So-net無料ブログ作成
検索選択

RB12のファイヤーワークス [Redbull]

Coi1lYRVIAEjvVb.jpg

この飛び散った光の光跡が、即ち、ディフューザーを通過した空気の流れを表している。

と、私は思っておりますが、どうなんでしょう。

これからのレースも、上位には、顔を出すことは間違いない。

でも、ポール争いは、厳しいでしょう。

花火と言えば、風鈴。井戸水と言えば、丸ごとのスイカ。

外で、ミンミンゼミが鳴いている。夏やなー

nice!(5)  コメント(0) 

New line-up for Spain ドライバー移籍情報 [Redbull]

Red Bull Max.jpg

次戦のスペインから、レッドブルはクビアトに変えて、フェルスタッペンを走らせるという。

これでフェルスタッペンのモナコ表彰台が近づいた。とは言っても、確実性という点では、まだないのだけれど。結局、予選頑張れと言うことですけれど。

このところ、パワーユニットの具合もよろしいご様子で、あのシャーシーと、思いっきりのいい走りが組み合わされば、結構行けるんじゃない?

リカルドの居心地がどうなるか心配ですけど、リカルドはウェーバーとなり、マックスはセバスチャンとなるのだ。

New line-up for Spain | Red Bull Racing Formula One Team http://www.redbullracing.com/article/new-line-spain

nice!(10)  コメント(4) 

さらっと語るが私は見逃さない。フォルクスワーゲンは、このブランドでF1に出るつもりだった訳ね、の巻 [Redbull]

クビアト、レッドブルとルノーのうわさにコメント http://www.topnews.jp/2015/10/10/news/f1/130864.html

「ルノー、フェラーリ、メルセデス、あるいはランボルギーニとどういう交渉が行われているのかなんて何も知らないんだ」
とクビアト氏は語る。

なぜクビアト氏は、フォルクスワーゲンと言わずに、ランボルギーニと発言したのだろう。

フォルクス・ワーゲングループのアウディ部門に属しているのが、その昔亜久里さんを飛躍させたV12を製作していた、スポーツカーメーカーであるランボルギーニ。



不正ソフトの問題が発生していなければ、数年後にランボルギーニV6が、デビューしていたのだろうけれど。

現状で新しい投資はできないだろうし。



触媒が予め温まっていないとダメなら、カーナビとエンジンコントロールユニットを接続して、高低差を感知し先に温める方法もあるのではないのか。

どこのポイントで加速しているかなどデータを調べればわかることだろうyし。

渋滞だってわかれば、どの辺から加速するかは、わかるだろうし。

不正ソフトと言われているものを、フルタイム不正ソフト状態で走らせることだって、人工知能等を組み合わせれば可能になりそうだし。

ソフトでしくじったら、ソフトで汚名挽回したらいいじゃん。

やっちゃえ、フォルクスワーゲンって感じだよ。

ほな、ばいなら。

nice!(5)  コメント(4) 

レッドブルはコーナリングに活路を見出すべきでしょの巻 [Redbull]

川井ちゃんは、レッドブルの車がストレートスピードが10キロも遅いっていうのよ。

わたしは、ソフトウエア的に改善がなされて、同じようなトップスピードが出せるようになっても、それだけではダメな気がするだよ。

コーナリングスピードで、メルセデスAMGを上回らないと。

他のチームに先駆けて、ウエストゲートバルブを利用したブローイングやるとかがいい。

空力アドバンテージを失うということは、こんな結果をもたらすとは、わかってはいたけれど。

連勝していたときの輝いていたベッテルは、もういない。

今シーズン輝くのは、あの二人のどちらなんだろうね。

nice!(5)  コメント(2) 

連勝記録の二人の残した結果分析 [Redbull]

シューマッハが7連勝をし、年間13勝した2004年シーズンと今年のベッテルの比較

因みに2004年と言えば、マクラーレンが失敗作で前半戦沈み、変わってB・A・Rホンダが速さを見せたシーズン。

※この年の予選形式は、一発予選と言われた、失敗すると終わるワンアタックのもの(シューマッハ対策とも言われていた)。

2004年

予選TOP3決勝TOP3
オーストラリア
M・シューマッハ バリチェロ モントーヤ
M・シューマッハ バリチェロ アロンソ
マレーシア
M・シューマッハ ウェバー バリチェロ
M・シューマッハ モントーヤ バトン
バーレーン
M・シューマッハ バリチェロ モントーヤ
M・シューマッハ バリチェロ バトン
サンマリノ
バトン M・シューマッハ モントーヤ
M・シューマッハ バトン モントーヤ
スペイン
M・シューマッハ モントーヤ 佐藤琢磨
M・シューマッハ バリチェロ トゥルーリ
モナコ
トゥルーリ R・シューマッハ バトン
トゥルーリ バトン バリチェロ
ヨーロッパ
M・シューマッハ 佐藤琢磨 トゥルーリ
M・シューマッハ バリチェロ バトン
カナダ
R・シューマッハ バトン トゥルーリ
M・シューマッハ バリチェロ バトン
アメリカ
バリチェロ M・シューマッハ 佐藤琢磨
M・シューマッハ バリチェロ 佐藤琢磨
フランス
アロンソ M・シューマッハ クルサード
M・シューマッハ アロンソ バリチェロ
イギリス
ライコネン バリチェロ バトン
M・シューマッハ ライコネン バリチェロ
ドイツ
M・シューマッハ モントーヤ バトン
M・シューマッハ バトン アロンソ
ハンガリー
M・シューマッハ バリチェロ 佐藤琢磨
M・シューマッハ バリチェロ アロンソ
ベルギー
トゥルーリ M・シューマッハ アロンソ
ライコネン M・シューマッハ バリチェロ
イタリア
バリチェロ モントーヤ M・シューマッハ
バリチェロ M・シューマッハ バトン
中国
バリチェロ ライコネン バトン
バリチェロ バトン ライコネン
日本
M・シューマッハ R・シューマッハ ウェバー
M・シューマッハ R・シューマッハ バトン
ブラジル
バリチェロ モントーヤ ライコネン
モントーヤ ライコネン バリチェロ


2013年

予選TOP3決勝TOP3
オーストラリア
ベッテル ウェバー ハミルトン
ライコネン アロンソ ベッテル
マレーシア
ベッテル マッサ アロンソ
ベッテル ウェバー ハミルトン
中国
ハミルトン ライコネン アロンソ
アロンソ ライコネン ハミルトン
バーレーン
ロズベルグ ベッテル アロンソ
ベッテル ライコネン グロージャン
スペイン
ロズベルグ ハミルトン ベッテル
アロンソ ライコネン マッサ
モナコ
ロズベルグ ハミルトン ベッテル
ロズベルグ ベッテル ウェバー
カナダ
ベッテル ハミルトン ボッタス
ベッテル アロンソ ハミルトン
イギリス
ハミルトン ロズベルグ ベッテル
ロズベルグ ウェバー アロンソ
ドイツ
ハミルトン ベッテル ウェバー
ベッテル ライコネン グロージャン
ハンガリー
ハミルトン ベッテル グロージャン
ハミルトン ライコネン ベッテル
ベルギー
ハミルトン ベッテル ウェバー
ベッテル アロンソ ハミルトン
イタリア
ベッテル ウェバー ヒュルケンベルグ
ベッテル アロンソ ウェバー
シンガポール
ベッテル ロズベルグ グロージャン
ベッテル アロンソ ライコネン
韓国
ベッテル ハミルトン ウェバー
ベッテル ライコネン グロージャン
日本
ウェバー ベッテル ハミルトン
ベッテル ウェバー グロージャン
インド
ベッテル ロズベルグ ハミルトン
ベッテル ロズベルグ グロージャン
アブダビ
ウェバー ベッテル ロズベルグ
ベッテル ウェバー ロズベルグ
アメリカ
ベッテル ウェバー グロージャン
ベッテル グロージャン ウェバー
ブラジル



連勝するのが難しいのは、いつの時代も同じ(ワンツーフィニッシュの数は、随分違うけれど)。


今年は、途中でタイヤが変更され、負荷をかけても問題がなくなったことにより、予選だけでなく決勝のペースが格段に良くなったのが連勝の要因と思う(2012年シーズン後半と同じパターンだもの。フェラーリは忘れよう)。

それに、来年に規約が変わるので、アップデートをしなくなったこと。これにより差が縮まらなかった。

連勝は、いい車、いいドライバー、そして運。

最後に私は言いたい。「来年は、勘弁して欲しい」と。

nice!(8)  コメント(2) 

レッドブル、52億本への爆走 驚異の成長戦略を暴く [Redbull]

レッドブル、52億本への爆走 驚異の成長戦略を暴く:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20131018/254745/

日本のコンビニでも販売され、F1などでもおなじみのレッドブル。だがその実態は謎に包まれている。2012年に世界165か国で52億本も販売され、最も成功した飲料ブランドともいわれるが、その本社がオーストリアにあることを知らない日本人も多い。どのようにしてわずか数年でこの世界的なブランドが台頭したのか、なぜマーケティングが画期的といわれるのか、そして派手で先進的なイメージとは裏腹にいかに経営の基本を忠実に守っているのかを明らかにする。(本コラムは、書籍『レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか』をもとに再構成したものです)


YouTubeを観ていると中国人向けに、日本のオムライスやお好み焼きを紹介している番組に出会う。お好み焼きは台湾にもあるが、台湾のものは、ソースではなく、醤油ベースであるとか、なんとかレポートしている。

レッドブルだって、日本の健康ドリンクが発想の原点。

このコラムで知ったけど、マテシッツさんは、独身だという。

オーストリア一の大金持ち。

既存のものを売り方一つで、新しいものに見せてしまった方法論に学べば、世界に眠る宝の発見法がわかるかもしれない。

周りに合わせる感性を捨てることができれば、だけど。

nice!(2)  コメント(2)