So-net無料ブログ作成

2016年 ドイツGPの予選・決勝結果 [German GP]

ConXKeBXgAArt51.jpg

〈予選〉
1 Rosberg
2 Hamilton
3 Ricciardo
4 Verstappen
5 Raikkonen
6 Vettel
7 Hulkenberg
8 Bottas
9 Perez
10 Massa

2016_deu_podium.jpg

2016_deu_r_classification.jpg

〈決勝〉
1 Hamilton
2 Ricciardo
3 Verstappen
4 Rosberg
5 Vettel
6 Raikkonen
7 Hulkenberg
8 Button
9 Bottas
10 Perez

あまり予選の順位と変わり映えのしない決勝結果でしたが、大きく順位を下げたのが、ポールポジションを獲得したロズベルグ。

段々予知能力が冴えてきて、1コーナーを通過したのを確認すれば、1時間半後が予測できる。

普通にスタートできれば、普通に勝てたと思われるのに、普通に4位にポジションダウン。

プロスト的な小さなことからこつこつと戦略では、最悪2位に、つけないといけないレースだった気が。

残りのレース、ロズベルグさんにアドバイスをしたい。

2016年のワールドチャンピオンはハミルトンに決定した、そう思って走るよろしいと。

諦めがつけば彼は、無心になって速さを取り戻す。

去年の終盤戦のように。



ハミルトンが独走すると、観戦する意欲が無くなる。

意欲がなければ、元気が出ない。

元気になりたければ、レッドブルで、エナジーチャージ。

そういえば、レッドブルは思っていた以上に予選も決勝も速かった。これで、パワーが40数馬力劣っているという。

ホンダは何馬力劣っているのやら。

ということで、次は、8月26日からの、ベルジャンGP、日本でいうところのベルギーGPです。

高低差の聖地

ブラタモリの海外編はここだろうと勝手に想像している、スパ・フランコルシャン。

スパ好きです。

そんな感じで、またざんす。

nice!(14)  コメント(4) 

ホッケンハイムの決勝レース予想 2016年度バージョン [German GP]



ドイツの週末の天気は、金曜日以外は雨は降らない模様。となると、ますます、勝つチームが限られてしまう。

どちらが勝つかは、わかりませんが。

わからないといえば、こちらの人もわからない。よく日銀の黒田さんのことを天邪鬼とかっていう人がいる。でも、彼は財務省に、忠実に、消費税を引き上げられるように働いているのである。増税のできる下地作りのためには、バズーカを撃ってきたのである。

なにかやるのか。

サプライズ無くして、円高は止められない。

止めろーということで、

1st Rosberg 2nd Hamilton 3rd Vettel

祝梅雨明け。

カブトムムシも、ミヤマクワガタも、ノコギリクワガタも、ミンミンゼミも、ニーニーゼミも、アブラゼミも、田舎の猫は、夜中に、自販機の前で待ちかまえているという(セミは自販機の明かりには寄ってこないか)。

ハンターやな。

ばいなら。

nice!(13)  コメント(2) 

ホッケンハイムの決勝レース予想 2014年度バージョン(コピペミス修正対策済完成バージョン) [German GP]

F1は、テレビの放映権料で成り立っている、ビジネスモデルである。

だから、レースは刺激的でなくてはならないし、複数のチームが競い合い、終盤戦まで、緊迫感の持続する意外な展開がなくてはならない。

視聴率のためとは言え、シーズンの途中に、重要な構造部品であるサスペンションに変更を加えるのは、危険と言えば危険。

テストは行ったとは言え、万全ではない。

高速コーナーの通過スピードが低下している分、安全だと考えているのだろうけど、〝FRIC〟を使いこなしているチームは、このシステムを前提に開発をしている。

アクティブサスを禁止した年が、1994年。

今年は、2014年。

クラッシュ起きなければいいけれど…

レッドブルの持つFIAを潜り抜ける、フレキシブルフロントウイングが効果を発揮し、優位になるとの可能性も囁かれているけれど、リアのダウンフォースが欠けているのは変わらない(去年に比べて効果は少ないと思うのよ。他がダメすぎて相対的に優位性を発揮するというのもあるにはあるけど。)。

と、つらつらと考えておりますが、パワーユニットと車体の関係性から、まだメルセデスAMGに若干アドバンテージは残っていると判断できる。

よって、

一位 ニコ・ロズベルグ 二位 ルイス・ハミルトン 三位 フェリッペ・マッサ


ドイツ、結構高温になっている。予選の土曜が最高気温32度(日曜はいまのところ30度の予想ですけど)。日曜は、雨の確率40%これも気になる材料ではある。三位は、ボッタスの方が有利かもしれないな? どうなるかね。

nice!(4)  コメント(4) 

German GP 2013 Qualifying and Race [German GP]

ドイツGP予選


ハミルトンがポールポジションでした。

もうすでに、記憶が定かでないのですが、おさらいと言うことで。


ドイツGP決勝

deu_r_classification.JPG

それは、綺麗に晴れた、とある日の出来事でした。

タイヤの作法が厳しくなり、ケブラーベルトはしなやかで衝撃にも耐えられるようになり、総じて、安定志向にふられた。

そんなことは、どうでもいいのですが、気温が予想より高くなってしまったのが大誤算の始まり。

スタートで一台ぽっきりのハミルトンは、あっさりレッドブルの二台にかわされ、記憶から消えていった。

しかし、暑いと元気が出る。チューブの前田さんような、ロータスが現れ、活躍を始める。

後半盛り上がった、結構いいレースだったのかもでした。

そして、結果はベッテルの母国での初優勝

deu_r_sv.JPG

とは言っても、ドイツは連邦国家で、都市国家の歴史も長いから、あまり意識はしていないかもしれない。



さて、ハンガロリンクは偏西風の蛇行の影響で、異常気象真っ只中。

本当に40℃になったら、いろんなことが起きそう。

可夢偉、初優勝。

それは、あり得ない。

そう言えば、リカルドの昇格が決まったと、タキ井上氏が発信しておりました(まだ未確認情報)。

相当頑張らないと1年で消える可能性もあるので、これからが大切です。

リカルドさんがバリチェロ化して早々に、タイトル確定し、つまらないと言われたら、マテシッツさんは考え直すかもしれない。

どうしたらいいのだ、リカルド。

戦うしかないか、リカルド。

因みにリカルドさんは、星野一義様と同じ誕生日。

持ってるのかもね!!

nice!(3)  コメント(0) 

ニュルブルクの決勝レース予想 2013年度バージョン [German GP]

ニュルブルクリンクと言えば、2004年物の佐藤琢磨(ヨーロッパGP)。

攻撃的な男の似合うサーキット。

と言うことは、何かい?

マルドナドかい?

持参金の大金をもってしても、ウィリアムズは、思ったように走らない。

それが、ケブラー(アラミド繊維)ベルトのタイヤで、変わるかもしれない。

多分、それはない(雨が降らないと)。

恐らく

一位 ハミルトン 二位 ロズベルグ 三位 ウェバー

決勝は、晴れで、気温は25℃ぐらい。

タイヤ平気そうな気がするんよ、しかし。

ベッテルって、リタイヤした次のレースで、どんなパフォーマンスを見せたのかが気になるけど…


nice!(6)  コメント(2) 

German GP 2012 Race [German GP]

ドイツGP決勝

deu_r_time.JPG

アロンソさんが今期3勝目を飾りましたが、今回はハミルトンとバトンに助けられ、ギリギリまで追い詰められなかったので勝てたともいえる。

ベッテルはもっと、中盤から後半にかけて、アロンソにプレッシャーを掛けたかった。

そうすれば、終盤にアロンソをパスできた可能性がある。

でも、これがレース。

本当は、マクラーレン勢がしたことをマッサさんがしてくれると、アロンソさんは楽に勝てるようになるのだけど。

よく考えると、最近のアロンソさん、レース終盤で先頭集団を走っている。

ある時は保て、ある時はずるずると抜かれながら(プロストみたいなポイントの獲り方だ)。



今後の展開としては、ドライでの予選争いに注目。

レッドブルの疑惑のエンジンマップ問題でひょっとすると、予選の速さが変わる可能性のあるし、タイヤに厳しい状態になる可能性もでてくる。

マッサさんが予選で、常に4番手ぐらいに飛び込んでくれば、フェラーリの運気はさらに上昇。

可夢偉は、もっと傲慢になって、ザウバーを自分中心のチームにした方がいいのかもしれない。

タイヤに負担にならず、スピードもある。だけど、スタート位置が悪過ぎる。

もう直、チャンスが来そうな気がするんだけど。


nice!(3)  コメント(4) 

German GP 2012 Qualifying [German GP]

ドイツGP予選結果

一応、私のメモ用に一筆したためておかないと、忘れてしまうので、すまんこってす。

晴れと言えば、雨。

山と言えば、路面は川。



アロンソ
          ベッテル
シューマッハ
          ヒュルケンベルグ
マルドナド
          バトン
ハミルトン
          ウェバー
ディレスタ
          ライコネン
リカルド
          小林
マッサ
          セナ
ベルニュ
          コバライネン
ペレス
          ペトロフ
ピック
          グロージャン
グロック
          ロズベルグ
デ・ラ・ロサ
         カーティケヤン


nice!(2)  コメント(0) 

Expectation of German GP 2012 [German GP]

ドイツGP決勝予想

msnの天気予報では、Practice 3及びQualifyingの降水確率が98%で、ほぼ晴れは期待できそうに無い。

雨の予選で速くても、日曜は降水確率15%だから、嫌な記憶が呼び起こされてしまう(のってる時のウェバーさんは怖いんで)。

これを防ぐためには、ナンバー2のドライバーの役割が大きくものを言う。

要するに、予選フェラーリのワンツーなら、アロンソが勝つこともある。でも、マッサさんが予選3列目とかだと難しい。

今回は予想が難しい。

よって捨て身の大ギャンブル作戦決行。

一位 ミハエル・シューマッハー 二位 小林可夢偉 三位 フェルナンド・アロンソ


次回からは、遅れずに金曜午後6時にセットしておきます。

これで当たったら大したものであるけど、そうは行かないだろう。

幸運を祈る、私に!!

ばいなら。
nice!(2)  コメント(2) 

German GP 2011 Race [German GP]



winner4.JPG

ジェンソンは、どこ行った?

twindrive.JPG

でも、タイヤの温まりの悪いフェラーリが唯我独尊で、自分たちが世界の中心だ的なレースしだしたら、面白いと思うんだけど。

相手の出方など、どうでもいい。

ウェバーがピットに入ろうと、川井ちゃんが「アンダーカット!」と叫んでもどうでもいい。

ところで、F1放送のメンバーも変わらない。

今宮さん、川井ちゃん、森脇さん。

後継者育てなくていいのか?

その前に、電気F1になるから、このままでいいのか?

なんなら、ジャニーズの若手でも出すけど、それでもいいのか?(それだけは、いやだ! いいや、このままで)



今回は、割りに序盤から白熱したレースで、楽しめました。

当たらなかった時は、サラッとサイナラ。

本格的に当たらない不調の夏が訪れようとしています。

まあ、こんなもんだよ!ばいなら

nice!(4)  コメント(4) 

German GP 2011 Qualifying [German GP]

ドイツGP予選結果


deu_classification1.JPG


ポールはなんだかんだ言って、ベッテルだろうと思いましたが、さもありなん(日本語合ってるかな?)。

コースとの相性というか、自信があるときのウェバーさんは風格がある。

明日は、程度こそ、わかりませんがほぼ雨。

できれば、スタンディングスタートで

フェラーリ勢は出だしで

ベッテルとハミルトンは仲良くで

こんなレースを期待します。

deu_classification2.JPG


雨はジェンソン。
ジェシカは、いなさそう。
駄目かな?


バトンのためにCM追加しとこう♪





nice!(2)  コメント(4)