So-net無料ブログ作成
検索選択
Austrian GP ブログトップ

2017年 オーストリアGPの予選・決勝結果 [Austrian GP]

2017_aut_r_podium.jpg

2017_aut_r_classification.jpg

ボッタスが、いい記憶をさらに膨らませて、ポールポジション獲ってしまっただよ。そんでもって、ミッション交換したハミルトンは、グリッドダウン。

そして決勝。

山は気まぐれ、やはり雨は降っていない。

ボッタスは、譲る必要もなく、我が道を行く。

ナンバーツーとしての役割をわきまえつつ、勝ちは拾っていける。

そうなったら、アロンソがメルセデスに移籍するのは、無理じゃないですか?

ボッタスがこの調子を維持すると、ベッテルには都合が悪くなりそう。

レッドブルは、リカルドに流れが偏り、フェルスタッペンは不運が続く。



しかし、ホンダのPUは低速時にトラックになるというのは、残念な話だ。バランスシャフト組み込めー

鈴鹿スペシャルが心配だ。

平気なのかな?

次戦は、今週末のイギリスGP。ウィンブルドンとどっち観るかは、錦織次第。無理言ってはいかんな。もう負けたみたいだ。フェデラーはラケット変えたのが良かったのか、ナダルの失速が彼を良く見せているのか、わかりませんが、マレーとフェデラーが濃厚ですね。マレーとジョコビッチかもしれない。とりあえず、フェデラーとジョコビッチの試合は、いいかもしれない。

流れは、自ら作り出せ。 By ホッケ柱

ほんじゃ、またねー

nice!(6)  コメント(4) 

シュピールベルクの決勝レース予想 2017年度バージョン [Austrian GP]



松居一代は、文春のことを「ぶんしゅう」という。

するってーと、立川談春は「たてかわだんしゅう」になってしまう。

それがどうした。

ダンガン、バカヤロー!! ←訂正ダンカンのはずがダンガンになっている。ダンカンがもちろん正解。



オーストリアは、山だ。

Red Bull Ringの日曜は、所により雷雨。レース開始時間に降水確率は57%と最大になる。

とは言っても、山は気まぐれだからね。

このコースでは、ウィリアムズが速い。最速というわけではないですけど…

ウィリアムズが速いということは、ウィリアムズから移籍してきたら、いい記憶が残っているかもしれない。その記憶と速いマシンが出会った。

そしてこうなった。

1st Hamilton 2nd Bottas 3rd Verstappen

流れは誰だかわからないけど、ハミルトンは悪くない感じだからさ。

船越さんは1錠で10時間元気になる。

元気になって捕まる薬品と捕まらない薬品。

船越さんが薬品を服用し、重大犯罪を犯したら、規制の対象となるのであろうか?

前川さんは、未使用だったのだろうか?

日本ビデオ倫理協会に天下ればよかったが、あそこは警察官僚の天下り先だから。

前川喜平は若い娘が好き。

私は美熟女が好き。

人生色々なのであります。

nice!(5)  コメント(4) 

2016年 オーストリアGPの決勝結果 [Austrian GP]

2016_aut_r_podium.jpg

2016_aut_r_classificasion.jpg

ワンストップで楽々勝つ展開が、なんであんな展開になったのだろう。

ベッテルがバーストしたせい?

ロズベルグは、よく頑張った。そんな気がする。去年だったら、こうはならなかった。後ろから追い上げてトップに立つなんてなかったから。やはり、自信が今回のいいレースをもたらしたのだ。最後は、よく見るシーンで、またかの感があったけど。完全にハミルトンを打ち負かせば、彼は変わる。そうなれば、プロスト的に先を読んで、要所を抑えてコツコツと戦略で、ワールドチャンピオンへの道を目指せる。

ハミルトンも、琢磨も、行くからいいんだ。

諦めたらいけないんだ。

「この一球は絶対無二の一球なり」の精神なんだ。

琢磨も、可夢偉も、一度間違って勝っていれば、違った世界が見えてきたのに。

ハミルトンが見えている世界を次世代の日本のレーサーが見て欲しい。

ということで、次戦はEU離脱で我が道を行くイギリス・シルバーストンサーキット今週末の8日から。

ジョコビッチが負けたから、有力なチャンピオン候補は彼だ。となると、当然彼が勝てば、イギリスの国内景気も上向くことでしょう。

表彰台に上がったチームは当たっていた。ハミルトンしか当たらなかったけど、ロズベルグが三位以下なのも当たった。

今週末の野生の勘がどうなるか、みてみようじゃないか(ライコネン風で)。ばいなら。

nice!(13)  コメント(2) 

2016年 オーストリアGPの予選結果 [Austrian GP]

mclaren honda.jpg

予選で5番手をゲットした、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは、他のグリッドダウンを得て、二列目のグリッドからスタートする。

ドライの時のタイムからすると、路面が乾いてくると苦しい。

最新の天気予報を見たが、予報はスタートの14時を境にして降水確率は34%から3%に下がる。まあ山なので、突発的に降る可能性もなくはないのですが…

ドライで、予選上位に普通に入れる、マクラーレン・ホンダが見たい。

まだそこには達していないので、雨が表彰台への母。

雨よ降れ、そして乾け。

と、祈っておきます。ジェシカ氏の代わりに。

彼女はもうそんなこと考えてないか?

まあ、お大事に。

こんな終わり方でいいのか、ホンダオタクとして。

まあいいんじゃないかな。状況を見守りましょう。ばいなら。

CmXOOXKW8AEm5Q1.jpg

nice!(2)  コメント(0) 

シュピールベルクの決勝レース予想 2016年度バージョン [Austrian GP]



今年も、ウィリアムズは、そこそこ速いかもしれない。でも、路面が濡れていては、難しいかもしれない。そもそも、山の天気は、急変する。

わからないのは、イギリスの今後もそうです。

離脱を決めた以上、EUを、むやみに規制を押しつけない、効率的な機関につくり変えた後に、再びイギリスがその期間に参加するのがいいのではないかと思う今日この頃です(フランスの近辺に本部を置いてはダメなのよ。ベルギーだってフランスの官僚制の影響を受けちゃっているんだから。ヨーロッパに新しい土地がないから、新大陸に理想を描いたんであって。この点からも最適な土地選びは難しい)。

というわけで、

今年のF1はトラブル含みで、ようわからんと。

まともに走ったら、こうなるんじゃないかと。

1st Hamilton 2nd Vettel 3rd Ricciardo

まあ、こんなところかな。

それでは、またでござる。


nice!(8)  コメント(4) 

週末のレッドブルリンクのお天気予報ざますわよ [Austrian GP]

red bull ring weather.jpg

明日の金曜 雷雨 降水確率80% フリー走行ほぼ無理そう。

土曜 所により雷雨 降水確率50%

日曜 にわか雨 降水確率50%

日曜日は、午後2時過ぎから天候が回復すると、今の時点では考えられている。でも、山の天気はわからない。あのチームのマシン特性が速さの源なのか。よくわからないけれど、多分また速い。

ジェンソンさんは、若いドライバーにシューマッハをよく見ろと言う。でも、マカオでのハッキネンとか、難を逃れたビルヌーブに話を聞けばそうとも言えない筈。

若さは眩しさを伴う、疎ましい、でもそれをも受け入れてさらに活性化を図れ!!JAROでした。そんなこという訳ないJAROって感じで、ばいならです。

グッドナイト

nice!(12)  コメント(2) 

2015年 オーストリアGPの決勝結果 [Austrian GP]

aut_winner.jpgニコニコのニコ・ロズベルグ氏の勇姿

誰だ、ロズベルグに集中力がないとか言ったのは(これに、予選のエクストラパワーの一発が加われば、怖いものはない。そこまで求めちゃいけないか)。

私でした。

驚き、桃の木、アントニオ猪木。

路面が良くない、いわゆる一つのグリップの低い路面から、好スタートを決め、ハミルトンを置き去りにする走り見事なものでございました。

バイオリズムなのでしょうか。

ニコの走りに、ハミルトンだって自分の走りに疑念が生じる。

ロズベルグは、ロズベルグの走りをすればいい。ベストを尽くして負けたら、それはそれ。ただ、年間を通じて安定した走りを見せていけば、結果として、ハミルトンを上回る場合もある。何事も大局を見ないと。

(ハミルトン)を意識しすぎるより、自分を信じることが、それ以上に重要なので御座います。



aut_massa.jpg三位のマッサ氏

それにしても、メルセデスAMGが去年から進歩した量が窺えたレースでした。

今年のウィリアムズは、最適化が進みもっとトップに肉薄すると予測していたのですが、それ以上にメルセデスAMGの開発が進んでいた。

ベッテルとライコネンの連携戦略で崩すしか、メルセデスAMGは攻略できない。

そんな思いを強く致しました。

ばいなら。

nice!(13)  コメント(6) 

2015年 オーストリアGPの予選結果 [Austrian GP]

aut_nico.jpg

aut_q_classification.jpg

私は平坦なコースが嫌いである。

高低差があることにより、上昇気流が生まれ、時として雨というドラマを演出してしまう。

そんな予測できないサーキットが好きなのである。

レースとは関係ないけれど、ドーム球場は最悪だ。

野球には、青い空と白い雲。日焼けした選手の肌とランニングシャツを着た労働者、その小脇にビール。安定した日常と突然の夕立。

オープンエアだと、その時々の町に漂う香りが楽しめる。

それらすべてをぶち壊す、経済性重視のドーム球場なんて、老人ホームでおじいさんが私に言った「今いつなんだい。ここは快適だけどまったくわからないんだ」だ。

老人ホームに伺う前に、赤とんぼを見た私の話から引き出された言葉なんだけど、なぜかその言葉が忘れられない。

レスター・ブラウン先生の『プランB』を読んでいる。昔の著作の中には、中国が近代化して、車やエアコンを持つようになったら大変なことになると90年代初頭に発言なされていた。

それは実現されたけれど、中国の鉄鉱石価格の推移を見ても去年の5月から下降し続けている。それにあわせて原油価格も下落した。

これはあきらかに中国の高度成長期が終焉した証(AIIBは国内の過剰を国外に輸出するためのもの)。

日本も、高度成長気が終わった後にバブルが生じた。中国も後を追うように株価が一人歩きをしている。

という訳で、ライコネンはQ1で消え、あららという感じで、ニコは直進し、ウィリアムズ勢もタイムが伸びず、なんとなくハミルトンがポールポジションの位置に座った予選でした(でもまだ、マッサにはチャンスあるぞ。ライコネンだって抜きまくれる。でもその行く手にボッタスがそびえ立つ。抜けない残念って感じになるのでしょうね。ボッタスはスタート直後に波乱がないと、レースペースだけじゃ無理そうよ)。

いつも以上にまとまりのない今日この頃の私でした。

それでは、また。

aut_polesitter.jpg


nice!(11)  コメント(6) 

シュピールベルクの決勝レース予想 2015年度バージョン [Austrian GP]

RedBullRing.jpg

去年の予選は、ウィリアムズが、フロントローを独占した。

ひょっとして、レッドブルリンクは、思っている以上に高地に位置しているのでしょうか。

それならば、ウィリアムズが強かった理由も説明ができる。

日産がル・マンで遅かった理由はこれを読んで理解した。

Nissan GT-R LM NISMO、ハイブリッドなしでル・マン24時間レースを走行
http://f1-gate.com/nissan/lemans24h_27507.html

でも、この中で不可思議なことが書かれている。

フロントアスクルからリアホイールに回生されたパワーを送るよう設計されているトランスミッション装置は、ダイナモで信頼性のないことが判明し、


確か、ニスモのサイトの説明でもFFだと説明していた。

この「リアホイールに回生されたパワーを送る」とは、何を意味するのだろう。やはりリアはモーターで駆動される設計になっていた。だがしかし、テストで耐久性の問題が生じて、純粋なFF、もしくはそれに近い形になってしまったということなのだろうか。

はっきり言って、準備不足だよな。

織田信長は、戦の八割は準備で決まると言ったらしい(実際言ったのは、三河弁かな。尾張弁かな。関東人その辺のところよくわからない)。

貴様ら、切腹しろっ!!

時代は変わり、バテレンさんたちが主導するチームでよかったのー。

で、レースの展開はどうなるか。

タイヤは破綻なく、徒然なるままに、進むだろうし。

現地時間の土曜の14時から予選が始まる、天気予報では、土曜の15時ごろから降水確率が70%以上に跳ね上がる。

予選は、上手くはまれば、ボッタスがポールを獲る可能性もあるにはある。

流れではハミルトンなんだけど。

男は勝負で、1st Bottas 2nd Hamilton 3rd Raikkonen

何だかわからないけど、ライコネンの文字が脳裏に浮かんだ、だからそれに従った。

まあいいだろう、それでは、ばいなら。


nice!(13)  コメント(6) 

シュピールベルクの決勝レース予想 2014年度バージョン [Austrian GP]



日本のサッカー界に、世界のトップ選手がいないことは確かである。

F1にも、トップ選手はいない。

そう考えると、錦織圭の存在は、際立つ。

フォアの強打。

音が炸裂している。

いつの間にかに、サービスも良くなってきているし、一度ナダルに勝てば、グランドスラムイベントを制する自信が得られる。

錦織のフォアのようなシュートを決められるのは…

日本の教育と言うか、協調性を重んじるばかりに責任を他人に押し付ける(意外性は協調性の枠外にある。芸術もまた同じである。枠外の発想で、枠の中にボールを入れて欲しいにゃ~)。

空気を読むより、若い世代の幸せを!!

全体的に上手くはなってはいるんだけど、そこにゴン中山がない。

気合だけで、レースは勝てない。

だからきっと、メルセデスAMGの二台が予選を支配する。

コース的には、ロズベルグの方が有利なような気がするけど、ハミルトンがやりそうな気が。

だから、

一位 ハミルトン 二位 ロズベルグ 三位 ダニエル・リカルド

カナダのトラブルの原因が解決されていなければ、また何かが起きそうだけど。

場所は、山の上。

気温は、20℃前後。

あるとしたら通り雨ぐらいかな?

nice!(4)  コメント(2) 
Austrian GP ブログトップ