So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

日本商工会議所の三村明夫会頭は、二代目与謝野馨でも襲名したらいい。天下り温存して財政規律?馬鹿じゃないのか、ベーって感じの巻 [Domestic Economy]

自民党の萩生田光一幹事長代行が18日のインターネット番組で、10月に予定されている消費増税を6月の景気指標次第で先送りする可能性に言及したことについて、日本商工会議所の三村明夫会頭は18日の定例会見で「信じられない。理解できない発言で、必ず引き上げるものだと思っている」と述べた。

日商会頭、萩生田氏の発言「信じられぬ」 消費増税巡り:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASM4L5R8TM4LULFA02V.html

そもそも経済団体なるものは、官僚が支配しやすくするための装置。天下りと補助金の交換所とも言えますが。

補助金などいらない、天下り?北朝鮮にでも輸出しろ、自由と減税はよこせ。と言えば、日本経済は良くなる。

バブル崩壊以降の歳入の落ち込みにより、経済成長の余禄での天下りの増殖にストップがかかった。そこで、景気に左右されない安定財源としての消費税に目をつけ、それで既得権益の維持を図った。ところが、経済はさらに失速。自殺者を数万人単位で増加させても懲りない財務官僚をはじめとする官僚機構は、さらなる高みを目指す。

経済を破壊して、官僚だけがぬくぬく暮らせる世界が、持続するはずがない。

これが東大法学部の限界。

明治維新(徳川幕府という軍事政権の瓦解)→77 years laterの1945年大東亜戦争の敗北(薩長ジャパンによる帝国陸海軍の瓦解)→77 years laterの2022年何が起こるのだろう。

80年周期は、フォースターニング。



日本の経済団体は、目先だけでなく、大局に立って物事を俯瞰するべし!!



nice!(3)  コメント(1) 

2019年 中国GPの決勝結果 [Chinese GP]



何か昔は、フェラーリのロケットスタートって、あったような。そう言えば、最近ナイススタートでぶち抜いて、そのまま行くっていうのの記憶がない。

脳内の修正が追い付いていないのは、私だ。

このまま行くと、コース図を見ただけで、どこが勝つか予測ができてしまう。

レッドブルは、シーズン後半には、確実に速さを取り戻すでしょうけれど、スペインGPでのアップレートがはまらないと、モナコは難しい(てっぺん獲るのは、って意味で)。

というわけで、またまたメルセデスのハミルトンが勝ちました。二位にも同僚のボッタスが入り、三位は、ベッテル。四位フェルスタッペン。

フェラーリが強くなるには、イタリア色が若干薄まってでも、多国籍化しないと。ルクレール中心に、とっとと変えてしまうのも、気分を変えるにはいいかもしれない。

次戦はアゼルバイジャン。

長い長いストレートのあるコ-ス。

ということは、ということなんだけど、トラブルが出るかもしれないし。

ペレスが活躍する予感も、あるにはある。

26日ですが、スペインGPが待ち遠しい今日この頃。

と言いつつ、どうでもいいけど、CIAOちゅ〜るって、何か入っているのか?

怪しい。

香料とかで、興奮と軽い中毒性を与えているのかも。

因みに、缶コーヒーでも、旨さの演出は、香料が担っている。某社のHPには、香料の記載はないが、缶には書かれている。知られるとまずいのか? 訂正 一応確認のため最新のものを見たら、書かれていた。前はなかったけど。それでも、気づかないでよって感じが、ありあり。

まずいかもしれない。豆より、香料だなんて、おおっぴらには言えない。

香りをアピールしておきながら、それは豆由来でなく、香料だなんて。

自衛隊は軍隊じゃないんだ。

ということで、ばいなら。

nice!(8)  コメント(4) 

2019年 中国GPの予選結果 [Chinese GP]



ストレートは速いみたいだけど、コーナーでは負けているフェラーリ。

アルファロメオにはトラブル頻発するが、フェラーリには、あまりないフェラーリ。

でも、レースはチェッカー受けるまでわからない。

ボッタスなのかな。

しかし、ルノーに負けだしているトロロッソ。万全ではないルノーに予選で上回られていると、まずいな。なんだか、トロロッソは、地方を走る田園都市線のおむすび電車に思えてきた。←冗談である。こんなのでも、KAZUYA CHANNELさんのような方には、通じない。江戸っ子への道は遠い。あの手の人は粋でない。真面目なだけでは、駄目だぞ。余裕なき人間は、楽しくない。相手を楽しませようという気持ちこそが、本当のオモテナシなのである。こういうのも、そもそも、冗談通じない奴には、通じなんだけど…

どうでもいいけど、男は、アイルトン・セナの鈴鹿のアタックを観た。格闘技だ。フロントウイングも超シンプル。ネジで角度調節して、アップデート終了。心地よい排気音に乗って、暴れる車体をねじ伏せる。そもそも道楽であるレースに、エコを持ち込むな!!なんてね。

買い物したら、パソコンの内部のお掃除してみる。それでは、また。

nice!(6)  コメント(0) 

上海の決勝レース予想 2019年度バージョン [Chinese GP]



上海の天気は、概ね曇り。降水確率は、最大で10%。気温も20%前後で、まずまずのレース日和。

ということで、ここまで、わかっていることの確認。フェラーリは直線スピードがずば抜けている。だがしかし、コーナリング性能では、メルセデスに劣る。パワーもフェラーリが勝るが、その反面、まだ信頼性に疑問がある。

壊れることまで予測できない。

ニューウェイさんが、今年のマクラーレンは良くなった的なことを発している様子ですが、そもそもレッドブル的に、レーキ角をつけると、持ち上がった後部によりドラッグが増す。これがトップスピードが伸びない原因となる。全体的な処理を行わないと、去年までのマクラーレンになってしまう。ジェームス・キーが本格的に参画する来年のモデルからが復活のスタート。徐々に焦らず、他人のせいにしない。これを守れば、アロンソも復活する。でもここで、シューマッハと同じことだが、名前はアロンソで同じでも、二〇代と、四〇台に近い現在とでは、体の反応と脳の認識のずれが大きくなる。

天才的なボレーのマッケンローは「ラケットにもっとパワーがあれば」と言い。シューマッハは「オーバーステアなら速く走れる」と言った(実際、そのように改造を施したが速さを取り戻すことはなかった。モナコの幻のポールってのはあったような記憶はございますが)。

これは、脳は昔の記憶で作動していると言うことなのよ。

現状に合わせて、修正を行わないと、あなたもガチガチの与謝野馨氏のような財政規律論者になってしまい、国民を不幸に突き落とします。デフレが常態化した日本に、消費税は不適切なのだ、バカ野郎、お客さーん!!

ということで修正を行い。

1st Vettel 2nd Leclerc 3rd Bottas

折角文明開化したのに、天下りしか考えない財務官僚を生み出してしまいました。もう二度と繰り返しませんってなるのだ。

江戸っ子は粋でなければ、官僚は粋でないから、恥ずかしげもなく税金にたかって天下る。粋な人になり、脱官僚で、デフレ脱却。これしかないでしょ!!

レッドブルはコーナーを速く走れるか、ここにも注目です。コーナリング性能の回復無くして、モナコ無しだからね。


nice!(5)  コメント(0) 

2019年 バーレーンGPの決勝結果 [Bahrain GP]



名前には意味がある。令子、礼子、玲子、麗子、すべて「れい」と発音しても、そこに込められたものは違う。何を言いたいか、おわかりでしょうが、「令」にはルールみたいな意味がある。「和」は、なごみだけど。「令」がお上に従えという意味なら、逆に世の中はお上に従わなくなる。従わないから、従えという気持ちの表れであるから。わからないけど、田村正和です(当たり前ですが嘘です)。全然似てませんが。私、田村正和好きだったのにと言った、You、連絡しなさい!!野良猫が寂しがっています(野良猫って俺だ、馬鹿野郎)。

ルクレールの代わりにベッテルが入っていれば、パーフェクトでしたが、今回はまだ熟成が進む途中であり、まだ結果に占める予測不能な部分が多すぎる。

ルクレールのトラブル、フリー走行で発生していたアルファロメオのトラブルは、PU開発が限界に近くなっていて、簡単にパワーが出せなくなっていることを伝えてくれているのでしょう。ルノーのもだけれどもね。

パワーだけの時代は、ウィリアムズを見ればとっくに終わっているし、優れたシャシーと本当に優れたドライバーが違いを生み出すステージに突入した。

『超予測力』という本は面白い。私みたいなものにとっては、特に面白く感じる。第10章のリーダーのジレンマを読んでいて、ふと浮かんできたのは、サッカーの元日本代表監督イビチャ・オシム氏の指導法。やっぱり優れた人は、空気読みじゃなくて、自分で考えるのよ。

松下幸之助さんは、変り者を一定数入れておけ、いざという時のために、役に立つからみたいなことを言っていたのに、その後任者たちが同化政策というか純化というか、似たものばかりの楽園にしてしまった。

でも私は日本の未来に心配はしていない、戦後に大木が倒れ、天空に青空がぽっかりと口を開いたとき、ソニーやホンダが現れたからだ。自然界では倒木更新って言うんだけど。

官僚支配という恐竜の時代が終われば、それまで、か弱き存在だったものが輝くを増して成長をし始める。

官僚支配はデフレの母。

財務省による消費税の引き上げという天下りへの資金提供も、最後の悪あがき。

しかし、オリンピックの不正、電通と森喜朗に、外圧じゃなくて日本人の手で、まっとうに裁くのが筋ではないか。

どうでもいいか、う~ん。コーヒー飲もう。

レッドブルが開幕戦にアップデートを入れたのは、バランスが取れていない証拠。よってニューウェイさんが活性化している。難題に燃える男だから。

きっと、解決され、マッチングはよくなることでしょう。

って感じで、次戦は4月12日の中国GP。

ルクレール勝つか、こうご期待よ、しかし。ばいなら。


nice!(8)  コメント(4) 

2019年 バーレーンGPの予選結果 [Bahrain GP]



フェラーリは熱で苦しんでいるという話は、ガセネタだったという。空力がセンシティブで、ということは、昔でいうところのレイトンハウスCG901であるらしい。ベッテルは「トップスピードは無くなったが、コーナリング性能は良くなった…」と言っていたが、何だったんだ。メカニカルグリップが良くなったということか。

ということで、トップスピードを回復したフェラーリが僅差の予選を制した。ハミルトンがフェラーリはストレートが速いというぐらいだから、メルセデスが予選でタイムを稼いだのは、コーナーの部分だ。

レッドブルが、ホンダPUとマッチングするには時間が必要だし、トロロッソは最新鋭戦闘機を手にした発展途上国のように練度が足りない。

レッドブルはスペイン以降かな?

それまで、ルクレールが勝ちまくれば、暫定ナンバーワンとなって、フェラーリはルクレールのチームとなり、ベッテルは実質ナンバーツーになる。

大坂なおみさんと同じ誕生日を持つ男の初優勝なるか、そしてその勝利が今後の躍進の礎となるのかを確かめよう!!

マルコ博士が言ったとしても、それが真実かどうかはわからない。マリリン・モンローはブロンドではなかったし、ジョネトラダムス氏の生え際もまたギミックである。まあ砂漠化進行中って見てますが…

どうでもいいけど、半島が一つの国であったというのも、実際はギミックで、南部と北部では違う。一緒になっとのち、その違いが如実に現れる。迷わず行けよ、対馬には来ないでね。伊豆大島はわが領土などと、普通言わない。なぜだかわかるか、そこにごまかそうとする意図が無いからだ。儒教は恐ろしい。北主導の統一なんて、マイルドな形でのT-34無き38度線の突破。懲りないから、コリアンなのだ。なんだかな、続く。

nice!(8)  コメント(0) 

バーレーンの決勝レース予想 2019年度バージョン [Bahrain GP]



レッドブルのマルコ博士によると、フェラーリは熱で苦しんでいるらしい。フェラーリは解決できたと語っている。Two Weeksで解決できる程度のことだったのか、私にはわからない。ダメならスペインGPまでダメだろうし。

リアタイヤに厳しいサーキットであると、過去のピレリのプレビューにはある。メルセデスには厳しい感じもするのですが、フェラーリも不完全、レッドブルも不完全。となると、そんなにタイヤを傷めずに済むかもしれないメルセデスが、結局勝つパターンとなるのかもしれない。

予測は確率で示せと、『超予測力』に書かれていた。できるだけ細かく73%みたいな感じで。まあ私も、70%とか80%って数字が印刷されているのを読むと、あまり考えずに、やっつけ仕事だなとの印象を受けるので、信憑性を醸し出すおまじない的な効果としては有効ではある。

日曜の気温は最高31℃、レーススタート時で27℃位。下がるとは言っても、テストのような気温には下がらない。

1st Hamilton 2nd Bottas 3rd Vettel

ハミルトンの優勝確率82%で、どうでしょう。

開幕戦に強い私も、まるっきり当たらなかった。そうなると、一戦遅れで、フェルスタッペンが勝つ可能性もあるにはある。でも万全なのは、フェルスタッペンのドライビング能力だけ。パワーアップしたホンダのPUとシャシーがバランスされないと。

そうだ、『超予測力』途中まで読んだ感想。なんか考え方とかは、私とほぼ同じ。日本だと変わってる変人程度にしか存在しないと思われる。鋭いとは言われても、感覚の違いに苦しみますわよ、日本では。そもそも儒教が影響力のある中で、忌憚のない意見を述べることが前提の議論などできるはずがない。学校というのは、同じになるのではなくて、異なる意見をトラブルなく言い合える、そんなテクニックを学ぶ場であってほしいと思うのですが、もう一度戦争に負けないと無理ですかね。

自民党を知りたければ、赤旗を読めばいい。トヨタの車を知りたければ、ライバルメーカーに聞けばいい。ミルトン・フリードマン教にどっぷり染まった奴が多い日本のリバタリアンとも私は違う。私はなんでもありだから。私はハイブリッド・リバタリアンであります。まあいいか、続く。
nice!(7)  コメント(2) 

ゾウやキリンさんは、ある意味進化の極限の状態。もっと大きく、もっと長くは叶わぬ夢。がっついてはいけないのだ、消費税増税は中止しようの巻 [Domestic Economy]



池田某は、山本太郎は危険な左翼の××派だ、なんてこと言っていたけど、現在まともなことをいうのは、その危険な男、太郎山本である。私は前から、太郎山本いいじゃんと言っていた(それがどうしたって感じですが)。

消費税の減税というと、財務省およびポチは、財源は?と教えられたとおりのことを言う。代替財源あるがな。高橋洋一さんは、テレビで天下りの説明をした時に、「役所は上に行くに従いポストが無くなるから、はじかれた人の席を他所に設けることだ」と、まあこんなことをおっしゃったが、現実は、トップに上り詰めた事務次官も、高額な退職金を得て、天下る。しかも、退職時の賃金をベースにして、特殊法人に行く。そして、数年後に高額なる退職金を得て、さらに天下り。勃たない爺さんに、高額の生活保護費を渡す必要があるのか。退職金は税制上優遇されているから、それを有効活用する勉強バカ。このシステム続かないから、今までどうもありがとうの精神で、やめちゃおう。天下り撲滅に反対されたら、「今までどうもありがとう」と言えばいい。さあ、皆様ご一緒に、「今までどうもありがとう」

公務員制度改革は、結局は、現行の公務員にとって延命というプラスの効果を生む。何もせずに抵抗を続けることは、枯葉剤的な生長促進剤の効果をもたらす。

結果など見えているじゃない、ライオンは、多数の草食獣がいて初めて存在できる。10%減少しただけでも、狩りの苦手な捕食者にとっては、死活問題になる(肉食獣は、たいてい狩りが上手くない。役人も自分では稼げないでしょ)。

学ばないと無謬性は滅んでいく。

滅んだ方がいいかも、勃たない爺さん、がめつい婆さんのために、消費税20%を!!どこかの国の自民党です。

お金は国民が使えばいい。役人が使ってもろくなことにはならないのだ、ダァー!!


nice!(7)  コメント(0) 

2019年 開幕戦の決勝結果 [Australian GP]



人間は過去の出来事から現在を推測する。だが、レッドブルが、ホンダと出会って以来、世界は変わってしまっている。目の前に素敵な人が急に現れたようなものだ。見るものすべてが薔薇色に見えるのだ。きっと、ニューウェイさんは、ピエール瀧さんより、ときめいていることと思われます(今『超予測力』という本を読んでますが、これがまた面白い。無謬性などと言っている機関が先を読めないのも、うなずける。あの組織の敗戦を待って、出直そう。AIと人間の融合で、大先輩なる者への崇拝が淘汰されることでしょうけど)。

というわけで、まだ気分は、ルノーを載せているレッドブル・ホンダ。パワー無いから、ウイングでの抵抗は極力無くし、ダウンフォースは、マシンの底面のコマネチ角を有効活用という方向で。

これが、結果的に、レッドブルの車のトップスピードを上げている。

もっとウイング等で、ダウンフォースを稼ぐような方向らしい。

現状はパワーアップに伴う、シャシー側のバランスの修正の時期と思われる。だから、コーナーで遅い。メルセデスにこの部分で後れを取っている。でも心配ご無用、マクラーレンでは無いから、修正はきっとできる。

第四戦あたりには、できている気がする。

あそこのセクター3のタイムを見ていれば、モナコで勝てそうかをうかがうこともできる。

しかし、ボッタスは、2005年のルーベンス・バリチェロへの道を選んだようだ。二人が星を分け合うと、プロスト的にポイントを着実に稼いだものが最後には笑う。そんな展開が見られるかも。ということで、レッドブルとホンダが、今後選ぶべき戦略はわかりましたね。

野生の勘が無くても、予測力は高められるという。

超予測力には柔軟で、慎重で、好奇心に富み、そして何より自己批判的な思考が欠かせない。集中力も必要だ。卓越した判断を導きだせるのは意志の強い者だけであり、われわれの分析でも優れた実績を出す人の予測因子として最も有効なのは「自らを向上させようとする強い意志」である

『超予測力』著者:フィリップ・E・テトロック&ダン・ガードナー 出版社:早川書房


nice!(4)  コメント(0) 

2019年 開幕戦の予選結果 [Australian GP]



ボッタス、ガスリーは、だめだろうと思っていたら、ボッタスは良かった。しかも、フェルスタッペンの前に、ベッテルが入り、これでは脳内のプランが狂ってしまう。

メルセデスがワンツーであるとすると、抜きにくいストップアンドゴーのサーキットで、ナンバー2の職務を全うされると、いくらタイヤに厳しくても、抜けないほどのギャップが築かれてしまう。

それで、ベッテルもいる。

フェルスタッペンは、スタートで、最悪ハミルトンの次に、ならないと難しい。

話変わって、マクラーレン。

去年も、アロンソが(決勝のリザルト)五位に入った、マクラーレン。

今年の良い点は、去年と違ってトップスピードが伸びること。悪い点は、タイヤに熱が入りやすく一発には良くても、レースペースでは問題があること。だましだまし走り切れるか、ランド・ノリスって感じです。

しかし、フェルスタッペン以外は、計算ができない。リカルドに逃げられたのは痛い。

ハースが成長していたら、アルファロメオが熟成するまで、フェラーリPUユーザーの二番手をしばらく維持するかもしれない。

トロロッソも車は良いんだけど、しばし待たれよって感じです。

メルセデス風のフロントノーズは、リアタイヤに負担をかけるのだろうか? マクラーレンの未来は、ジェームス・キーが手掛けてからが本番。安定した資金環境のもとでやるよろしい。レッドブルだってすぐには速くならなかった。焦らない焦らない。

そんな感じで、また。

nice!(7)  コメント(4) 
前の10件 | -