So-net無料ブログ作成
Singapore GP ブログトップ
前の10件 | -

2017年 シンガポールGPの予選・決勝結果 [Singapore GP]

2017_sgp_polesitter.jpg

2017_sgp_q_classification.jpg

予選は、予選の風が吹く。ベッテルがポールで、フェルスタッペン、リカルド、ライコネンと続く。フェルスタッペンは完走率が低いから、ほぼ予想通りに決勝は進むであろうと男は思い込んでいたのだが。

2017_sgp_podium(2).jpg

2017_sgp_r_classification.jpg

それが日曜日になり、様相は一変した。

路面が黒光りしているのだ。

そして、がっちゃーん、ばっこーん、くるりんぱ。

まあこうなるのも、雨が降った路面で、路肩は汚れで滑りやすい。そのような状況で起こったのだ。

可能性としたら、あるにはある。

今回、天気に関しては、わからなかったから。見ておけばよかったと、思ってみたり。

勝てるレース(スパ・モンツァ)でしっかり勝ってきたハミルトン。勝てるレースで、ポイントを得ることができなかったベッテル。これは後々響いてくるよ、お客さーん

そして、あなたは、だんだんスペック4。

ほとんど興味は、スペック4。

スペック4が、鈴鹿スペシャルだということはわかっているが。登場するのは、いつかはわからない。グリッドダウンがあるならば、次戦のセパンで消化する。なにもなければ鈴鹿でデビュー。

高速性能さえ確認できれば、私は満足じゃー


そんなことより、スーザン・ケインの『内向型人間の時代』に、「ドーンは経験からして、外向型の顧客は報酬に非常に敏感であり、対照的に内向型の顧客は警告信号に注意を払うと言う。内向型は欲望や興奮といった感情を調節するのがうまい。彼らは損をしないように自分を守る。」などとあった。

興奮を求めすぎるから、崖から落ちる。

今、住宅バブルパート2が、局所的に、起きている。

もっともっとは、千昌夫のもと。ダイエーとも言える。

空気を読んで、みんなで落ちれば怖くない。

俺は嫌だな。勝手に落ちろ、ダァー!!てな感じで、ネクストレースは9月29日からの、マレーシアGPでござるよ。

nice!(5)  コメント(4) 

マリーナベイの決勝レース予想 2017年度バージョン [Singapore GP]



ここでの主役は、どっちになるのか。フェラーリなのか、レッドブルなのか。

普通に考えると、メルセデスはない。

そのメルセデスは、フランクフルトのモーターショーで、GLC F‐CELLなるプラグイン型の水素燃料電池車を登場させた。プラグインということは、バッテリーも積むということになるのか、しかし。

水素は、ある意味揚水発電と同じである。水素は電池なのだ。直感的にはわからないだろうけど。

ナイトレースの勝者が、誰になるのかも、わからないな。

考えてもわからないから、こんな感じにしておこうかな。

ということで、

1st Vettel 2nd Ricciardo 3rd Raikkonen

電気自動車に流れが傾きつつあるときにも、水素の燃料電池車にも、はっておかなければいけない。

南米の果てから水素を輸入するとか、その他にも、プランはある。今は詳しく言いたくないが。あの場所より、もっと有望な場所だってあるのだ。あそこより近くに。

だから、やる気になれば、水素はどうにかなる。運搬手段は、トルエンに溶かし込む(これもどの程度実現可能性があるのかわかりませんが)。

資源のあるアメリカが燃料電池をやるとは思えないけれど、資源の無い国なら、水素自動車も可能性はあるにはある。

資源価格とかのこともあるし、まだ何とも言えない。

ただ、色々と未来について考えてはいる私でした。

それでは、皆さま、ばっはっはーいです。


アロンソはルノーのPUで満足できるのか。またもや、トラブル連発したら、どうするんだ、搭載するものがどこにも無くなるぞ。アロンソさんは、一年間アメリカ修行の旅をするといいと思うのですが… どうなるかね。

nice!(5)  コメント(2) 

2016年 シンガポールGPの予選・決勝結果 [Singapore GP]



男は寝てしまって、ナイトレース観ていない。

それでも、大体想像通りに進行して、予選はロズベルグ→リカルド→ハミルトンてな感じであった。

決勝結果も、この順番で。

ナイトレースといえば、マレーの虎の山下大将は、シンガポールを攻めるとき、ジョホールバールの方向から東に向かって、夜にトラックを走らせた。手が込んでいるのは、大群が移動していると見せかけるために、行ったり来たりして帰りは、無灯火で移動した。孫氏の兵法かという古典的な技に騙され上陸地点を見誤ったイギリス。

産業革命でリードしたが、後進国のドイツ・アメリカに追いつかれ、植民地を失ったことでプライドだけが残された。

この時のイギリスで起きていたことは、今の日本のように政官財が癒着して、高コスト体質に陥り身動きが取れずにいた。

古い体質の企業を国が守るため効率化など進むはずもなく、かといって新規参入は防がれているためプレーヤーは変わらない。

ここで現れたのがマーガレット・サッチャー。

サッチャーの登場も、油断が招いた出来事だった。どうせ女に何もできるはずがないと選んだら、実は改革者だったのだ。同じようなことは、神聖ローマ帝国のハプスブルグ家にもいえること。

なめちゃいけないのよ、ロズベルグを。

ここまで、話をつなげるのに多少考えてしまった。

でも、頭の回転だけは、抜群にハイレスポンスなので、なんとかなったわい(わいとかいう人じゃありませんが、ここは成り行き上、別人格が登場いたしました。多重人格者かお前は? 二重国籍ではありませんが、あんなバレバレのスパイというのもいないだろうと思いますが、野田佳彦と蓮舫で、解党までまっしぐら、いつも以上に突っ走ります)。



次戦は月末30日からの、セパンで行われるマレーシアGP。

それでは。

nice!(3)  コメント(4) 

マリーナベイの決勝レース予想 2016年度バージョン [Singapore GP]



一番気になるのは、雨がレースの時間まで降り続いてしまうのかと言うことではなくて、ちゃんとナイスなスタートが切れるのかどうかと言うこと。

レッドブルのモナコでの走りを見ても、ここでいい線行くのは間違いないとは思うけど、トップになるかはわからない。

わからないものは、わからない。

どうして、汚染物質まみれの豊洲に移転を決めたのか、その経緯もわからない。

開場した後も、水位をコントロールしたりし続ける、炉心溶融した原発のような場所なのに。

当地の知事は、石原慎太郎。東京ガスの社長は、上原英治

両者につながりがあるとすれば、一橋大学

何があったかわからないけれど、大井ふ頭の大田市場にしておけば、コストは抑えられたのに(抑えられたら利権のうまみは無くなると)。

わからないけど、

1st Rosberg 2nd Hamilton 3rd Ricciardo

個人的には、レッドブルに勝って欲しいのですが、スタートミスとか、タイヤの内圧の不具合、FRICもどきの油圧システムの故障などがメルセデスに起こらないと勝てないと思いまする。

クズみたいな東京ガスの土地を高値で買い取った様や後のオリンピック招致活動に見る企業との癒着、石原家の闇と都庁の北条高時と化したゆるみを正す為に、いざ鎌倉的に、いざ西新宿なのだ。、

小池さん、思い切って変えちゃってください。

やっちぁえ、小池さん

都庁の天下りしか考えてない役人なんて、バイナラなのだ。

というわけで、それでは、また。

nice!(7)  コメント(4) 

シンガポールの週末のお天気予報 2016 [Singapore GP]

singapore weather 2016.jpg

これはやはり、エルニーニョではなく、エルサムライでもなく、エムザ有明でもない。ラザーニアみたいなラニーニャの影響なのかもしれない(単純なスコールかもしれないけど)。

でも、予選は21時、決勝は20時、それぞれ現地時間スタートだから、できるにはできる。

ただ、路面のラバーは、あばよーよ。

どうでもいいのだけれど、豊洲の問題で、そもそも盛土の上には建てないものだと、有本香さんや夏野剛が言っていた。

でも、豊洲なんて元々埋立地で、全体が盛土とも言えるんじゃないの?

あそこが元々陸地ならわかる話なんだけど…

地盤沈下しないように土壌改良とかあるし、そもそも岩盤まで杭を打つ、揺れちゃうんだよと夏野氏は言うが、埋立地は地震とかで、いつも以上に揺らしておりますになるのさ。

溜まった水から、化学物質が検出されたら、都庁の役人が重力と地盤の固さを確かめるために、高い場所からダイブして涅槃で待ちそう。

役人は表に出ることを嫌う。デリケートな記憶能力だけ突出したウドなので、文春さん攻撃しないでください。

そもそも、石炭からガスを製造していた東京ガスの跡地に、移転しようと言い出したのは誰なんだ!!

よく考えると、築地とは、土地を築くということ。しがらみと呼ばれる杭を打ち込んで盛土したものざんす。

市場は、盛土に始まり、盛土に終わるんだ、バカヤロー、お客さーん。

という感じで、御機嫌よう、ばいならです。

nice!(3)  コメント(2) 

2015 シンガポールGP 決勝結果 [Singapore GP]

sgp_winner.jpg

sgp_r_classification.jpg

スタートでも波乱がなく、物事が粛々と進んだ時のベッテルさんは強い。

空力に優れたマシンを操っていなくても、彼がレースを支配してしまうとこうなる。

ブレーキ・バイ・ワイヤーに馴れてしまった結果なのか。


それよりも、今週末には、鈴鹿で日本GPが行なわれる。

この短い時間で、メルセデスAMGは内圧の変化による車体のバランスを修正できるのかに、鈴鹿でのパフォーマンスが決まると思っている。

何となく見える。

薄っすらと、ぼんやりとですが…

マクラーレンがギアボックスを壊す。

アグリさんなら、駆動系と言うはずだ。

どうでもいいけど、もうちょっとパッションが欲しい。

まあそんなところで、ばいならなのだ。

nice!(10)  コメント(4) 

2015 シンガポールGP 予選結果 [Singapore GP]

vettel(2).jpg

sgp_q_classification.jpg

メルセデスAMGは、内圧フェチであった。

意外だった。

なんとなくわかっていたからこそ、イタリアGPで、こっそり内圧を上げていた訳だ。

そうとは知らず…

こんな展開になったら、フェラーリとレッドブルの死闘を見るしかない。

レースペースで優るレッドブル。

ブロウンディフューザ時代の走りを取り戻したベッテル。

そして、三番手につけているライコネン。

ライコネンのスタートがフェラーリの勝利の確率を引き上げることになりそう。

ライコネンは熱くなってはいけない、アイスマンなんだから。

クールにスタート決めるよろしい。

雰囲気はすこぶるよろしいサーキットだけど、平坦なストリートサーキットは、夜中の農道。

迷子にならないよう決勝レース見届けます。

ほんとかね。

ばいなら。

nice!(12)  コメント(6) 

マリーナベイの決勝レース予想 2015年度バージョン [Singapore GP]

men's polo.JPG

絶好のマクラーレン・ホンダが活躍できるグランプリがやってきた。

とは言っても、トップ争いは出来ませんが…

ハンガリーでも1秒、差があったからね。


singapole weather.JPG

シンガポールの天候は、晴れのち曇り。気温32℃ レースの時は28℃程度で問題なし。

いい気温なので、明日の朝、ランズエンドの厚手のバスタオル全部洗ってやろう、お客さ~ん!!

ラルフローレンのコットンセーターも洗ってやる。

デッドストックのジーンズは、これはこれで洗わない。

いい加減サイズの合わなくなったジーンズはヤフオクとかで売った方がいいのかな?

そうすると、眺めて楽しめなくなるけど。

写真撮っておくか? 写真は撮らない主義で、その時を楽しもうという主義なんで、リバタリアン悩む。

スニーカーはその点、ウレタンが加水分解して、湿ったクッキーみたいになってダメになるからいいんだけど(スニーカーは保存するものじゃないよ)。

コットンは結構しぶといから。

ということで、

1st Rosberg 2nd Hamilton 3rd Raikkonen

今度こそ、ライコネン、スタート決めるだろう。

このレースでの注目点は、レッドブルとマクラーレンのタイム差。

MGU-Hは、ここではさほど関係ないだろうから、アロンソの言うレッドブルの次に速いコーナリングを見定めたい。

そんなところであります、ばいなら。

nice!(9)  コメント(6) 

2014 シンガポールGP 決勝結果 [Singapore GP]

sgp_r_classification.JPG

このところ、私は冴えている。

凄いな、、相変わらずって思ってたんだけど。

最悪、二列目までに、アロンソさんがいれば、勝つチャンス大いにあると思ってたんだけど。

アロンソのあのスタート見た? 三列目からの。ちょいオーパースピードの。

二列目からだったら、トップに立てたんじゃないかな?

でも、ハミルトンが隙を見せなければ勝てないと。

正直、そう思います。

sgp_lap56.JPG

sgp_winner.JPG

ロズベルグがダメになるだろうというのは当たった(リタイアするとは思わなかったけど)。

これでベッテルが今年初の二位。

その上を目指したいけれど、その前にグリッドダウンがある。

残り五戦。

ミスが出来ないという焦りが、スタートの失敗の母となる。

結構、鈴鹿であるかもしれない。

ばいなら。

nice!(4)  コメント(4) 

2014 シンガポールGP 予選結果 [Singapore GP]

sgp_q_classification.JPG

sgp_alonso.JPG

メルセデスAMGの二台が速いのは当然として、二列目は恐らくQ2までの調子からしてフェラーリだと男は思っていた。

ライコネンまでも速い、フェラーリ。

これは本物だ。

いけると思ったのに。

そう上手くは、いかぬもの。

レッドブル勢が割り込んでまいりました。

僅差でも、このコースに前を走っているのがいると、邪魔でメルセデス勢に逃げられてしまう。

でも、幸いにして奇数グリッドは、永遠の証のダイヤモンドではなく、汚れていない証のフェルナンド。

ロケットスタートでれっつらごー。

と祈っておきたい気分であります。


nice!(11)  コメント(4) 
前の10件 | - Singapore GP ブログトップ