So-net無料ブログ作成

練習生は叩く。叩くより、ガットに当たった瞬間を長く感じろ。長く感じるとドロップボレーも確実にできるようになる。叩く人はできない。にゃんちゃんにお手を強いてはいけないのだ。猫パンチにタッチはあるのか、そんなことはどうでもいいかの巻 [Other Sports]



やっぱり、この人は、わかっている。

当然か?

スライスでも前で打てとかっていうけど、実際引き付けて打った方が、いい感じで飛んでいく。アンダースピンがかかって、水平に飛んでいき、失速してストンと落ちるみたいに。

昔のコーチは、前で打て、前で打てと言ったけど、言われた打点を意識すると実際の打点はさらに前になってしまう。だから、イメージとのずれを補正する意味でも、手前でインパクトする感じでやると、力が一番入る位置で当たる(←こういうこと言う人いないのよ)。

ラケットを引きすぎるな、立てすぎるな、これ正解。でも、ラケットは水平になってはいけない。だって水平じゃ、アンダースピンがかからないから。遠いボールをとろうとしたとき、小指を擦りむいたりするようならOK(ボレーは瞬間だから、大切なのは、手首と言うか腕とラケットの角度。これに注意すればいい)。

貴男式クリニックに、オシムの考えが加わったら、面白い。

練習のための練習無し。

上手くなりたかったら、予想外を練習に取り込む。

日本人は予定通りの練習を好みそうだから、難しいかな。

そんな中からでも、錦織が出てくるから、決まった練習の中でも、自分で取り組めばいいのよ。ここに打ってみようとか。こう打ったらどうなるかとか、試行錯誤する。こういう積み重ねが、日本からイノベーターが大発生するきっかけになることを祈って、また。

nice!(9)  コメント(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。