So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年 モナコGPの決勝結果 [Monaco GP]

2016_mco_podium.jpg

このところのモナコのトレンドは、先頭を走っているものが、ピットインして負けている。

去年のハミルトンもそうだった。

こんな流れが今年も続くなんて…

2016_mco_redbull(2).jpg

今年は雨で、終盤にも一雨ありそうな展開で、考え過ぎてしまったのかもしれない。

チームというものは、勝ち続けているうちは、当たり前にできることも、勝ちに遠ざかるとできなくなってしまうものなのかもしれない(当然かもしれないけれど)。

でも、今回のモナコGP観ていて疲れました。

ハミルトンのタイヤどこまでって感じで、仕留めるのを待ち、いつも以上に集中して観てしまったからさ。

それが、それが、あるところに、おじいさんとおばあさんが…

う~ん。しかし、ワンストップで走りきれる、ウルトラソフトというのも、ネーミングに騙された感があり。

万全に勝ちを狙うには、ヤングドライバーが成熟して、フロントローを固め、戦略の多様性を確保するべきよ、とレッドブルの首脳陣様にご忠告を。

まあ、ドライだったらあまり起こらないことも、雨の読めない展開がドラマを引き起こしたということで、よござんすか?

マクラーレンを抜けない、ニコ・ロズベルグを見ても、これがモナコのレース。

コストパフォーマンス的に見た勝者は、ペレス。

ペレスの位置に、マクラーレン・ホンダやトロロッソがいてもおかしくなかったんだけど、フォース・インディアが来てしまったのも想定外の出来事。

モナコは難しいな~

2016_mco_r_classification.jpg

nice!(15)  コメント(2) 

2016年 モナコGPの予選結果 [Monaco GP]

2016_mco_top3.jpg

2016_mco_verstappen.jpg

ヤングボーイは若い。

勝つか、クラッシュかの人ではあるんだけれど。

あまりに、まとまり過ぎていては、伸びしろがないとも言えるので、しょうがないかな。

う~ん、でもワンツーできたのを考えると。

2016_mco_q_classification.jpg

明日のスタートの頃には、降水確率は70%前後から30%程度に落ちる。するってーと、路面がよくなる可能性もある。

80%はリカルドの勝ち。

スタートで飛び出せば、95%ぐらいリカルドの勝ち。

どうなるのか、モナコ。

てな感じで、また明日って感じです。

nice!(14)  コメント(2) 

モンテカルロの決勝レース予想 2016年度バージョン [Monaco GP]



ウィリアムズが勝つことが、ほとんどないのは、ほぼ確実である。

フェラーリはレッドブルに負けているし、トロロッソに負ける可能性もあるにはある。

マクラーレンは、調子が良ければ、予選で5、6番手につけてもおかしくないと思っていましたが、今の感じでは難しそう。

何となく思うことは、流れに従おうということ。

流れは、レッドブル。

勝つとしたら、…

1st Ricciardo 2nd Verstappen 3rd Rosberg

モナコの日曜は、雨っぽい。

朝から昼にかけて雨が降りやすく、段々乾いていくパターンとなりそう。

流石に、今回も勝たせるようなことはしないと思うから、これでいいのだ。

ばいなら。

nice!(3)  コメント(2) 

マックスはモナコマイスターへの道を歩むのか。あなたはだんだんモナコの天気予報が知りたくなる。そんなあなたに心を込めて、週末の天気予報ざんすよ。 [Monaco GP]

おはよう、全世界のフェルプス君。

早朝は、鳥のさえずりが町を支配する、爽やかなる一時、いかがお過ごしですか。

今週末は、クレイジーなモナコGP。

低速サーキットでありながら、速く感じる。まるで、上原浩治のようなモンテカルロ市街地サーキット。

コースの幅が狭いことが、サッカー専用競技場のように、雰囲気を特別のものにする。

日曜の決勝スタートは、現地時間の午後2時。

monaco weather 2016.jpg

刺激的な結末が待っているのか。

興奮しますね。

降るか降らないかは、わかりませんが、どっちにしても予選が重要なのは変わらない。

迷わず行けよ、行けばわかるさ、ざぁー!!とね。

それでは、また。
nice!(14)  コメント(4) 

2015年 モナコGPの決勝結果 [Monaco GP]

winner2.jpg

winner4.jpg

何だか分からないうちに、思わぬことが起き、トップを快走していたものが三位になってしまった。

でも、これがレース。

何で、ハミルトンをピットインさせたのか。

多分、万全を期すためだろうけれど。

こんなこともあるのだから、レースは分からない。

と言うことで、二つ当たった今日この頃でした。


crash.jpg

crash2.jpg

今日の影の主役は、フェルスタッペンなのかな。

彼はいいレーサーになる。

それだけは分かったよ。

それが今日の収穫です。

めでたしめでたし。

と言うことで、ばいなら。

錦織も、アンツーカーの全仏ガンバレ、ニイタカヤマノボレ

nice!(12)  コメント(4) 

2015年 モナコGPの予選結果 [Monaco GP]

mco_q_hamilton.jpg

mco_q_classification.jpg

しかし、ロズベルグは去年から同じ事を続けてしまう。

先に出るのを選んだハミルトンは、結果的に、安定してミスしない走りを見せ付けることになり、ロズベルグに無言のプレッシャーをかけたこととなった。

流れは、ロズベルグだったんだけど。

いやまだ、チャンスがある。

ハミルトンが、こければ。

でもここは、狭く抜けない、ガードレールジャングル。それでいて、レース距離も短いサーキット。



まあどうでもいいけど、遅くなったとは言っても、オンボードで見ると、彼らは狂っている。

違った意味で狂ってるのは、ウィリアムズ。

今年はもっとよくなると予想されていたが、フェラーリに大きく差をつけられ、それどころか今レースでは、マクラーレン・ホンダにも先を越された結果に。

予選までには修正してきた姿も今は昔。

悲しい。

nice!(9)  コメント(4) 

モンテカルロの決勝レース予想 2015年度バージョン [Monaco GP]

atamijanai.jpg

モナコは伝統的に木曜日に開幕するので、邪念が入り込み集中が難しい。

とは言っても、ここでは予選で、ほぼ勝負が決定してしまうサーキット。

一時期、豪華なクルーザーの大きさを競っていたけれど、大金持ちの新規参入も途絶え、代わり映えしない景色が広がっている模様。

F1は、ある意味、一年に一回の祭りだから、賑わいが必要。

賑わいとは、心さびしき者の精一杯の悪あがきである。

もっともっとと欲望が上を目指せと誘う。

悪あがきの表現系である煌びやかな花びらに、美しい蜜蜂が群がる。

ジェシカ・ミツバチ。

う~ん、またしても落ちなかった。

どうでもいいけど、バラク・オバマの任期。上がり続ける株価。サブプライム化しつつあるカーローン。

チキンレースの方は、置いといて。

ハミルトンがポール獲れば、そのまま行っちゃうだろうし。

予選で、ハミルトンがミスをしないと断言もできないし。

今回は当たる気がしないけど、流れに任せて。

1st Rosberg 2nd Vettel 3rd Bottas

あらっ、ハミルトンさんがいない。

どうなるかは、決勝レースで確かめて下さい。

バブルが弾けるとその余韻で、眩き肉体もまた弾け、女性はボディコンとなる。

時代は繰り返すのだ。

ばいなら。

nice!(6)  コメント(4) 

モンテカルロの決勝レース予想 2014年度バージョン [Monaco GP]

モナコの明日は、明日の風が吹く。

よって、降水確率は0%。

するってーと、ドライです。

でもね、日曜は雨の可能性があるという。

20%ですけど。

木曜の午後も、同じような確率で降ったので、降る時は降る。

ハミルトンがリタイアする映像が見える。

よって、

一位 Nico Rosberg 二位 Fernando Alonso 三位 Pastor Maldonado

当たる気がする。

問題は、マルドナド。

市街地コースは、速いんだけど。

壊れなきゃ、いいんだけど。

壊さなきゃ、かもしれませんけど。

nice!(6)  コメント(2) 

Monaco GP 2013 Race [Monaco GP]

mco_winner.JPG

モナコGP決勝レース

ここは、モナコ。

抜けない、サーキット。

忘れるでない。

そう言えば、モナコ当てたこと無かった。

ニコ・ロズベルグは、過小評価されているけど、速いんです。

やっぱり、二列目あたりにいて欲しかった、ライコネン(まだ言ってます)。

でも、勉強になりました。

来年には、忘れていると思いますが。

メルセデス優勝、バンザ~イ!!

ニコ最高!!

これで勘弁してください。

mco_r_classification.JPG

nice!(5)  コメント(4) 

Monaco GP 2013 Qualifying [Monaco GP]

mco_rosberg.JPG

モナコ予選

それは、小雨での始まり。

歴史は夜作られると言うが、現地時間は昼の二時。

路面が乾いたら、やはり速かった、メルセデスAMG勢。

ここのコースは、無理には抜けない。

前の車が明確に抜かせてあげようと思わない限り、抜けないサーキット。



メルセデスが一列目、二列目にレッドブル、三列目になって、ライコネンとアロンソ。

満タンになると遅くなってしまうメルセデスの片方が、さらにペース落して、ギャップを築かれてしまうと、流石にワンストップでも、勝てなくなる。

スタートでウェバーは、かわせるとしても…

メルセデスの聞き分けの良いドライバー次第かもしれない。

ハミルトンはバリチェロになれるかの巻でした。

mco_q_classification.JPG


nice!(3)  コメント(4)