役はライコネンでしょ。

bhr_r_raikkonen.JPG

距離があり直ぐには抜けないだろうと思う距離を一周ずつ、じわじわとギャップをつめてくるライコネン氏。ロズベルグはBBWのせいにするが余裕があればオーバーランはしなかったはず。すべては迫りくるライコネンの影がオーバーランの発生の母です。

フェラーリの戦略は、ベッテルのはみ出し以外においては、すべて上手くいったように思われます。スタートでライコネンがロズベルグの前に立ったし。ベッテルはプッシュし続けたし。そして、最後にソフトタイヤのおいしいところでもってライコネン氏が光り輝いたと(もうちょっとで勝てた感もあり)。

bhr_r_raikonnen_overtake.JPG

bhr_r_classification.JPG

■バーレーンのレースを観た感想

メルセデスAMGとフェラーリの間にある差は、予選の一発における差が存在するのみとも言える状況となってまいりました。先週のこともあり、にわかには信じられませんが。

カナダでフェラーリが予定どおりのパワーアップを果たし、予選で争えるようになった時が、実力での勝利が計算できる時となる。

とは言っても、メルセデスにも、残された開発トークンがあるのです。



今回のレース、ほぼ予想通りの展開で、余は満足じゃ。

余と言えば、余貴美子さんですが、私はずっと彼女の名をあまりさんだと思っていた。

よっ、ばいなら。

nice!(7)  コメント(4) 

2015年 バーレーンGPの予選結果 [Bahrain GP]

bhr_polesitter.jpg

ハミルトンさんがポールを獲得するのは、今の流れでは当然だと思えるし、ロズベルグがフロントローに並べないのも当然とも思える。

フェラーリの一台が、予選二番手をゲットしたことは、おもしろいレースを期待するものに、最高のプレゼントになりました。

トップのハミルトンがスタートで飛び出しても、フェラーリが後ろについて追い掛け回すことができれば、何かが起こる可能性は大。

終盤に、ひやひやドキドキする展開になれば、最高よ。

ライコネンさん、ミスしないでおくんなさいまし。

メルセデスのハミルトンを二台のフェラーリが追いかける。色々できるだろうし、楽しみ。

とりあえず予想は順調です。

どうなるかわかんないけどね。

bhr_r_classification.jpg

nice!(7)  コメント(4) 

バーレーンの決勝レース予想 2015年度バージョン [Bahrain GP]

バーレーンの予選は、気温が26℃から24℃程度に低下する中で行われそう。天候は曇りで、砂は降っても、雨など降る気配は見当たらない。日曜は若干気温が高くなるけれど2℃程。

段々楽しくなくなってきた。

タイヤに非常に厳しいサーキットと言われ、特にリアに問題が生じるらしい。さらに燃費的にも厳しい。これで、気温が上がれば、スムーズなドライビングが生きてくるんだけど…

記憶の中のコースレイアウトが定かではない(基本的に、高低差が無くて、ランオフエリアが広いサーキット苦手なのでござる)。

でも、なんとなく、ライコネンがやる気がする。

いいんだ、こんなんで。当たるときは当たるのだ。

で、決勝の順位は、1st Hamilton 2nd Raikkonen 3rd Vettel

メルセデスAMGの一台にトラブルでも発生して、ファラーリは二台で追いかける展開になると終盤まで楽しめそう。そんな感じがする。是非そうなって欲しい。

砂漠のお星様に願いをこめて。

ばいなら。

nice!(12)  コメント(4) 
前の10件 | - Bahrain GP ブログトップ