So-net無料ブログ作成
検索選択
F1諸問題 ブログトップ
前の10件 | -

パナマ文書は忘れていた記憶を呼び起こす。磁気記録の解析で。ビット系と言うかどうかはわかりませんけどの巻 [F1諸問題]

SA07.jpg

ひょっとして、出てくるのだろうか。

SS Unitedの本当の持ち主が…

香港と「パナマ文書」、知っておくべき5つのこと - WSJ http://jp.wsj.com/articles/SB12748367622113273976104581644831771177612#:zUkLjbE6AiNhdA

「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)によると、約40年にわたり、モサック・フォンセカは他の管轄地域のどこよりも多く、香港で銀行や法律事務所などと仕事をしていた。ICIJは流出したとされる約1100万の資料の検証に当たった。  ICIJのデータによると、2015年末時点で、モサック・フォンセカが手数料を得ていた企業の29%が香港と中国の事務所を通じて法人組織を立ち上げていた。


日本の企業は、オフショアより合法的な節税が、天下りを受け入れることで、租税特別措置により税逃れが国内で行える。よって、そんなに大規模な問題にはならないと思われる。

政治家も、政治資金規正法によって税逃れができるから同じこと。

でも本来、国家に入るべきものを、国家に仕えている役人(シロアリ)の私腹を肥やすために税源を失ってしまい、そのツケを消費税の増税で賄おうとする。まったくもって許しがたき行い。政治家は役人に飼いならされて監視役を放棄している。

税金は補助金に化ける。補助金は役人の天下りを生む装置となる。人工知能によりこんな無駄は早く無くなってしまえばいいのに。

東芝、三菱自動車、この流れは霞が関にきっと通じる。

ガラガラポンの時代の音が聞こえる。

ウッシッシ。

nice!(4)  コメント(4) 

今年のタイヤルール [F1諸問題]

pirelli.jpg

F1ドライバーが開幕戦オーストラリアGP用に選択したタイヤは? 今年のタイヤルールおさらい-TopNews F1
 http://www.topnews.jp/2016/03/09/news/f1/135407.html

■F1オーストラリアGPでのタイヤ選択 上記ルールに伴い、ピレリはオーストラリアGPにおいてミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種類のタイヤを持ち込み、そのうちミディアム1セット、ソフト1セットを決勝用に指定している。各ドライバーは決勝中に少なくともそのうちの1セットを使用しなくてはならない。また、スーパーソフト1セットを予選Q3用として温存しておくことが必要となる。


この他のタイヤに関する記述を読み、やっとわかった。

ピレリは決勝用のタイヤを二種類指定はするが、必ずしも両方使わなくてもよい。ではあるが、異なった二種類のドライタイヤは使わなくてはならない、ということだ。

スーパーソフトとソフト。

スーパーソフトとミディアム。

ソフトとミディアムもあり。

スーパーソフトとソフトとミディアムっていうのもあるにはあるけど、必要ない気がする。ソトトで出て行って、ミディアムにつないで、最後にスーパーソフト使って抜きに行くっていうのも無いわけではないか。



オーストラリアは58周のレース。

気温も路面の温度もわからず、タイヤのライフなど予測もできない。

トップチームならソフトタイヤでも速い。ということは、Q2で戦略を別けてくるくるかもしれない。

でも、ハミルトンの方がタイヤの使い方が巧いんだ。変化がなければだけど。

ロズベルグとフォース・インディアがどう出るのか。

その辺が気になりまする。

nice!(3)  コメント(4) 

有望なレーサーが登場するまで、フジはハラハラドキドキさせてくれるのでしょう。こうなったらF1人気だけで生きてほしい、フジテレビ万歳編です。 [F1諸問題]

フジテレビ、2016年のF1テレビ放映権の獲得を発表 【 F1-Gate.com 】 http://f1-gate.com/tv/f1_29926.html

フジテレビは、2016年のF1テレビ放映権を獲得したことを発表。2016年シーズンも全戦を金曜フリー走行から全セッション完全生中継する。 フジテレビは9日(水)、2016年シーズンの「F1グランプリ」(FIA フォーミュラワン世界選手権/FIA Formula 1 World Championship)の放送権を獲得したことを発表した。 CS放送「フジテレビNEXT ライブ・プレミアム」で、3月の開幕戦オーストラリアGPから11月の最終戦アブダビGPまでの全21戦(2016年1月18日現在)、金曜フリー走行から日曜の決勝まで全セッションを完全生中継する。


これで完全有料化。一応、めでたしめでたし。

今宮さんや川井ちゃん、ジェトルマンの森脇さん、ゲーハート(ゲーハーじゃなくてよ)の津川さんの姿をまた見れます。

開発コストの高騰をカバーするために吊り上がる高額のテレビの放映権料。

マクラーレンにタイトルスポンサーが付かないのも、ある意味当然。

気づけばF1のボディに、日本企業のロゴがなくなった。

CanonとかCabin & Mild SevenとかHITACHIとかシオノギもあった。

シノゲなくなったTOSHIBAもあったし、GEOのエスポもあった。

F1の広告に騙されなくなってしまった日本企業に乾杯


錦織がテニスブームを巻き起こしたように、勝てるレーサーを育成しないと。

とは言っても、腕だけで勝てる世界じゃないから。

金、コネ、人種の壁、ノルマントン号事件を忘れるな!!シンガポールから白人だけで逃げて行った独善性がのちの独立運動につながった。

何を言ってるのか、わからないけど、ピラニアクラブ万歳!!

F1開幕まで、アメリカ経済が今の状態であってくれ、それを願うのみです。

ドカーンときて、考える余地があったら、考えちゃうものね。

でもマクラーレン残して、撤退も、難しいか。

F1も、世界経済も、どうなっていくのでしょう。

夢は、もう一度バブルを。

なんて感じで、ばいならおやすみ。

nice!(12)  コメント(4) 

昔のモナコGPには、ドレス姿のぼよよーんの藤原氏が居った。あの、ぼよよーんの感動を取り戻そう。レースに必要なのはパッションと熱き血潮のぼよよーんなんだVol.1 [F1諸問題]

FUJI F1 2015.jpg

このところのフジテレビは、過去の栄光を消し去ろうとしているように思える。新しく生まれ変われるかは定かでないですが。

フジテレビと言えば、『オレたちひょうきん族』、『笑っていいとも!』、キムタクドラマ、『PRIDE』、『K-1』、そして『F1 Grand Prix』。まあ地上波ではとっくに消えていますが。

『SMAP×SMAP』は、何とか生き残った。とりあえず9月までらしいですけど。『F1 Grand Prix』は存続のアナウンスさえされていない。このままフェードアウトしていくのか。

新たに放映権を獲得した『FOXスポーツ・アジア』に、今宮さん、川井ちゃんは移籍するのだろうか。

新しい形で、元F1ドライバーが解説を担当するというのも考えられる。

レースがつまらないのに、放映権ばかり値上げするから、自滅への道を辿ることになる。

やっぱり、ドライバ-重視のシンプルなレースに立ち返らないと

複雑なハイブリッドとか、無線交信とか、風洞24時間回しっぱなし、いつもより余計に回しております、みたいなのを止めよう。

こうなったら、エンジンの基本的な部分をコスワースとかに担当させて、エンジンチューナーみたいな形で、メルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダが競うというのも有りかもしれない。

世界経済の崩壊よりも、F1の生態系の破滅の方が早い気がしてきました。

真面目に、フジのF1放送は、ダメなのですか。

中居君が詫びを入れても、ダメだろうし。

ますます、F1人気が激減していく日本。枯れ木に花を咲かせましょう。

それでは、本日もお開き。ジョコビッチの全盛期はしばらく続く。ばいならー

nice!(6)  コメント(2) 

逆オイルショックがレースの世界に大不況をもたらす [F1諸問題]

バクーでの欧州GP、経済不安で開催に暗雲か - F1ニュース ・ F1、スーパーGT、SF etc. モータースポーツ総合サイト AUTOSPORT web(オートスポーツweb) http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=70654

「アゼルバイジャンは産油国だ」と、大統領顧問のアリ・ハサノフが語ったと、Motorsport.comが伝えている。 「石油と石油製品の価格は2015年のはじめに比べ、3分の1にまで減った。これはアゼルバイジャンの収益が3分の1になったということだ」  価格は、年明けからの21日間でさらに25パーセントも下がっており、通貨の価値も30パーセント下落。中央銀行の準備金も3ヶ月以内に尽きると予想するものもいる。  ブラジルのUOLによれば、当局の一部関係者はグランプリの中止を迫っているという。 「彼らは予算をカットしなければならない。通貨は1バレル50ドルが基準だが、現在は1バレルが27ドルにも満たない。従って、資金を節約するにはF1と(2017年の)イスラミックゲームを中止することだ」


やはり原油安は、モータースポーツに暗い影を落とし始めている。

イランに対する制裁解除で、原油はさらに供給される。

原油が急速に値上がりしていくことは、中国の経済状況がリストラを進めている現在の状況では、考えられない。ただし中東でのサウジ・イラン間で戦争が起きない限りにおいて。

バーレーンは4月の初旬の開催だから、なんとか開催できるかもしれないが、ヨーロッパGPのバクー、ブラジルGP、アブダビGPは際どいかもしれない。

リオデジャネイロでのブラジルオリンピックが過ぎれば、さらに経済は悪化の道を辿るだろうし、ブラジルGPどうなるのだろう。

レースが始まってしまえば、最悪最終戦まではレースを続けるだろうし、あの極東の某メーカーの姿も消えるかもしれないから、テストから気合入れて応援しないとね。

みんなで、応援だ。

気合いだ、気合いだ。

日本の消費税は、アメリカの1200 12th Avenue South Sattle, WAにあるAmazon.com Int'l Sales, Incに渡してはいけない。こんな闇の部分を暴こうとしているのは、日本でも私ぐらいですけど。応援してくれる人が増えますように☆彡

日本側に、ちゃんと支払っている可能性もゼロではないが、そのタイムラグを使って、莫大な金額を運用して利益を隠しているかもしれない。

2017年に消費税を10%に引き上げたら、完全に日本経済は終わり。

逆に言うと、大チャンスなんだけど。

その時まで、資金は確保しておくべし。

JARO 公益社団法人 日本広告審査機構でした。なんて嘘だよ。

それでは、ばっはっはーい~♪

nice!(4)  コメント(2) 

だいたいやね、代替エンジンはだいたい決まっているんやね、もうすでにの巻。 [F1諸問題]

FIA:2017年のF1代替エンジンの独占サプライヤーの募集を開始 【 F1-Gate.com 】 http://f1-gate.com/fia/f1_29155.html

いろいろと体裁を取り繕っても、やっていることは、日本の芸能界の××万人の中から選ばれましたといってデビューするタレントみたいなものである。

ほとんどこの規格は、インディーカーのエンジンだから。当然それを製造しているメーカーが有力となる。

GMシボレーか、ホンダ。

V6 Twin Turbo.jpg

Chevrolet Indy V6 https://en.wikipedia.org/wiki/Chevrolet_Indy_V6

シボレーというのは仮の姿で、実態はイルモアで。

レッドブルの背後で蠢いているイルモアで。

F1用のブランドをでっち上げれば、インフィニティも、やっちゃえ日産なのか。

H V6 Twin Turbo.jpg

ホンダは、そのままの形では、参入しづらいだろうし。アメリカ組はあっち行けってなるし。

いざとなったら、無限ブランドがないわけではないけれど。ないだろうな。

他に考えられるのは、ジャッドブランドの活用。ないだろう。

コスワースが、やる気になれば、やってやれないわけではない。

でも、コストを考えるとやはり、シボレーを製造しているイルモアが最有力。




nice!(9)  コメント(4) 

レッドブルが消えるということは、即ちF1に魅力がないということと同じ。次ぎに消えるのはF1そのものだよ、の巻 [F1諸問題]



ベネトンがそうであったように、いずれレッドブルが消えると思っていたけど。今身売りするのがベストかどうか。

でも、アウディはパワーユニットをどうする。

アウディがルノーを乗せて走る訳にもいかないだろうし…

これは、バーニーへの脅しだと思いたい。

昔のフェラーリのように撤退する撤退すると言って撤退しなかったフェラーリのようであって欲しい。

ダメかな。

ばいなら。


と言いつつ、これも関係してるのかな。

フォルクスワーゲンの会長が辞任 ・・・ F1への道が開かれる http://f1-gate.com/volkswagen/f1_27022.html

どうやら、マーティン・ヴィンターコルンCEOとやらの動きに、注目せざるを得ないですぜ、旦那。

nice!(16)  コメント(4) 

スーパーライセンスのポイントシステムより、コスト制限して、チーム数を増やすほうがいいですぜ、旦那の巻 [F1諸問題]



FIA、F1スーパーライセンスのポイントシステムの微調整に余地【 F1-Gate.com 】 http://f1-gate.com/fia/f1_26054.html

男が最近考えることと言えば、このポイントシステム。

過去3年間で、40ポイント貯めないと、F1で走らせないよって奴。

Formula Renault (Eurocup, Alps, NEC)やFormula Renault 3.5 Seriesのルノー系ポイントが低く抑えられていて、FIAのフォーミュラレースに集約したい隠れた意図が垣間見れる。

まあ、そんなのはどうでもいい。

極東の某島国なんてもっと酷い。F3で戦って、その国のトップフォーミュラに駆け上がっても、まず3年で 40ポイントは稼げない。


これが何を意味するかと言うと、メーカーの力で、ちょっと微妙な子飼いのレーサーを押し込むことが不可能に近くなると言うこと。

でも、もっと危機的なのは、別にあって。

速さと資金量が一致しているとは限らないので、ペイドライバーによる持ち込み資金を必要としているチーム(ザウバー、ロータス、フォース・インディア)は、新しい人材を吸収できない。よって、速くても昇格できないドライバーが増えるのよ。

これは一種の既得権益の確保と言えるのである。

結局、マルドナドなどは、原油価格の低下によりスポンサーマネーが不確かになるかもしれませんが、エリクソンは生き残れるのかも知れない。

可夢偉さんにとっても、ある種チャンス。

可能性を秘めているのは、山本尚貴さんだけだから(正確に言うと中嶋一貴さんも可能性はあるにはあるけれど、そうは問屋は卸さないのだ)。その山本さんだって、チャンピオンにならないと駄目という。

可夢偉さん、もう一発募金で、勝負だ!!

と、言っても

それまで、ザウバー、ロータス、フォース・インディアがF1に、残ってればなんですけどね。

nice!(10)  コメント(8) 

エンジン開発凍結ルール緩和問題 [F1諸問題]

m_turbo.jpg

「今のエンジンルール継続を望んでいるのはメルセデスAMGだけだ」とF1ボス-TopNews F1 http://www.topnews.jp/2014/12/18/news/f1/120740.html

「(メルセデスエンジンはルノーエンジンに対し)85馬力勝っているのに、18kgも軽いんだ」


なぜパワーに優って、その上軽いのか?

これは、ターボのシャフトを延長して、熱源から遠ざけたことからきている。

温度が低いから、小型のインタークーラーで対処できる。よって重量が軽い。空気の膨張もなければ、パワーも出る。パワーの源がすべてインタークーラーからきている訳ではないだろうけど。

競争力を均等化するには、ロングシャフトのターボを禁止するのが効果的である。

そうなったら、なったで、レッドブルの圧勝にならないように考えないとなりませんけど。



反動で、NAの多気筒のエンジンに移行するだろうとの予感しておりましたが、早くも、その機運が…

2016年からというのは、これは脅しであって。

でも、思っているより早く、高回転高出力のエンジンに回帰するのは確かである。

非日常感を演出するのは、市販車では決して味わえない、高回転時の音なのだから…



私は、ペットロス症候群継続中。元気、無いな、しかし。元気は1万6000回転の母。ばいなら。

nice!(9)  コメント(6) 

ブリティッシュとアメリカン、要するに、わいは愛であるの巻 [F1諸問題]

pirelli ss.JPG

タイヤ、それは丸くて黒いもの


そして、英国ではTyreと表記し、米国ではTireと表記されるが同じ物体のことである。

これは、Ayrtonの発音にも通じる。

日本では、誰かが、アイルトンと言ったら、それが空気となり、一人歩きをしだす。そして、エアトンなどというものを許さない。

頭が固いのね。

融通が利かないのね。

私は、エアトンと表現する人でも許容する。

人には表現の自由があるから。

子どもにはわからないだろうけど。

タイヤの話は続く。

よって、つづく。

おやすみなさい。

nice!(5)  コメント(4) 
前の10件 | - F1諸問題 ブログトップ