So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

官僚によってこの国は、もう一度焦土になる。高橋洋一氏は、一般社団法人外国人雇用協議会にて何をする気なんだの巻 [Domestic Economy]

やっと出てきた感あり。徐々に、このような考えは広まる。あなたも段々私と仲間。そんなのなりたくないか。ばかやろー

革新機構の社長 政府が解任検討 高額報酬 透明性問題視 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20181207/k00/00m/020/018000c

わからない、この国は。

均衡財政のための増税だと言い、その資金で、民業を圧迫する、官民ファンドを設立する。産業革新投資機構の主要株主は、財務大臣 95.3%(2017年3月31日現在)。

こんなものに出資しなければ、そもそも増税なんて必要ない。

でも、国民から吸い上げた金で、天下り官僚は潤うのである。

ちゃんといるがな、産業革新投資機構を設立した主目的である、天下りバカボンが3人ほど。まあ戸矢さんは、優秀かどうかはわからないが、表面上はそこそこできるかもしれない。でも、残りの二人は、必要ない。でも、この二人を養うために設立された組織なのであります。

代表取締役専務CIO(最高情報責任者) 戸矢博明
1993年、大蔵省(現 財務省)入省。政策官として国家予算及び価格政策に関与。1998年より、ニューヨーク及び東京のゴールドマン・サックスにおいて金融、ハイテク、運輸セクターのM&Aおよびコーポレート・ファイナンスにかかるアドバイザリー業務に従事。

常務取締役CFO(最高財務責任者) 齋藤通雄
1987年4月大蔵省入省
2009年7月財務省主計局調査課長
2010年7月財務省理財局国債業務課長
2011年7月財務省理財局国債企画課長
2013年6月金融庁総務企画局市場課長
2014年7月金融庁総務企画局参事官(総合政策担当)兼総務企画局金融研究センター副センター長 等
2015年7月金融庁総務企画局参事官(監督局担当)
2016年6月株式会社産業革新機構専務取締役
2018年9月現職

常務取締役CSO(最高戦略責任者) 三浦章豪
1992年4月通商産業省入省
2011年10月中小企業庁事業環境部金融課長
2014年7月経済産業省商務情報政策局情報通信機器課長
2017年7月経済産業省経済産業政策局産業再生課長
2018年6月株式会社産業革新機構専務取締役
2018年9月現職

財政均衡のため、こんな組織は、即刻解散しなさい。日本国の公金を猫糞しおってに!!

田中正明だけじゃなく、齋藤通雄だって、三浦章豪も首だ。

責任をとって、経産省アンド財務省の事務次官も辞めたいなら辞めてもいいのよ。

そして、高額の退職金を得て、元事務次官は、公金をくすねるために天下るのであった。勃起しない天下りが大金もらって何をするんだ。

本当に、この点を聞きたい今日この頃なんでやんすよ。

わからんなー、お客さーん




nice!(5)  コメント(2) 

大前さんは日産は大丈夫みたいなことを言うけれど、状況は液晶がこけた後のシャープに似ている。EVこけたら、鴻海さんよろしくですの巻 [Zero Emission Vehicle]

nissan leaf.jpgゴーンもダメだけど、官僚的な人間もダメ。根底に朱子学が染みついてない日本人出でよ、って感じです。

日産がリチウムイオンバッテリーをつくる会社を急いで譲渡した背景には、中国に進出する日程が決まっており、その中国では、中国メーカーが製造するバッテリーを搭載したものにだけ、補助金が支給されると言うことがあるからだ。

昔放送された、NHKスペシャルでは、日産とNECの合弁会社オートモーティブエナジーサプライの研究過程が写されていて、「わが社のは、汎用品とは違って、自動車にあった特性のバッテリー」をつくっている、みたいなことを語っていたのに。

それを捨てて、汎用品に、SHIFT_the future日産

リーフのバッテリーも、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)に移行するという。

ルノー・日産:中国二次電池メーカーCATLから車載電池調達 - 電気自動車の読みもの https://www.evjournal.jp/post-3795/

そんなことより、お馬鹿な経済学者とか、エコノミスト、スティーブ・ジョブスやイーロン・マスクに憧れを抱いている、あの人とかが言っていた、電気自動車は簡単にできるなどという説が間違っていたことが、徐々に知れ渡ってきた。安達誠司さんは、間違っていたと訂正しているからまだいいけど、金子勝さんとか、池田信夫氏は、頑固そうで、財務省がご説明に伺わない限り改心しないと思われる。

まずは、こちらを読まれよ。

EVブームの論調に踊る人がわかってない本質 電動化 東洋経済オンライン 経済ニュースの新基準 https://toyokeizai.net/articles/-/216681

池田さんは、EVが主流になれば、必然的に安価な電気が必要となる、その電気は何が作り出す? 原発しかないでしょと、まあ最初に原発ありき。簡単に言うと、原発に誘導したいだけなのだ。

高橋洋一さんは、日産が中国に投資すると、技術が流出するとの説明で、今は軍事でも電気が重要で、レールガンのようなことも語っていたが、日産からそのような技術が流れるのでしょうか? まあ、三菱自動車に関連した企業には、それらの技術を持つところもある。

全固体リチウムイオン電池だと思われるが、それをもっとも必要とするのは、水中のハイブリッドカーである潜水艦。

トヨタも、中国でのEV戦略の見直しを迫られることは必至。

ダイソンBMW連合は、どう動くのか?

経済学者やエコノミストが言うことを鵜呑みにしていては、未来はわからない。自民党を知りたかったら、赤旗を読む。車を買う時のように、他車のディーラーで聞くと、どこがダメかは結構わかったりするのよ。

ファンダメンタリストになってダメ。

リバタリアンであっても、ハイエクやフリードマンに拘りすぎるのもダメなのである。

おらは、原理主義的なリバタリアン(←こういうの結構多いのよ)は嫌いなのである。

2019年シーズン、メルセデスが負けたら、オコンの昇格間違いなし。フェラーリ最後の年に見せたバリチェロみたいな走りをボッタスが見せられるかがポイントですね。

クビアトのパフォーマンスがいまいちで、山本尚貴が鈴鹿でドライブしているかもしれない。

F1のことも、ちょこっと触れといた。

では、ばいならでござる。

nice!(7)  コメント(2) 

2018 アブダビGPの予選結果 [Abu Dhabi GP]



タイヤがレースを左右するだろうから、どうなるかわからない。左右するとはいっても、今現在は、右のタイヤを左にセットしたりとかはできない。おフランスは、ある意味日本以上に官僚支配の強い国。

ハミルトンのポール・トゥ・リタイヤが見られるのか。

オコンに気を付ければ、表彰台にたどり着けるかもしれない今日この頃なので、私は本屋さんに行きます。

そう言えば、日産がリチウムイオン電池の事業を中国系のエンビジョングループに譲渡した経緯も不明である。自前でやっても、コモディティ化する前に、売却してしまえならわかるけれど、そんなに急いで、なぜに譲渡なのかと。

日産とNEC、バッテリー事業を中国系再生エネ事業者に譲渡へ ロイター https://jp.reuters.com/article/nissan-nec-battery-idJPKBN1KO1GR

ソニーが液晶で失敗したのは、合弁解消した時に、サムスンに技術もろとも、くれてやったからだ。

やっちゃえ、日産ではいけない。

It's alright now you can open your heart. It's alright now you can open your heart. 美しきは 瞳 きらめき戸惑う君 心 開けよ~♪

要するに、日産はレパード造ればいいのである。

あんな車がないと、横浜で、刑事ドラマもできないのである。

車は何といっても、2ドアクーペ。

これは譲れません。

ばいなら。

nice!(7)  コメント(4) 

日本では社外取締役というのも、官僚による天下りの一形態。ゴーン逮捕の裏に蠢く輩もまた、旅人なりの巻 [Global Economy]


1:00:00辺りからがゴーン逮捕の話題でんがな。


経産省出身の天下りと言っているのは、社外取締役の豊田正和氏(名前はいい。天下り根性は気に入らない)。

だから今回の逮捕劇は、フランスに飲み込まれるのを阻止するために、経産省が企んだのは、ほぼ間違いないと我は思うよ。そんなに天下りしたいのか、というのもあるけれど。

電池が軍事技術。最近あったところでは、日本の最新の潜水艦がリチウムイオンの電池を搭載している。全固体電池を搭載すべきなのは、まずこちらが最優先なはず。

中国だって、潜水艦に次世代型の電池を搭載したいはず。

だから、ルノー日産が、開発中の電池技術を持って中国に渡らせるのを、阻止した。

結構合理的。

そんなに急いで、共和党のアメリカが指示を出したかどうかは不明ですが…

ただ、今回の逮捕がないと、来春には、日産は一つのブランドとしての意味しか持たなくなるはずだったから、この辺で、西川グループと経産省が勝負に出たんでしょう。

私は、この話だいぶ前から注目していた。

『闇株新聞』も結構古くから、ルノーによる日産の統合話を記事にしていたので、新しい記事読みたい今日この頃です(休刊しちゃったんだよな。出版社系の休刊は、実質廃刊だから、あっても今回の事件についての記事を特別にというのは、あるかもしれない)。

だから、私は前から、ゴーンさん首にしろと言っていたんだ。

どうでもいいけど、韓国の首脳陣は、今回のカルロス・ゴーンの逮捕劇どう思っているかな。変わりつつある日本の態度に、気づけよ、しかしなのです。


nice!(8)  コメント(0) 

ヤスマリーナの決勝レース予想 2018年度バージョン [Abu Dhabi GP]



アブダビの週末は、30℃前後の気温で、降水確率ほぼ0%。

どうなるかな、このコースは、ハミルトン結構得意。

ただし、ポールスタートだと、リタイヤ多しの記憶あり。

そう言えば、昔レオタードで、コマネチ角をこれでもかと誇っていたレースクイーンが、日産の社外取締役となった井原慶子氏。

外圧なくても、自己を律して、経済界に、コマネチ、コマネチなのだ!!

ルノーのバカヤロー、お客さーん。

というわけで、

1st Ricciardo 2nd Verstappen 3rd Raikkonen

流れは、ルノー日産。

だから、こうなったの巻でした。

めでたしめでたし。

nice!(6)  コメント(2) 

2018年 ブラジルGPの決勝結果 [Brazilian GP]



周回遅れにされた者が、実際抜き返してもいいのだから、チャレンジしても問題ないというならば、接触しないような場所で、やる必要があるのと違うか.コム。コムデギャルソン、怒るで、しかし。

ラップリーダーを撃墜する、この勇気。

ある意味、オコンは只者ではない。来年やったら、真面目に、怒るで、しかしと言いたいところですが、彼は来年走れない。途中から参戦する可能性はあるけれど。事故、病気、低いパフォーマンスなどよっぽどのことがないと、シートは空かない。

メルセデスも、フェラーリも、タイヤに苦しんでいたようですが、レッドブルは調子よかった。雨降ったら別ですけれど。

やはり、ダウンフォース量は、ずば抜けているとみていい。

これに、ホンダパワー。

これからの日本の車メーカーは、燃料電池リーダーのホンダ・トヨタの両社が引っ張っていくのかもしれない。

カイゼンのトヨタ、レースバカのホンダ。

EVになったら、ガソリンスタンドのインフラは、無駄になる。燃料電池なら、建設コストは別にして、業態は維持されるし、石油メジャー的にも、その方がいい。

実際、盆地の環境汚染を改善する用途としての利点としか見いだせていないのが、現状。

テキサスの人たちが、でっかいピックアップトラックから、EVに乗り換えるとは思えない。



というわけで、ハミルトンが、オコンの援護を受け勝ちました。

オコンは、セカンドドライバーとしての素養があるかもしれないが、それでいいのか。

レースは自分の尻を信じて、突き進むことである。

悟中嶋的に、言いますと。「短時間で、ピュッと減速して、ばっと加速するだけ」←正確に、こうは言ってないんだけれど、まあこんなことをおっしゃる彼。

ある種の天才です。

変態でないと、中々F1のドアをこじ開けられないものなのです。

最終戦へと、つづく。

nice!(1)  コメント(0) 

やる気な、やっちゃえ日産。その気になれば、日枝もできる。それはないか彼は清和会とパイプが…の巻 [Global Economy]



ついに、ゴーンさん抹殺プランが実行された(こういう手もあったのね)。

でも、わからない。

なぜに、カルロス・ゴーンメンバーでは、ないのか。

日産は、マスコミに、広告費ばらまいているのに。

判決が下りるまでは、推定無罪である。

日産に忖度していないところをみると、マスコミも、経産省も、攘夷派の味方であると推測できる。

スピーディーな会見をみても、複数ある内の一つを念入りに準備していたということ。

逆に、ルノーを買収してしまえ、日産!!

中国が狙うEV大国への道を阻止にかかる、米国も影もチラつくという話。

EV、自動運転車の未来は、遠のく。

ゴーン逮捕して、来年の即位に合わせて、恩赦という手もあるのでは。

気がかりなのは、純和風に戻るであろう日産の経営が、先祖返りして、官僚化すること。

また、部品会社に、天下り送り込んだら、コスト高を受け入れるしかなくなる。

朱子学的な体質へと戻るのか、日産!!

ルノー買収して、日本人がリーダーシップとって、Renault Sport Formula One Teamのドライバーに日本人を押し込んでもいいのだ!!

山本尚貴、奪うか?

彼は、Team KUNIMITSU。ホンダ系である。

駄目だな。

クミンシード入れたカレーを食べると吸気系が痛くなる私。

クミンシードアレルギーって、あるのか、しかし。

その気になれば、役所の肥大化も防げ、消費税の引き上げに頼る必要もなくなる。

行政改革やっちゃえ、日本でした。

それでは、ばっははーい。

nice!(5)  コメント(2) 

2018年 ブラジルGPの予選結果 [Brazilian GP]



メルセデスとフェラーリは、僅差の戦い。レッドブルはちょっと離された。そんな感じですかね。

そんなことより、三強の下にザウバーの二台がつけ、ハースに続いての10番手に、トロロッソがつけた。ザウバーやハースとは、コンマ5~7秒程度の差があるが、まずまずではないか。

なにせトロロッソは、ジェームス・キー氏離脱で、空力のアップデートも、ままならない。そんな中、ホンダパワーで躍進を遂げたということだから。パワーアップした分、タイヤでとっちらかる傾向も、ございますが、来年は良くなることでしょう。

基本レッドブルで、違いは運用面とか、ドライバー、スタッフの違い。同じ最新鋭戦闘機でも、米軍が運用するのと、オイルマネーで購入したような国では、違いがでてくるのだ。ワンメイクで争われるカーレースでも、同じですけど。

さて、低地に住む私は、加圧されている酸素を吸いながら、吐いた時にヒューなんて音を発しながら、男は朝市に向かうのであった。まだ、行ってませんが、これから向かうのである。

なんか、喉が怪しい。

用心せねば。

それでは、またでやんす。

nice!(10)  コメント(2) 

インテルラゴスの決勝レース予想 2018年度バージョン [Brazilian GP]



ブラジルは雨。土日は両方とも、ところにより雷雨

ですが、チャンピオンシップは、すでに決しているので、緊迫感はそれほどない。

雨だ、とか何とかと考え出すと、混乱する。

ところによりということは、ところではない場合、ところにより曇りとか晴れである。

雨粒が作り出す飛沫は、空気の流れを我々に教えてくれる。とはいっても、理解できませんが…

チームオーダーはもうないだろう。

迷わず行けよ、サーキットは基本グルグル回るだけなのだから。

回って回って回ってまわーるーうーうー

たららららら

1st Hamilton 2nd Bottas 3rd Raikkonen

ところにより、ばいなら。

nice!(4)  コメント(0) 

2018年 メキシコGPの決勝結果 [Mexican GP]



ドライでは、やはりレッドブルだった。ワールドチャンピオンはハミルトンだった。

7位までに入ればよかったのだから、当然それぐらいはできるチームであるからして、そうなったということ。

高地は空気が薄いということは、理解しているが、空気とは酸素と窒素の漂う世界のことだ。どっちが薄いのか、わからないから調べてみた。

そしたら、酸素は分子量が大きく重いとかなんとかってことがわかった。高地は窒素も薄いかどうかまでは、現時点ではわからず調査中である。

酸素も頑張っている。

ナチュラルボーン野良さんの鼻筋君も、夜に大きな蛾を捕らえ、むしゃむしゃと食していた。蛾を生で食べるとは。

とはいってもそれは、人間の価値観。

猫には猫の生き方があり、虫には虫の生き方がある。虫に生まれていれば、蓼だって、なんだって食べるのである。昆虫の腸内細菌って、どうなっているんですか?

セルロースは分解できるのですか?

わからぬまま、続く。




nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -